富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 公園

スポンサードリンク




富山子供連れの遊び場!岩瀬の足湯公園&素敵カフェ【ピエ・パルク】

子供用の遊び場に行くと、疲れる時があるんです・・・(T-T)。

息子と他の子とが、おもちゃの取り合いになって、泣いたり泣かれたり。
そうなると、他のママ達に謝ったり謝られたり。
遊びに行って早々に癇癪をおこして、すぐに帰らないといけないことだってあります。

これも親子の社会勉強だと思いつつも、

「は~、疲れたな~(T-T)」とグッタリ。

そんなお疲れ気分の時に訪れたくなるのがこの春、岩瀬にオープンした足湯公園【ピエ・パルク】(通称「アイザック足湯公園」。

疲れた心も、子供と一緒に足湯に入れば、ほっと癒されます。
しかも無料なんですよ!
おまけに、敷地内にはオシャレでリーズナブルなカフェもあるんです!

「ピエ・パルク」口コミ体験談

「ピエ・パルク」ってどんな公園?~場所・駐車場・由来~

「ピエ・パルク」の情報を得て、早速行くことにしたのですが…ちょっと場所がわかりにくかったです(^^;)。
はじめは、岩瀬スポーツ公園の中にあるのかな?と思っていました。
岩瀬スポーツ公園には何度か行っていたのに、見つからなかったな~と。

実際には公園内ではなく、公園南側の工場が立ち並ぶ場所の中にありました。
県道172号線「米田町三丁目」の交差点を、西側に曲がるとあります。

まわりは工場ばかりで、初めて行ったときは「こんなところに足湯公園あるの~(>-<)?」と不安になりました。
でも、「ピエ・パルク」に近づくと看板や旗などが立っているので、すぐにわかりますよ(^^)。

ネット検索するとき、「ピエ・パルク」で出てこない時は「アイザック足湯公園」で調べてみてください。

駐車場には、20台ほど駐車できます。

広めの駐車スペースなので、運転歴の短い私でも楽に停められました。

ところで、この「ピエ・パルク」。
なんで工場の真ん中にあるの~?と思ったら、周辺の工場「アイザックグループ」さんの社会貢献事業の一環で作られているそうです。

なんでも、「業務をつづけさせていただいているのは、近隣にお住いの方々のご理解があるからこそ。
近隣の住民様へのお返しのためこの施設を作った。」とのこと。
そういえば、まわりの建物に「izak」って書いてある・・・。
こんな居心地のいい場所を作ってもらえるなんて、岩瀬の人がうらやましいな~。

「ピエ・パルク」にあるカフェ「Pied Parc Cafe」(ピエパルクカフェ)

駐車場に車を停めて、公園敷地内に入ると、整備された芝生の小道があります。

その道の先にあるのが、「Pied Parc Cafe」(ピエパルクカフェ)。

シックな雰囲気のオシャレカフェです。

入り口は一カ所で、道側から入ります。

入口に入るとすぐにカウンター。

入ってすぐ、カウンターで注文して代金を支払い、番号札をもらって席に着きます。

こちらがメニュー。

どのメニューもリーズナブル!

クレープが200円~350円、サラダも200円~300円。
コーヒーに至っては100円です。
メニューの中で一番高い値段が350円という、素晴らしい安さ。

私が経営者なら、値段を倍にするところだけど・・・きっと多くの住民の方々に利用してほしいという気持ちの表れなのでしょうね。

さりげなく、ビールやアルコール類が扱われているのは誰の趣味なのか・・・?

店内には植物が取り入れられており、落ち着いた印象。

フルーツウォーターも、無料でいただけます。

レモンウォーターに、ライムウォーター。
少しだけ酸味があって、フルーツのさわやかな香りがしました。

平日午前にもかかわらず、お店の中はほどよく席がうまっていました。
きっと休日は、こむんだろうなあ。

この日いただいたのは、スムージー。

息子はビューティーオレンジ、私は甘酒グリーン。

・・・戦隊ものの名前みたい。

ビューティオレンジは、オレンジジュースをベースに、にんじん、りんごが入っています。
濃い目のジュースで、息子はもぐもぐしながら飲んでいました。

「ウマイー!」って叫んでいたので、かなり美味しかった様子。

私が飲んだ甘酒グリーンは、甘酒、パイナップル、ほうれん草。
初めに甘酒の甘みがきて、後味にパイナップルの酸味がきます。
ほうれん草の味は気にならず。
健康になれそうな味がしました(^^)。

