富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 公園

スポンサードリンク




富山子供連れの遊び場・噴水で水遊び!最短コース紹介【環水公園】

子供って、水遊び大好きですよね(^^)!

うちの子は、お風呂で少しでも顔がぬれたら暴れるくせに、「じゃぶじゃぶ池」や噴水には突っ込んでいきます。

ほぼ毎日水遊びをしているので、洗濯物が大変だけど、こんな気温じゃ仕方ありません・・・(>-<)!

さてさて、富山の人気観光地【富岩運河環水公園】(以下「環水公園」)に、子供が水遊びできる場所があるのをご存知ですか?

公園の西側に噴水広場があって、そこで子供たちに水遊びをさせられるんです!

え?「環水公園」の駐車場がいつも満車で、駐車できないって?

確かに、スターバックス横の駐車場と、レストラン「ラ・シャンス」横の駐車場は満車なことが多いです。

でも、最近できた「環水公園立体駐車場」は、まだまだ空車なことが多いですよ!

わりと安定的に駐車できて、しかも2時間無料で停められる「環水公園立体駐車場」。

ここから噴水広場に行く方法を含めて、「環水公園」の水遊びを紹介していきますね。

「環水公園」噴水で水遊び!口コミ体験談

「環水公園」駐車場&噴水への最短コース

水遊びセットをもって、水場まで長距離歩くのってけっこうしんどいですよね(>-<)。

子供は、好きなところに走っていくし・・・。

親はなるべく体力を消耗しないように、最短で「環水公園」の噴水にたどり着かねばなりません。

さて、こちらが「環水公園」の全体マップ。

運河を挟んで、かなりの広さがあります。

ちなみにマップ右上あたりに、「スターバックス」が表記されています。

環水公園スタバは、いまだに土日はコミコミで行列ができてますよ(>-<)。

さて、地図真ん中より下の方に、丸く表記されている場所がわかりますか?

この場所が、噴水広場です。

「環水公園」噴水広場の近くには、2つの駐車場があります。

(1)「環水公園駐車場」(レストラン横)

1つが、「環水公園」にある人気レストラン「ラ・シャンス」の近くにある駐車場。

この駐車場を使う場合、以下のコースで噴水広場に向かいます。

この駐車場の魅力は、以下の3点。

・一直線に噴水に向かうことができる

・営業時間の9:00~22:00の間なら、何時間でも無料で駐車できる

・駐車可能台数40台

ここに停められれば一番いいのですが・・・この駐車場は、公園利用者・美術館利用者・レストラン利用者が殺到する場所。

よほどタイミングが良くなければ、ほとんど満車です(T-T)。

(2)「環水公園立体駐車場」

そこでオススメしたいのが、もう一つの駐車場「環水公園立体駐車場」。

「富山県美術館」がオープンして間もなくできた、新しい駐車場です。

「環水公園立体駐車場」から、噴水広場に行くルートはこちら。

噴水広場に行くためには、車通りの多い道を一本、渡らなくてはいけません。

こちらの駐車場の魅力は、以下です。

・たいてい駐車できる(美術館で人気展覧会が開催されると満車になることも)

・2時間無料

・駐車可能台数74台

(1)の「環水公園駐車場」より条件は落ちますが、たいてい駐車できる点と、子連れで2時間も公園にいないので、無料で利用できる点がおすすめです。

「環水公園立体駐車場」はいかにも有料駐車場っぽい外観なので、2時間無料という点があまり知られていません。

無料でかつ噴水にも近い立地なので、気軽に利用しましょう(^^)!

では、「環水公園立体駐車場」から噴水広場までのルートを見て行きましょう。

駐車場入り口は・・・ちょっと狭いです(汗)。

運転歴が浅い私には、若干ハラハラする入口。

こちらで駐車券を取って、入場します。

駐車スペースは、広々していて停めやすかったですよ。

駐車場の建物を出て、「環水公園」に向かいます。

駐車場の建物には、スロープがついているのでベビーカーでも安心ですね。

右手に、広くて車通りの多い道があります。

親の制止を聞かずダッシュしてしまう子は、要注意です!

信号のある横断歩道を、渡ります。

柵のない場所から、「環水公園」へ入園。

「環水公園」の運河が見えてきました。

道を進むと、噴水広場に到着!

ここまでが、噴水広場までの行きかたです。

わりと簡単だったでしょ?

