富山子供連れの遊び場【海老江海浜公園】日本海の荒波に子供大興奮!

ザッパーン!

日本海の荒波を、子供にも体験させたい!

海を見せたら、どんな表情するんだろ~(о´∀`о)?

とはいっても、海に近づくのって意外と大変。

駐車場付近はコンクリートだとしても、浜辺を歩いたら靴が砂だらけになっちゃう(>_<)。

夏じゃないと、サンダルなんて履かないし…。

そんなお悩みをスパッと解決するのが、【海老江海浜公園】です!

駐車場から波打ち際まで、コンクリートで舗装されているので、普通の靴で行くことができるんです。

子供に気軽に海の風景を見せてあげられますよ(^_^)!

「海老江海浜公園」口コミ体験談

「海老江海浜公園」駐車場

「海老江海浜公園」の駐車場は広く、駐車可能台数は116台です。

それもそのはず、こちら夏は海水浴場になるんですよ。

駐車場スペースが広いので、運転不慣れな私でも簡単に停めることができました。

海水浴に行くときは、こちらに車を停めてすぐに海に入れるようです。

車から海まで近いので、気軽に海水浴できますね。

もちろん海水浴シーズンじゃない時期に行けば、駐車場はガラガラ。
仕事の休憩中?の車や、観光客の車が数台だけ停まっていました。

「海老江海浜公園」散策

「海老江海浜公園」は、車を降りるとすぐに雄大な海の景色を楽しめます。

先にも書きましたが、「海老江海浜公園」の魅力はコンクリートの道を歩いて、波打ち際まで行くことができる点です。

駐車場から、画像右上の岬まで歩いて行くことができましたよ。

オフシーズンのためか、公園内はゴミも落ちておらずキレイ。

コンクリの上にそのまま座って、のんびり海を見ている人もいましたよ。

この日は晴れていて、空も海もキレイな色。

海側に向かえば、日本海の荒波を間近で体験できます!

息子、荒々しい波の様子にビックリして、しばらく立ちすくんでいました。

日本海の荒波に、何か感じてくれたらいいなあ(^^)。

大分危険を認識できるようになってきた息子なので、海に落ちる心配はしませんでした。

ですが、近くにあったテトラポットによじ乗ろうとしたため、慌てて止めました(>-<)。

海付近は、場所によっては波しぶきがかかるので、注意が必要です。

どこが危険かは、地面が濡れている部分を見ればわかりますよ。

また、私たちが行った日(4月頭)は潮風が強くて、春服で行った私はかなり寒かったです。

春先のまだ肌寒い日は、十分な防寒対策をしていったほうがよさそう。

息子に念のためと、冬物コートを着せておいて正解でした。

浅瀬でも波の様子をじっくり見学できました。

もう少し暖かい日だったら、水に足をつけて遊ぶこともできたんですが、まだ寒いので断念。

もし暖かかったら…息子、浅瀬にダッシュしていたと思います(^^;)。

車停めによじ登って、ベンチの代わりにしていました(^^)。

公園内にはところどころベンチもあるので、椅子に座って休憩することもできます。

駐車場奥には海水浴客も利用する、更衣室付きトイレがありました。

こちらで着替えをして、海に入れるようですね。便利!

オフシーズンとあって、多目的トイレは使用できませんでした。

表示によると、オムツ替えベッドもありそうですが、未確認です。

「海老江海浜公園」に行く際の注意点

「海老江海浜公園」に行く際に、注意しておきたい点があります。

まず、親の言うことを聞かず、好きなところにダッシュしちゃう子(>-<)は、 もう少し行くのを待ったほうがいいと思います。

うちの子が2歳~2歳半くらいのとき、このタイプでした…。

その当時だと、危なくてすぐに帰ることになったと思います。

「海老江海浜公園」の浅瀬はなだらかなので、いきなり深みにはまって溺れる!なんてことはありません。

しかし、荒波見学エリアは段差もあり、テトラポットにも乗り移れそうなので危険が認識できない子にはお勧めできません。

もちろん親が見ていれば大丈夫かもしれませんが…ヤツラ、どんな行動に走るかわかりませんよ!

また、親の言うことを聞くようになっても、まだ注意が必要です。

子供は水場が大好き(^^;)。

今は寒い季節なので、息子も水に入りませんでしたが、暖かい時期だったら浅瀬に突入していたと思います。

今まで何度となく、川やら噴水やらに突入され強制帰宅という痛い目をみてきました。

そんな我が家からの忠告は、 「念のため、着替え(オムツも)を持っていきましょう!」 です。

いつ何時、子供が浅瀬にダッシュするかわかりません。

また、浅瀬で足を浸していたと思ったら、いつの間にか腰を下ろして総着替えになったことも。

いずれにせよ、着替え一式は車に積んでおいたほうがいいですよ。

最悪、全部着替えちゃえば次の予定を変更せずにすみます(>▽<)!

駐車場内に水場もあるので、水遊びでしょっぱくなった手を洗ったり、水分補給をすることもできますよ~(^^)。

「海老江海浜公園」まとめ

「海老江海浜公園」の魅力は、気軽に海の景色を楽しむことができることころ。

絵本に出てきた「海」を、息子に実際に見せるのとができてよかったです。

私が「海老江海浜公園」へ行ったのは、4月の頭。

平地は暖かくてコートもいらないくらいでしたが、海沿いは風も強く、かなり寒さを感じました。

季節によっては、防寒暴風対策をして行ったほうがいいですよ(^_^)。

もっと暖かくなったら、「海老江海浜公園」に水遊びしに行きたいです(^_^)!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 未確認
オススメ年齢 テクテク~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「海老江海浜公園」施設詳細

施設名 海老江海浜公園
所在地 射水市海老江地内
駐車場 116台
駐車料金 無料
電話番号 0766-51-6676
営業時間 海水浴シーズンの7月中旬~8月末は、
夜9時~翌朝6時まで入口が施錠されます
定休日 なし
料金 無料
公式HP https://goo.gl/Nje2f2
地図