実はクレープも食べたんですが、子供がクレープを少しずつしかかじれなくて、
結果、バラして食べることに(>-<)。
クレープはバラすと食べにくいことがわかりました。

食べ終わったら、こちらのゴミ箱に容器を捨てたり返却したりします。

ちなみに「Pied Parc Cafe」には、子供椅子や、オムツ替えベッド等のお子様設備はありません。
大人用トイレならありますよ。

そうそう、大事な注意点を書いておきますね。
足湯コーナーでは、飲食ができません!
カフェで飲み物を買って、足湯につかりながら飲みたいな~などと思うのですが、それはダメみたい。
足湯エリアの清潔を保つためには、仕方ないか~。

「ピエ・パルク」にある足湯温泉

カフェ出口から右手にいくと、足湯のある屋根付きの建物があります。

この足湯、道やカフェからは壁があって見えないようになっています。

人目を気にせず、ゆっくりできますね。

こちらが足湯。


先客の奥様達が、くつろいでおられました。

入口には、荷物を置くことができる棚もあります。

看板がでていて、温泉の成分や足湯のルールが書いてあります。

説明ににあるように、ワンコ用の足湯もあります。

横には水道も。

ワンコ用のドライヤーも置いてあるんだそうです。
寒い時期にワンちゃんを乾かしてあげれば、風邪ひきませんね。

息子も足湯に挑戦!

ひょっとしたらすぐに飽きて帰ることになるかも(>_<)?と思っていたのですが…。

なんと、気に入ったみたい( ^ω^ )!

のんびりと足をお湯につけて、くつろいでいました。

大人は通常、木のベンチに座るのですが、高さがあるので息子は低い石段に座らせました。
これなら高さぴったり!
この日はタオル一枚しか持って行かなかったのですが、石段部分は濡れていることがあるので、おしりにしくようにもう一枚タオルがあるといいと思います。

息子は昔から落ち着きがない子で、数か月前ならゆっくり座っていることなんてなかったのですが…

成長したな~と感動( ;∀;)。

思えばお湯って、水遊びの延長なんですよね!
なんだか息子も、楽しそうにしていました。

私も先客の奥様達と話したり、芝生の庭を眺めながら、のんびり足湯を楽しみました。

足湯から見える、公園と…工場の風景w。

くつろいで場所に慣れると息子、次第に動きが大胆になり、お湯の中を歩いて…結局ズボンの裾が濡れてしまいました。

→車でズボン履き替えに( ;∀;)。

車に着替えを常備しておいてよかった。
女の子はスカート、男の子なら短パンなら濡れなさそうです。

以下、念のために持って行った方がいいかなと思った品物。

【足湯の持ち物】

・タオル2本(足拭き用とおしりに敷く用)
・着替え(もしものときに)
・サンダルだと楽ちん

「ピエ・パルク」まとめ

「ピエ・パルク」では、リーズナブルでオシャレなカフェメニューが楽しめる上、
足湯でのんびりした時間を過ごせます。

正直、子供が足湯を楽しんでくれるか不安がありました。
でも実際行って見ると、一風変わった水遊びに子供も楽しんでいたようです( ^ω^ )。
もっとも、これができるようになったのは、3歳に近づいて少し落ち着きが出てきたから。
半年前の忙しく動き回っていた時期では厳しかったと思います。

お子さんが落ち着いて座っていられるようになったら、ぜひ「ピエ・パルク」を訪れてみてください。
ママの癒しスポットとして、オススメですよ(^^)!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 無し
オススメ年齢 よちよち~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「ピエ・パルク」施設詳細

施設名 ピエ・パルク
所在地 富山市米田町1-6
駐車場 約20台
電話番号 076-438-1772
料金 足湯 無料
開園時間 足湯 AM10:00~PM4:00
カフェ AM10:00~PM5:00
定休日 月曜日
休園期間 足湯のみ、12/1~3/31の間閉鎖
公式HP 無し
地図

スポンサードリンク






Pagetop