富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 公園

スポンサードリンク




富山子供連れの遊び場・アスレチックが楽しい【呉羽丘陵多目的広場】

お子さん、昼寝してくれますか?

3歳を迎えた息子、いよいよ体力がついて昼寝してくれない時が増えてきました。

そしたら、午前と午後と2回外出しないと間が持たなくなり…。

親は休憩ナシで、ヘロヘロになります(;o;)。

とはいっても、ほっとくと玄関で靴を履いて「おそと!」「おそと!」コール。

行くしかありません(;o;)。

今回紹介する【呉羽丘陵多目的広場】は、呉羽山の斜面に作られた奥行きの広い公園。

かなり広いので、まだ親の体力がある午前のお出かけにおススメです。

夕方のワンオペお出かけで行くのは、大変なことになる場合があるので、ご利用の際はご注意下さい…!

「呉羽丘陵多目的広場」口コミ体験談

「呉羽丘陵多目的広場」駐車場~全景

「呉羽丘陵多目的広場」の駐車可能台数は、30台ほど。

休日はコミコミなことがありますが、平日は駐車に困ることはあまりありません。

「呉羽丘陵多目的広場」に入ったところに、全景マップがありました。

駐車場が、MAP右手側です。

MAPを見たらわかるように、「呉羽丘陵多目的広場」は、駐車場から奥に長い公園です。

アスレチック「ツリーハウス」のある、公園最奥まで行くのは、子連れだとなかなかの距離。

夏の暑い日だと、心が折れます(^^;)。

公園はなだらかな斜面になっていて、駐車場部分が一番高く、奥に行くにつれ、低くなっています。

つまり・・・行きは下り坂、帰りは上り坂というわけです・・・(汗)。

駐車場最寄りには、「芝生広場」、砂場などがある「幼児あそび場」、その奥にはトランポリン「フワフワドーム」があります。

丘を登った所に「ターザンロープ」があり、広場一番奥に、「ツリーハウス」があります。

広くて移動が大変なものの、楽しい遊具がたくさんある、子供が喜ぶ公園なのです(^^)!

「呉羽丘陵多目的広場」で遊んできたよ

では早速行ってみましょう(^-^)!

こちらが、駐車場に一番近い場所にある芝生広場。

かなりの広さで、サッカーのキック練習や、キャッチボールをしている人を見たことがあります。

奥にあるのが、建物内に自由に入ることができる「ビジターセンター」。

中はこんな感じで、テーブルと椅子があります。

室内で休憩したり、ランチをするのによさそうです。

この建物の利用時間は、AM8:30からPM5:00まで。

他の時間は、施錠されています。

「ビジターセンター」の裏には、多目的トイレがあります(外から出入りできます)。

中には、オムツ替えベッドとベビーキープがあります。

公園のトイレってどうしても不衛生な感じがしますが、こちらは大丈夫!

キレイに掃除されていました。

「ビジターセンター」を出るとすぐに、「幼児あそび場」があります。

手前の黄色い星が、小さい子がつかまって登るお山。

向こう側の筒はトンネル、その奥がゆらゆら遊具です。

さらに奥には、小さな砂場があります。

周りにはベンチもあるので、親はベンチに座って子供を見守ることができますよ。

「幼児あそび場」の向こうには、トランポリン「フワフワドーム」があります。

お山の数が3つのタイプです。

使用できる時間は、AM8:30~PM6:00まで。

その他の時間は、空気が抜かれてしまいます。

また12月中旬~3月頃の冬季はお休みです。

いうまでもありませんが、フワフワドームは土足厳禁。

靴を脱いでふわふわしましょう。

ちなみに、フワフワドームの周りにもベンチが設置されています。

じっと立って子供を見守るのも大変なので、助かりますね。

斜面になっている山側に目を向けると、ターザンロープがありました。

息子、ターザンロープやるには握力がなくて、まだまだできないんですよね・・・。

アスレチックに向かう道中、公園横の線路を電車が通りました。

電車が好きな子には、たまらない立地ですね!

