富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 公園

スポンサードリンク




富山子供連れの遊び場【羽根ピースフル公園】子供喜ぶ滑り台&迷路

ママの皆さま、こんにちは!

お昼の寝かしつけに1時間以上手こずって、ヘロヘロなワタクシKでございます_| ̄|○。

今日は、こども園3日目(慣らし保育中で午前のみ)。

まだ慣れなくて、園に送るときも、迎えに行くときも泣いちゃう息子です。

きっと今日も、慣れない場所で疲れたよね?

と思って、お昼を食べて寝かしつけをしたのですが。

…なぜか寝ない(´;Д;`)。

目がランラン♪している(T-T)。

意外と、こども園では体力を消費しないのかもしれません。

うちのような体力有り余った元気っ子を疲れさせるには…やはり広い公園がいいようです。

ママの皆さんは【羽根ピースフル公園】を、ご存知ですか?

わりかし、情報誌にはのってない穴場的公園です。

あまり情報のない中、行ってみたのですが…

大型滑り台有り、ハードなアスレチック有り、そして繁みでできた立体迷路有りの楽しい公園でした!

「羽根ピースフル公園」口コミ体験談

「羽根ピースフル公園」駐車場・全景

「羽根ピースフル公園」は、住宅街を少し入った若干わかりにくい所にあります。

公園敷地に入ると、大きな石の看板がありました。

看板前を、左手奥に進むと駐車場があります。

駐車可能台数は、40台ほどでしょうか。

平日昼前に行ったら、車が2~3台停まっていました。

奥様達のウォーキングコースとして人気なようで、何組かのグループとすれ違いました。

こちらが「羽根ピースフル公園」のMAP。

左上が駐車場で、すぐ横に「正面広場」、中央に大きな「運動公園」、その奥に「芝生広場」があります。

それらをぐるりと1周できる、散歩道もあります。

「羽根ピースフル公園」の「正面広場」

駐車場すぐ隣には、芝生の「正面広場」があります。

駐車場からすでに、カラフルな遊具が見えていました(^-^)!

「正面広場」の遊具全景です。

前方にあるのが、小さな子が登ったり降りたり、中に入ったりできる階段。

その遊具の陰になって見えないのですが、遊園地にあるコーヒーカップのような遊具があります。

中に入って、丸い持ち手をまわすと、乗っている部分がぐるぐる回ります。

これが息子にヒット!

ハンドルを回そうとしたり、外を眺めたりしたり、ぐるぐる回る感覚を楽しんでいました。

それなりに重いので(私の体重のせいだろうか)、回し続けていたら汗が出てきました。

その奥には、ゆらゆら遊具。

新しいタイプのものから古いタイプのものまで、合計6台ありました。

その先が滑り台と、同じカラーリングのうんてい。

小さな子にちょうどいい、高すぎないシンプルな滑り台です。

うんていは、まだ息子には無理でした・・・。

その奥には、謎の長い遊具が。

なんと、平らなローラー滑り台?でした。

平らだから、もちろん滑りません!

ひたすら、自らの腕力のみで前に進みます。

筋トレ系遊具だろうか・・・?

遊具の周りには、ボール遊びに良さそうな広場があります。

屋根付きベンチもあるので、休憩に便利ですね。

遊具付近に、手を洗う水場もあります。

「羽根ピースフル公園」の散歩道を通って「芝生広場」へ

「正面広場」の遊具だけで、かなり満足した私たちですが・・・公園奥、かなり遠くにカラフルな色彩が見えました。

乱視の私にはよく見えなかったので、とりあえず行ってみることにしました。

「正面広場」から、ウォーキングコースに入ります。

早速右手には、この公園最大の広さの「運動公園」が見えました。

左手には、気持ちのいい田んぼの風景。

風景はキレイだし、道も平坦で歩きやすいのですが・・・目当ての「芝生公園」までは少し距離がある印象です。

好きなところに走って行っちゃう子を連れて行ったら、大変かもしれません。

さてさて、目当ての「芝生公園」に到着です!

遠くから見えていたカラフルな色彩は、大型滑り台だったんですね!

