富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




富山【湯快リゾート宇奈月グランドホテル】に子供と宿泊してきたよ!

ママの皆さん、温泉宿に行くのは好きですか?

私は好きですよ!

万年冷え性なので、温泉で暖まることができるし、作らなくても美味しいゴハンが出てくるし、ごろごろできるし、いいこと尽くし!

でも実を言うと、自分が子供のころ、温泉宿に行くのが大嫌いでした。

だって温泉は熱いし、和食も美味しいと思わなかったし、親はごろごろしているし、何よりやることがない。

温泉って、何が楽しいのかしら?早く帰って漫画でも読みたい(泣)。

と、子供心に思っていました。

そう、温泉が楽しいのって大人なんですよ(^^;)。

自分がそう思っていたので、子供との宿泊先を探すときは、「子供も親も楽しめる温泉宿はないかな?」ということにポイントを置いています。

今回は、富山でキッズスペースのある宿【湯快リゾート宇奈月グランドホテル】に行ってきました。

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」はキッズスペースの他にも、食事の待ち時間が少ないバイキング形式であること、子供用浴衣があることなど、子連れに便利なサービス満載なんです!

子連れで「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」口コミ体験談

そもそも「湯快リゾート」とは?

「湯快リゾート」とは、「日本の温泉をもっと身近に」を目標に運営されている、ホテルグループです。

目標実現のため、「省けるであろうサービスを減らして、そのサービスは価格に還元する」とのことです。
(公式HPよりhttp://yukai-r.jp/omotenashi/

例をあげれば、荷運びサービスや、食事の配膳サービス、布団を仲居さんが敷くサービスなどがありません。

サービスの簡略化により、1泊2食で7500円を実現しているわけなんですね~。

ちなみに「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」は、2017年夏にオープンしたばかりの新しい施設。

まだ土日は人気で、なかなか予約がとれません。

仕方ないので?今回は夫には留守番をしてもらって、平日に母を連れての三世代旅行に行ってきました。

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」駐車場~チェックイン

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」は、宇奈月温泉街の奥まった場所にあります。

駐車場は旅館の目の前なので、雨が降っても大丈夫。

駐車料金は無料で、勝手に停めて、勝手に出て行くことができます。

こちらが館内のフロント。

館内は明るく、真新しい雰囲気です。

フロントに行って、係員さんに予約名を伝えたところ、

鍵を渡され、「夕食の時間」「浴衣の場所」「エレベーターの場所」を説明され、手短に受付終了。

おそらく受付は、1~2分くらいで終わったのではないかと思います。

早速、簡略化を体験しましたΣ(・◇・)。

フロントから、エレベーターに向かう途中に、浴衣コーナーがあります。

好きな柄の浴衣を、選べますよ。

嬉しかったのが、子供用の浴衣があったこと。

子供に浴衣を着せると・・・テンション上がります(>▽<)!

紐で何カ所か結ぶタイプなので、着崩れの心配もいりませんよ。

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」の料金

今回の宿泊は、一番安い7500円のコース。
平日なので、一番安い条件で泊まることができました。

母と私で、大人7500円×2=15000円なのですが(息子は当時2歳)、
子供用布団が1組500円で借りられるとのことで、+500円となりました。

また、今回は利用しなかったのですが、貸切り風呂も1時間1000円で借りられます。

「子連れで大浴場は不安」という方は、貸切り風呂を借りて家族だけで温泉に入ることもできますよ!

