富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




富山子供連れ遊び場・雨の屋内施設口コミ【常盤台子育て支援センター】

今日もやってしまった…。
テレビ育児にスマホ育児(T_T)。
ダメだって知ってるのに…(悩)!

子供と向き合わないと!と気ばかり焦って自分を責めてしまう私。
ストレスを減らすためにやってるはずなのに、結局イライラして何やってるんだろ〜?

こんな風に自分を責めてしまうことってありませんか(T_T)?

子供とじっくり向き合う時間を作りたい!
そんな気持ちで私が訪れるのが、富山市経堂にある遊び場【常盤台子育て支援センター】です。

誘惑の多い家から離れ、子供と向き合って過ごせる、ママに嬉しい施設なんです(^_^)!

「常盤台子育て支援センター」に行くと、子供をいろんなおもちゃで遊ばせながら、保育士さんや他のママにも話を聞いてもらえるから、気持ちもすっごくラクになります!
ママの癒しスポット、ぜひ行ってみてください(^_^)!

(注:子育て支援センターは撮影が禁止されているので、画像は外観写真のみとなっております)

「常盤台子育て支援センター」口コミ体験談

「常盤台保育園の中にある常盤台子育て支援センター」と聞くと、「常盤台保育園の中の一部屋が子育て支援センターなのかな?」と思われそうですが、こちらの子育て支援センターは独立した建物です。
常盤台保育園には、「常盤台保育園」「常盤台保育園分館みなみ園」「常盤台子育て支援センター」の3つの建物があり、近くについた時には「どれが子育て支援センターの建物なの(・△・;)?」と少々戸惑いました。

とはいっても、すぐに発見。
建物に近づくと「子育て支援センター」の看板が見えました。
駐車場は周辺に30台(常盤台保育園の駐車場も使用して大丈夫なのだそうです)と十分に用意されています。

建物はレンガ造りの外観(3匹の子ブタのレンガの家をイメージ?)で、かわいらしい雰囲気。
花壇に花も咲き、キレイに整備されている印象を受けました。

またの入り口右手には芝生の遊び場があり、車の形の乗り物や、ゾウの滑り台、パンダやトラのベンチがありました。
車好きの息子は、入館受付前に車の遊具で遊び始め…しばらく中に入れませんでした(^^;)。
小雨が降っていたので、風邪ひかないかとヒヤヒヤ。

建物に入ると靴箱があり、そのすぐ右手に除菌水の出る流し台で手を洗います。
そのあと、体温計を貸してもらい体温測定。
保育園の施設なので、37.5度以上の場合は入れないそうです。

「常盤台子育て支援センター」では、受付をすると会員証のようなカードがもらえます。
カードを受付に提出することで受付ができ、帰りにはカードをもらって帰る形式です。

子育て支援センターの室内には3~4人ほどの保育士さんがいらして、親切に施設の案内をしてくださいました(^^)。
室内に入ると、外の光を取り入れた大きな窓があり、明るい色の板の間、白い壁紙もさわやかな雰囲気でした。
入って右手には荷物を置く押入れのような棚があり、荷物を置いて遊ぶことができます。
遊び場にあった大きめの遊具は、木製の滑り台や、車型滑り台、ジャングルジムがありました。

おもちゃもたくさんあり、アンパンマン、Eテレの番組「いないいないばあ」のワンワンやうーたんのぬいぐるみ、ドラムをたたいたり、コンセントを抜き差しできる「やみつきボックス」などの知育おもちゃも充実していました。
うちの息子は、上から球を投げコースを滑り落とす「スロープ」というおもちゃが気に入ったようで、しばらく球を拾っては入れ、拾っては入れして遊んでいました。

遊び場の奥にトイレがあり、大人用のトイレと、男児用、女児用の小さいサイズのトイレがあります。
トイレ前にはオムツ替えベッドもあり、トイレ後、オムツ替え後には除菌水を使って手を洗うことができます。
授乳室は、室内に座り心地のよさそうな椅子が用意してあって、授乳の際には周りをカーテンで仕切ってもらえます。
また冷蔵庫や電子レンジのある飲食スペースも、小さい子連れには助かるところ。

離乳食も温められるので、お弁当をもって親子でランチをとることもできます。
飲食スペースには、子どもも座りやすい小さなテーブルセットが用意され、なんだか家庭的な雰囲気。

10:30からは「ニコニコタイム」という手遊び会があり、保育士さんが歌ったり踊ったり、絵本の読み聞かせをしたりと楽しいパフォーマンスを見せてくださいました。

息子も音楽に合わせてぴょんぴょん跳ねたり、保育士さんのところまで走って行ったりと忙しく参加。
保育士さん総出&来ている親子全員で遊ぶので、一体感が得られる楽しい時間でした(^^)。