道を渡るのだけが、ちょっとめんどくさいですけどね~(>-<)。

帰りは、駐車場の建物に精算機があるので、事前精算しましょう。

「カード」という部分に、駐車券を入れます。

2時間以内であれば、画面に「0円」と表示されます。

出口にある機械に駐車券を入れれば、バーが上がって出庫することができます。

★注意!★

この精算機で精算したら、20分以内に駐車場から出ないといけません。

車でのんびり子供を着替えさせていたら・・・20分たってしまうことも考えられます。

準備に時間がかかりそうなら、精算を後回しにするのもいいと思います。

「環水公園」噴水で遊んできたよ

さてさてせっかくなので、噴水広場のことを書こうと思います。

「環水公園」に来て、噴水広場を通りがかった人ならば「ポーン」というチャイムのような音が時折流れるのにお気づきではないでしょうか。

この「ポーン」の音は、以下の時に流れる、いわば警告音です。

(1)噴水「低」が出るとき

(2)噴水の高さが「中」になるとき

(3)噴水の高さが「高」になるとき

(4)噴水が一旦停止するとき

何せ、「環水公園」の噴水は平地から水が出るので、うっかりしていたら噴水で水浸しになってしまいます。

噴水付近では、「ポーン」の音に気を付けてくださいね!

まず噴水、「低」の高さ。

水の勢いはさほど強くなく、小さい子が水を触って楽しめる高さです。

次に「中」の高さ。

水に勢いが付き、子供なら噴水の中をトンネルのようにして通ることができます。

わりかし水が跳ねるので、この勢いの時に噴水の近くにいたら服がぬれます。

うちの子は、この高さの時が一番好きなようです(^^)。

次に噴水、「高」の高さ。

水の勢いが強く、出ている水に触るとかなりの勢いで周りに飛び散ります。

また、滝のように落ちる中央の水しぶきもすごいので、離れていても水が飛んでくることがあります。

そして、注意したいのが風の影響。

風の強さによって、かなり水の落下部分がずれます。

のんびり近くで子供を見守ろう♪

と、思っていたら、親が水を被ってしまうこともよくよくあります。

「環水公園」噴水周辺の子連れに便利な設備

「環水公園」噴水広場周辺の、子連れに便利な設備を紹介します。

噴水広場の近くには、ベンチ&木陰があります。

日差しの強い日でも、木陰ならば比較的涼しく過ごすことができます。

噴水からはやや離れているので、体のしっかりした子ならば、親はここで見守ることができます。

逆に、足元ヨチヨチの子を見守るには遠いです。

噴水付近で大きな子が走り回って、衝突の危険がある場合もあります。

ヨチヨチの子の場合、親がしっかり側についていてあげてくださいね。

ベンチの奥にある、茶色いレンガの建物がトイレ。

多目的トイレがあり、中にはオムツ替えベッド、男児用トイレがあります。

公園のトイレにしては、キレイに掃除されていますよ。

トイレの横には自動販売機。

夏の水分補給に、ご利用くださいね。

「環水公園」噴水広場に行くときの持ち物

噴水の周りをちょろちょろ歩くくらいなら、たいして濡れないんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、大抵ただではすみません。

何気なく噴水の周りに立っているだけでも、水しぶきがかかるくらいです。

小さい子が水流に手をかざしただけでも、あっという間に服が濡れてしまいます。

また、自分の子供が大人しく遊んでいたとしても、周りの子の水しぶきが派手にかかることもよくあります。

親子とも、対策をしておくに越したことはありません。

【「環水公園」水遊びで持っていたほうがいいもの】

(1)水着 or 着替え

「環水公園」に来ている子供たちの装いは、水着派・服のまま派、半々くらいです。

どちらで行っても大丈夫です。

わが家は着替えが面倒なので、いつも服のままいれて総着替えさせています。

(2)ラップタオル

「環水公園」噴水広場付近に、着替えができるようなスペースはありません。

そのまま裸にして着替えさせている親御さんもいますが・・・あまりおすすめしません(^^;)。

タオルの中で全身着替えができる、ラップタオルを持っていきましょう。

(3)サンダル

裸足の子も多いですが、地面には小石が落ちていることもあります。

けが防止に、サンダル履きをおすすめします。

(4)飲み物

子供はついつい水遊びに夢中になってしまうもの。

親が意識して、こまめな水分補給を心がけましょう。

(5)親の暑さ・水濡れ対策

持ち物ではありませんが・・・(^^;)。

さすがに親も噴水の中へ!というわけにはいかないので、親はひたすら炎天下で見守らないといけません。

日焼け止めや帽子、水に濡れても大丈夫なように、タオルなど用意して行ってくださいね。

「環水公園」噴水で水遊び!のまとめ

「環水公園」は、新幹線ができて、美術館ができて、すっかり人気の観光地になってしまいました。

平日でも観光客がけっこういたりと、地元民にとっては少し利用しにくくなったな、という印象があります。

とはいっても、「環水公園」噴水広場は子供が喜ぶ水遊びエリアであることは変わりません。

上手に無料駐車場を利用して、子供との夏の思い出を作りましょうね(^^)!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ヨチヨチ~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「環水公園 噴水広場」施設詳細

施設名 富岩運河環水公園
所在地 富山県富山市湊入船町
駐車場 約240台
駐車料金 環水公園立体駐車場→2時間無料
電話番号 (076)444-6041(パークセンター)
営業日 終日開放
公式HP http://www.kansui-park.jp/
地図

スポンサードリンク






Pagetop