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」の部屋

旅館のエントランスは新しい雰囲気でしたが、通路や客室は改装されていない部分もあり、レトロな雰囲気。

落ち着きがあって、山の中の旅館に来たな~!という実感が湧きます。
事前情報通り、部屋にはすでに布団が敷いてありました。

あらかじめ布団が敷いてあるので、チェックアウトまで部屋には家族以外誰も入ってきません。

仲居さんが急にノックしてきて、慌てて部屋を片づける!なんて必要がないのです。

こちらが、部屋の入り口。

物置棚と下足箱、冷蔵庫が置いてあります。

明るくてきれいな洗面所。

ドライヤーや歯ブラシ、洗顔フォームなどのアメニティも置いてありました。

室内用の風呂。

リンスインシャンプーと、ボディソープが置いてありました。

トイレは独立した個室。

バストイレが別なのは、嬉しいですね。

室内の押入れには、羽織と帯、タオルが備え付けられています。

大きくはないけど、部屋にはぴったりサイズのテレビ。

テレビの下には、貴重品を預けられる金庫があります。

テーブルの上にはお茶セット。

ポットと3人分の湯のみとコップ、煎茶パック4つが用意されていました。

部屋からの景色。

木々が茂り、窓を開けると山のさわやかな空気が入ってきました。

窓の下は急流。

川の流れる音を楽しみながら、くつろぐことができます。

今回泊まった部屋は線路に近く、時折走る電車の音が聞こえました。

私はわりと気になったのですが、母も息子も気にせず寝ていたので、私が神経質なのかもしれません・・・。

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」館内

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」の館内を、紹介していきますね。

◆3階◆

フロントのある地上階が、「3階」です。
この階にはフロントの他、みやげもの屋や、くつろぎスペースが用意されています。

こちらが、みやげもの屋さん。

富山みやげのお菓子や、珍味、雑貨が売られていました。

ロビーのあちこちに、座ってくつろぐスペースが用意されています。

大画面で、TVを鑑賞できるスペースもあります。

パソコンが使える席もあります(全館wi-fi完備)。

漫画コーナー。

◆2階◆

2階には、温泉やキッズスペース、ゲームセンターなど楽しい施設がそろっています。

温泉入り口付近には、自販機コーナーがあります。

アルコールも、お風呂上がりの牛乳も、アンパンマンジュースもそろっていますよ!

温泉からあがった人々を癒す、無料のマッサージコーナー。

子育てに疲れた体を、癒してくださいね!

有料のゲームセンター。

子供用の乗り物や、モグラたたきなど、懐かしいゲームがありました。

◆1階◆

1階は、食堂がある階です。

少し驚いたのが、1階には直通のエレベーターでしか行けないようになっていた点。

食堂・食事に関してはまた後程書きますね。

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」の温泉

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」の温泉はには、室内風呂と露天風呂、サウナがあります。


お湯の熱さは熱めでしたが(主観)、2歳息子が嫌がらずに入っていました。

息子、どうも温泉が気に入ったらしく、室内風呂と露天風呂を行ったり来たりしていました。

温泉特有のぬめりがあるので、足元注意。

私はヒノキの露天風呂で滑って、ヒヤリとしました。

以下、温泉成分と効能です(公式サイトより引用)。

【泉質】 アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)

【効能】 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・冷性・疲労回復・健康増進・慢性婦人病等。

24時間営業ですが、【11:00~15:00、25:00~26:00】の時間は清掃のため入浴できません。

私事ですが…ついこの間まで、大浴場を怖がって入らなかった息子ですが、3歳間近にして温泉を楽しめるようになったようです(T0T)。
これも成長?親的には嬉しい!

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」の食事

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」の食事は、バイキングです。

子連れにとって、時間をかけて料理が出てくる懐石料理より、待たずに食べさせられるバイキングは本当にありがたい!

ちなみに夕食に関して、注意点があります。

他の宿泊施設では、大抵夕食時間を選択できると思うのですが、こちらでは自分で夕食時間を選ぶことができません。

チェックイン時に、「K様の夕食は18:30です」と告げられました。

いつも18時に食事をしているので、18時に変更できないか聞いてみたところ、他のお客さんとの関係で不可とのこと。

どうも、バイキング会場に一挙にお客さんが詰めかけて、混雑しないようにする対策のようです。

スタート時間は分けられているものの、食事時間の制限は設けられていないので、一度会場に入れば、何時間でもゆっくり食事することができます。

先にも書きましたが、他の階から食堂階には直通エレベーターでしか行くことができません。
直通エレベーターは、時間ぴったりに行くと混んでいて、1度乗れませんでした。

実際、ぴったりの時間に行ってみたところ、その時間に指定された人の多くが押し寄せ、なかなかの混みようでした。

ひょっとしたら、指定時間の10分後など、時間をずらして行ったほうがを料理を取りに行きやすかったかもしれません。

こちらがお食事会場。

かなりの広さです。

テーブルには、在席を表示するカードが配置されています(表か裏にして在席か空席かを示す)。

カードを在席状態にしておけば、場所取りの荷物を置いておく必要がありません。

会場には子供椅子、子供用食器も置かれていました。
母に息子を見てもらって、私は高速で子供のご飯を集めました。

食事の種類は、富山ならではのブラックラーメン、鱒ずし、白エビなどのがありました。

握りずしもあり、その場で握りたてのお寿司がいただけます。

子供が好むソーセージや揚げ物、鶏のから揚げ、プチトマトなども用意されていました。

片付けも、もちろんセルフサービス。
大きな棚があり、そこに食べ終わった食器を持っていきます。

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」のキッズコーナー

こちらは、今回の旅の目的とも言える、キッズスペースです!

ふわふわで、楽しそうでしょう?