水場もあるので、手がドロドロになっても大丈夫です。

やっと、大型アスレチック「ツリーハウス」が見えてきました。

「フワフワドーム」と「ツリーハウス」の間に、距離があるんですよね・・・。

いざ、「ツリーハウス」へ!

木の廊下を渡って、アスレチックの中に入ります。

「ツリーハウス」中央部には、ロープの網が円形にはられています。

少し難易度高めなので、足元ヨチヨチの子には難しいかもしれません。

アスレチック大好き2歳息子は、気に入った様子でした。

そういえば急遽行き先を決めたため、サンダルだった・・・。

中央似合いている網の穴を伝っていくと、下に降りることができます。

また、穴の開いた丸い構造物の中に入ることができます。

どこら辺が楽しいのかわかりませんでしたが、息子は出たり入ったりを繰り返していました。

この遊具は、階段で2階に登ることができます。

めっちゃ急斜面!

さすがに息子も、この斜面を降りようとはしませんでした。

「ツリーハウス」には、2本の滑り台がついています。

こちらは筒型滑り台。

曲がりの少ないシンプルな滑り台でした。

こちらは、もう1本の滑り台。

急斜面かつ高さもある上、二人くらい同時に滑れそうな幅があるため、片側しかヘリにつかまれません。

正直、こっちのほうがかなり怖かったです。

滑り台を滑るときは、ヘリにつかまりたい・・・(;0;)!

先ほどは、木の廊下からアスレチックに入りましたが、他にもこんな侵入ルートがあります。

めちゃめちゃ急斜面を、木の板につかまって登るという・・・。

怖いもの知らずの息子は、グイグイ登ってました。

逆に私の方が、落ちるんじゃないかと冷や汗タラタラ(・△・;)。

 

こんなかんじで、かなりボリュームのあるアスレチックなのですが、注意したいポイントがあります。

「ツリーハウス」は斜面を利用して建てられているため、場所によってはかなりの高さになります。

そのくせ、手すりがついていない場所がかなりあるので、足を踏み外してしまいそうな子は要注意。

親がしっかり見守って、遊んでくださいね。

「ツリーハウス」の周辺には、多目的トイレ、屋根付きの広いベンチがあります。

やたら広いベンチなので、お弁当を十分に広げられます。

子供をアスレチックで遊ばせながら、親はのんびりランチを広げるなんてこともできますよ。

もとのルートで駐車場に戻るのも面白くないので、山側のコースで戻ることにしました。

山側コースには、屋根付きベンチが並んでします。

ベンチは適度な距離があるので、カップルの皆さんも安心?ですね!

山に目を向けると・・・森。

ここは呉羽山なんだなあと、実感します。

私は行ったことないのですが、トンネルがあって、山へと道が続いています。

トンネルからは山の涼しい風が入ってきて、気持ちよかったです(^^)。

「呉羽丘陵多目的広場」まとめ

「呉羽丘陵多目的広場」は、遊具の充実した超楽しい公園です(^-^)!

大人もぜひアスレチックや、フワフワドームで子供と一緒に遊んでみてください。

もっとも、アスレチックは若干難易度高めなので、子供の後を否応なしに追っかけないといけないのですが…(^-^:)。

念を押すようですが「呉羽丘陵多目的広場」は、かなりの広さを誇る公園です。

子供がヨチヨチの時と、親の指示に耳を傾けず、好きな所に走って行ってしまう時期は、ちょっと大変なことになる場合があります。

私は何度か帰りたがらない息子(体重10キロ超)を抱えて、駐車場まで汗だくで運んだことがあります。

あれは辛かった・・・(遠い目)!

どうか皆さんは、同じような目に合わないように注意して挑戦してください。

とはいっても「呉羽丘陵多目的広場」が、子供が喜ぶ楽しい公園であることは間違いないので、行かないのはもったいない!

ぜひ、気候のいい時期・時間を選んで、行ってみてくださいね(^-^)!!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 スタスタ~小学生

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「呉羽丘陵多目的広場」施設詳細

施設名 呉羽丘陵多目的広場
所在地 富山県富山市五福
駐車場 約30台
電話番号 【富山市 公園緑地課】 076-443-2111
開園時間 終日開園
公式HP 無し
地図

スポンサードリンク






Pagetop