「常盤台子育て支援センター」のおすすめポイント5つ

「常盤台子育て支援センター」のおすすめポイントを紹介します。

1、複数人の保育士さんが常駐。
保育園の栄養士さん・保健師さん・看護師さんに相談することができる

朝早めに「常盤台子育て支援センター」を訪れましたが、すでに3人ほどの保育士さんが部屋にいらっしゃいました。
乳幼児を育てていると、食事や健康、発達、夜泣きなどなど不安がいっぱいですよね。
悩みを相談したくても、常駐の保育士さんが少ないと、忙しそうでつい遠慮してしまいますが、複数人いらっしゃると気軽に相談することができて安心です。
育児相談は保育士さん、食事に関しては栄養士さん、健康や発達に関しては保健師さん・看護師さんが、保育園から出張して対応して下さるそうです。
保育園併設の子育て支援センターならではの手厚い体制が嬉しいですね。

2、徹底した衛生管理

「常盤台子育て支援センター」では、「大人は靴下着用」というルールがあります。
はいはいの赤ちゃんも多いので、清潔を保つため大人は靴下を必ず履くよう指示されます。
夏場は暑いけれど、赤ちゃんのことを考えると納得のいくルールですね。

また入室時に体温を測り、37.5度以上は入室できません。
風邪やインフルエンザ、その他感染症を避けたい子連れ親子にはありがたいルール(もちろん子供が37.5度を超えていたらとんぼ返りとなりますが…^^;)。
その他、入口すぐにある洗面所に、除菌水が出る機械があり、こちらで手を洗って入室します。
他の施設でも、水道で手を洗うことは多いですが、除菌水の設備がある施設はめずらしいです。

冬のインフルエンザや、夏の手足口病などの感染症が心配な時期には、「常盤台子育て支援センター」のような衛生管理を徹底しておられる施設なら(比較的)安心して子供を遊びに連れて行くことができます。

3、毎日2回の手遊び会や、季節のイベントが開催されている

毎日10:30と14:00に、手遊び会あります。
保育士さんがリーダーとなって、音楽に合わせて親子一緒に手遊びや絵本の読み聞かせを楽しむことができます。
子供に普段、家ではできない「みんなで一緒に歌う、動く」という体験をさせることができます。
子供に集団遊びや音楽の楽しさを教えることができる嬉しい機会です。

その他「常盤台子育て支援センター」では、子育てセミナーやお誕生日会、クリスマスや水遊びなどの季節のイベント、読み聞かせ、リトミック、ベビーマッサージなどの様々なイベントが、月に何度も開催されています。
自分と子供に合ったイベントを探して参加するのもいいですね。

公式HPの下の方にイベントカレンダーが出ているので興味のある方はチェックしてみてください→ http://www.kosodate-web.com/tokiwadai/boofoowoo/boofoowoo.php

4、飲食OKで、冷蔵庫・電子レンジを借りることができる

飲食専用のスペースが用意されており、子供が座りやすい低めの机と椅子があります。
冷蔵庫や電子レンジも自由に使ってOKなので、夏場のお弁当持ち込みも安心です。
親子一緒に、外でのお弁当タイムを楽しむことができます。

5、授乳室やオムツ替えベッド、赤ちゃん滞在用ベビーベッド完備。

授乳室は椅子をカーテンで仕切るタイプ。
オムツ替えベッドのほかに、ねんね赤ちゃん滞在用のベッドや豆椅子もあります。
乳児とお兄ちゃんお姉ちゃんが兄弟で遊びに来て、ベッドで赤ちゃんを寝かせて上の子を遊ばせているママも見受けられました。
上の子と赤ちゃんを同時に遊ばせることができるのも、子育て支援センターの魅力です。

「常盤台保育園子育て支援センター」まとめ

「常盤台子育て支援センター」は、明るくて居心地のいい屋内の遊び場です。
特に良かった点は、複数の保育士さんが常駐されている点と、衛生管理をしっかりされている点。
通いなれた子に、保育士さんたちが「○○ちゃん」と名前で呼びかけておられたのも好印象でした(^^)。

少し気になったのが、人気施設であるだけに、若干混雑していた点です。
この日はお誕生日会の日だったこともあると思いますが、10時ごろには10組ほどの親子連れが施設を訪れていました。
子供同士のおもちゃの取り合いや衝突を避けたいなら、イベントの日を避けて行くのもいいかもしれません。

家の中での子供と二人きりの生活は、どうしても精神的に疲れてしまいます。
そんなときに少し外に出て、保育士さんのサポートを得ながら子供と一緒に気分転換できる「常盤台子育て支援センター」はママの強い味方。
雨の日や夏の暑い日など、屋外に遊びに行けない時、気軽に利用できる屋内の遊び場としてぜひ利用してみてください。

ちなみに私が「常盤台子育て支援センター」に行ったときは、子供を連れたパパたちの姿も見かけました。
保育士さんのサポートが得られるので、パパに子供を「常盤台子育て支援センター」に連れて行ってもらって、ママはお茶してくる♪などという使い方もありますね(^^)!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ねんね~2歳くらい

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

【常盤台保育園 子育て支援センター】施設詳細

施設名 常盤台保育園 子育て支援センター
所在地 富山県富山市経堂3-155
駐車場 30台(常盤台保育園の駐車場に停めてもOK)
駐車料金 無料
電話番号 076-424-9222
開園時間 AM9:00~PM4:00
休館日 土・日曜、祝日、お盆休み、年末年始
料金 無料
公式HP https://goo.gl/U3Ah3S
地図

スポンサードリンク






Pagetop