キッズスペースは「キッズコーナー」と呼ばれていました。

こちらがキッズコーナーの利用案内です。

「保護者の皆様へ」のところに、「託児施設ではありませんので、お子様から目を離さないようにしてください」と書いてありました。

位置的に、大人は温泉、子供はキッズコーナー!といきたいところですが、ダメなようです。

こちら、空気が入ったトランポリン。

公園の「ふわふわドーム」のようですね。

「ふわふわドーム」が大好きな息子は、大喜び。

公園のものよりは小さいため、大人が一緒に飛ぶと、子供が飛ばされて転げ落ちます。

でも、周りもふわふわなので、落ちるのもむしろ楽しそう!

ふわふわの滑り台。

かなり存在感のある大きさでした。

登り口もふわふわ。

滑り口もふわふわ。

けっこうスピードが出ますが、ぶつかっても安全です。

高さのあるクッションに囲まれた、ボールプール。

ボールの量はそんなに多くなく、1段くらいでした。

問題は、奥にあるヘンテコな緑の箱。

「ボールだけいれてね」と書いてあります。

試しに入れてみると、ボールが穴に吸い込まれて透明のパイプを登り、上にあるカゴに落ちました。

どのへんが楽しいの???

と思いましたが、息子はボールが入っていくのが楽しくて、延々入れ続けていました。

だいたい5分くらいでしょうか?

入れ続けていると、上のカゴにボールがたまって・・・

なだれ発生!

意外とビックリ系の遊具でした!。

この他、キッズコーナー付近には、子連れに嬉しい施設があります。

ハイハイ、ヨチヨチ赤ちゃん用の、クッションスペース。

まだアクティブに遊べない子も、こちらでのんびり遊ぶことができます。

クッションスペース前には、ベビールームがあります。

清潔なベッドと、授乳用のソファ、ウォーターサーバーに、離乳食用のレンジまでついています。

私は授乳用クッションがないと授乳できなかったので、クッション完備は嬉しいですね。

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」をチェックアウト

部屋の案内資料に、チェックアウト時間に関する案内が出ていました。

「ご精算について」

「11:00~12:00はご精算が大変混雑し、30分ほどお待ちいただく場合がございます。」

とのこと。

チェックアウトに30分とは・・・避けたい事態です(汗)。

じゃあ、いつだったらいいの?

と思っていたら、便利な方法がありました。

先に精算だけ済ませて、精算後はチェックアウト時間12時まで、部屋も施設も使ってOKなのです。

帰りは、出口付近の箱に、部屋の鍵を入れておしまい。

めっちゃ便利な仕組みだなあと、感心しました!

そんなわけで、朝食後すぐに精算へ。

フロントに行くと、係員さんが自動精算機(!)の説明をしてくれました。

部屋の鍵にキーホルダーのような板がついていて、それを機械にかざすと、勝手に金額が出てきます。
機械にお金を入れたら、お釣りも出てきて精算終了。

土日は特に混むそうなので、この事前精算システムを利用するしかありませんね!

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」まとめ

子連れの「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」は、慌ただしいながらも、とても楽しい時間を過ごせました。

何より「ほっとかれ感」が、気楽。

旅館に入って、従業員さんと話したのはチェックインアウトの時だけ。
あとは本当に、接することがありませんでした。

子連れ「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」が良かった点をまとめますね。

・子供用浴衣がある
・子供用布団が500円で借りられる
・貸し切り風呂があり、1時間1000円
・楽しいキッズスコーナーがある
・キッズコーナーの近くに、きれいな授乳室・オムツ替えベッドがある
・食事がバイキングなので待たなくていい
・広いので、館内を散歩できる

もちろん、向いていない方もいらっしゃると思います。

・「旅館では女将さんの丁寧なもてなしを受けたい!」と思われる方
・「食事は美味しい懐石料理じゃないと!」と思われる方
・「混雑を避ける方法を考えるのがめんどう」と思われる方
・「電車が走る音が聞こえると眠れない」と思われる方

ともあれ、「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」は、子供も大人も楽しめる双方ハッピーな施設です。

気楽な温泉宿として、ぜひ利用してみてくださいね(なかなか予約とれないけど・・・)。

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ベビーカー~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「湯快リゾート宇奈月グランドホテル」施設詳細

施設名 湯快リゾート宇奈月グランドホテル
所在地 富山県黒部市宇奈月温泉267
駐車場 120台
電話番号 0570-550-178<AM8:00~PM21:00>
利用可能時間 プランにより変動
休館日 無し
公式HP http://yukai-r.jp/unazuki-gh/
地図

スポンサードリンク






Pagetop