富山子供連れ屋内遊び場【滑川市児童館】巨大アスレチックが魅力!

いつも行っている遊び場も楽しいけど、ちょっとマンネリ。

どこか他に子連れで楽しく過ごせる場所、ないかな〜?

なんて思われたら、少し足を伸ばして富山市外に出てみるはどうでしょう(^-^)?

【滑川市児童館】は、2016年の春にリニューアルオープンしたピカピカの施設。

赤ちゃんとママがのんびり過ごせる部屋から、小学生がアクティブに体を動かせる巨大アスレチックなど、幅広い年齢層の子供が楽しむことができる施設なんです!

「滑川市児童館」口コミ体験談

「滑川市児童館」駐車場~入口

「滑川市児童館」は平成29年4月に移設オープンした、真新しい建物。

カラフルな外観で、ゆるキャラの「キラリン」の姿も見えます。

建物横に駐車場があり、駐車可能台数は40台。

入り口にはスロープがあるので、ベビーカーでも安心です。

中に入ると、木のぬくもりのある明るい雰囲気。

入ってすぐに受付があるので、名前や年齢、入館時間を記入します。

「滑川市児童館」館内の様子

こちらが「滑川市児童館」の案内図です。

右側にたくさんの部屋が集まったエリア、左側に広い運動室があります。

建物奥に進むと、広くて天井の高い板の間「あそびのホール」に到着。

ホールに入ってすぐ目に入るのは、丸っこい飛行機の遊具。

中に入ってハンドルを回すことができるし、滑り台にもなっていて子供達に大人気でした(^_^)!

乗り物大好きな息子、ダッシュで運転席に座り、ハンドルをクルクルして遊んでいました。

この部屋には他に、ボルタリングできる壁や、登ったり中に入ったりできる木製の遊具が置いてあります。

子供たちが中に入って遊んでいましたよ(^^)。

さてさて、このエリアのメインとなる遊具が、1~2階ぶち抜きの巨大屋内型アスレチックです!

写真、近くに寄りすぎてわかりにくいのですが、ロープで編まれた網が1階から2階へとつながっているんです。

試しに私ものってみましたが、高さがあるのでかなり怖かったです!

息子は果敢に挑戦しようとしていましたが、私が怖くてついていけなかったので、また今度にしてもらいました(^^;)。

これで遊んだら、かなり体力使いそうだわー!

息子がもう少し大きくなったら、再挑戦させたいです。

ちなみに、この巨大アスレチックには、1階から登ることも、2階をスタートとして降ることもできます。

2階へとつながる階段があるので、降りならやってみようかなと思われる方は、階段から行ってくださいね。

2階には他に、小さい部屋が3つあります。

特に何もありませんが、天井が低く妙に落ち着く空間でした。

また、「あそびのホール」隣には、小さい子用の部屋「こどもの広場」があります。

「こどもの広場」は赤ちゃん用の滑り台や、おままごとセット、知育玩具などがおいてあり、ママと小さな子がのんびりと過ごすことができます。

さながら、「子育て支援センター」のような安心感がありました(*´ω`*)。

「子育て支援センター」は通常平日しかやっていませんが、「滑川市児童館」は土日も営業。

赤ちゃん育児中のママは助かりますね。

「こどもの広場」に、授乳室・オムツ替え室もあるので、赤ちゃん連れでも安心して訪れることができます。

「あそびのホール」からさらに奥に進むと「運動室」があります。

本格的な大きなトランポリンを備えつけられていて、卓球台も2台置いてありました。

卓球台は、受付に申し込みをするとラケット、ボールとともに借りられます。

土日は人気で、予約が殺到するとのこと∑(゜Д゜)。

奥のスペースでは、元気な小学生がボール遊びを楽しんでいました( ´ ▽ ` )。

息子も大型のトランポリンでポムポム跳ねたり、お兄さんお姉さんの卓球に興味津々でした(*´ω`*)。

一緒にボールを追いかけて、邪魔しちゃいましたけど・・・(T0T)。

体を動かして疲れたら、「あそびのホール」内の小部屋「かまくら1」で水分補給ができます。

水が置いてあるわけではないので、持参しましょう。

食事やオヤツなど食べ物を食べるのは不可です。

「滑川市児童館」の特徴

(1)室内アスレチックがすごい

室内の1階から2階にかけて設置されているアスレチックは、圧巻の一言!

難易度が高そうで、対象は小・中学生になると思います。

もっとも下はふかふかのマットになっているので、下の方でなら、小さい子も遊ぶことができます。

(2)力の入ったイベントが多い(滑川市民限定)

掲示物を見るだけでも、「工作教室」に「流し素麺の会」や、ピザを「ピザ釜」から作る会(コンクリートの土台を作るところから、何回かに分けて開催)など、かなり本格的なイベントが開催されている様子でした。

残念ながら、滑川市民限定だそうです(T ^ T)。

こんな面白いイベントに参加できるなんて、滑川市民がうらやましい~(*´ω`*)!

(3)幅広い年齢層が楽しめる

児童館にはめずらしく、一緒に来ている大人の数が多いように思いました。

なんというか、地域の人たちが集まってきているような印象です。

赤ちゃん連れママから、宿題が大変な高校生まで、勉強したり運動したりと思い思いに過ごしていました(^_^)。

(4)開館時間がいろいろ。休館日もアリ。

児童館にしては珍しく、休館日があります。

毎週火曜と、第1・第3木曜日です。

休館日が祝日の場合、開館して振替閉館になるとのこと。

開館時間も、5~10月は10:00~18:00で、11月~4月は10:00~17:00、土日祝日は9:00開館なので変則的。

利用の際はあらかじめ、開館時間を確認して行ったほうがよさそうです。

また、開催イベントにより部屋が使えないこともあります。

「今日は絶対卓球したい!」などと思われる場合は、公式サイトを事前にチェックしておきましょう。

(5)授乳室オムツ替えベッド有り

広い乳児室があり、授乳室もオムツ替えベッドもあります。

オムツ替えベッドは、児童館入口付近の多目的トイレにもあります。

「滑川市児童館」まとめ

「滑川市児童館」にははじめ、ナビで行こうとしたのですが、ナビ通りに行ったら薄暗い森の中に連れていかれました(;ω;)。

慌ててスマホ検索、その時に移転した事を知りました(^_^:)。

古いナビを使っている方は、暗い森に連れて行かれるのでお気を付けください。

滑川市の児童館は、「滑川市児童館」の1館だけなのだそうです。

そのせいか?滑川市民のみなさんの、児童館を盛り上げようという気合いのようなものが感じられました。

滑川市民による滑川市民のための限定イベント、楽しそうでうらやましかったです(^_^)!

もちろん、市外の人でも広くて楽しい「滑川市児童館」を訪れれば、赤ちゃんから中高生までワイワイ楽しく遊べますよ!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ねんね~高校生

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「滑川市児童館」施設詳細

施設名 滑川市児童館
所在地 滑川市上小泉800
駐車場 40台
駐車料金 無料
電話番号 076-475-3706
開館時間 5~10月 10:00~18:00
11月~4月 10:00~17:00
土日祝日 9:00開館
休館日 火曜日、第1・第3木曜日、年末年始
料金 無料
公式HP  https://goo.gl/WdZMLC
地図