「芝生公園」の斜面を登っていくと、先にたどり着くのが、茶色のアスレチック。

左手から、丸太の登り口があります(登り口はいくつもあります)。

小さい子にとっては、よじ登らないといけない段差の大きい階段。

次に、釣られた丸太の上を渡ります。

下にネットがあるとはいえ、けっこうコワイ。

さらにその後は、間隔のあいた鉄棒のトンネル(かなり高い)。

これは・・・小さい子だと落ちかねないので、一旦息子を止めました・・・が、勝手に進んでいっちゃいました(T-T)。

続けて私も行かなくちゃいけなくなって、めっちゃ怖かったです。

やっとアルミの滑り台に到着。

滑り台は楽しかったです(^^)。

ターザンロープは、2列あります。

こちらも高さがあってコワイ・・!

このアスレチックは、少々難易度高めです。

小学生くらいになったら、挑戦されることをオススメします。

 

さてさて、お待たせしました。

アスレチック隣のロング滑り台に行きましょう!

斜面を利用して建てられているので、階段が少ない割に距離が長いです。

右手の斜面を登る黒い段から、登ります。

滑り台降り口と、段のスタートがだいたい同じ場所なんですね~。

滑り台の階段を、登ります。

乗り口に到着!

いってらっしゃ~い!

と、言いたいところですが、初回は一緒に滑りました。

まっすぐに滑り出してすぐ、左手にカーブ。

なんと、その先は・・・くるっと巻いてます!

1回転しているローラー滑り台に出会ったの、初めてですよ(動揺して画像に指が・・・!)!

回転しているところでスピードが落ちてしまうのでは?と思ったのですが、問題なくくるくる滑り降りることができました。

一度も止まらずに、地上に到着!

長くて面白い形の滑り台に、息子は何度も挑戦していました。

私は暑かったので、滑り台出口で暖かく見守りましたよ。

そう、この日はかなり気温が高かったんです。

日陰になっている東屋で、おやつタイムにしました。

あっちーーーーーー!!

さすがの息子も休憩モード。

広いベンチなので、子供なら余裕で横になれます。

「羽根ピースフル公園」の「花と緑の迷路」

滑り台もたっぷり楽しんだし、駐車場にもどることにしました。

とはいっても、同じコースを回るのもつまらないので、反対側のウォーキングコースを歩くことにしました。

滑り台降り口付近から、帰りの散歩道に進むことができます。

こちらも、歩きやすい平坦な道。

歩き続けていると暑くなってきたので、少しベンチで休憩しました。

このベンチは上が、藤棚になっているんですよ。

緑の植え込みもキレイだし、まったりしていると・・・何やら看板を発見しました。

なんでも、「花と緑の迷路」だそうですよ!

地味すぎて、外からだとただの植え込みにしか見えません!

場所は、「帰り道」左下にある、ピンクのマル(だいたい)。

公式MAPにも描いてないから、通りかからないと絶対わかりません(^^;)。

ようい、ドン!

植え込みの高さは、3歳息子の身長より高いです。

大人にとっては、上から見えるものの、植え込みの幅が広く高さもあるため、植え込みを乗り越えることはできません。

何度か迷路内で、息子を見失いました(^^;)。

そんなに大きくはないのだけど、適度に先が見えなくてドキドキしましたよ!

息子は最近絵本の「ノンタン」の迷路にハマっているところ。

初めての体で体験する迷路に、大興奮でした(^^)!

「羽根ピースフル公園」の管理棟

公園をぐるりと1周回って、公園入口に戻ってきました。

公園の管理棟には、トイレがあります。

こちらが、多目的トイレの入り口。

タイミング悪く?清掃業者さんの掃除途中でした。

中には、オムツ替えベッドがありました。

ちょいちょい掃除されているのか、中はキレイに整えられていました。

また、管理棟横には自販機もあります。

これから暑くなるし、気を付けて水分補給したいものです。

「羽根ピースフル公園」まとめ

「羽根ピースフル公園」には、豊富な小さい子用遊具や、ロング滑り台、そして立体迷路と、楽しい設備がいっぱいでした!

期待していなかっただけに、私も息子も?テンションUP(^^)!

特に植え込みでできた迷路は、地味な見た目とちがって、子供が遊ぶにはちょうどいい広さ。

遠くから見ると、庭木の一部にしか見えないので、ぜひ探して遊んでみてほしいです。

目印は藤棚ベンチですよ!

・・・わりかし蜘蛛の巣があるので、苦手な方はやめたほうがいいかもしれません(^^;)。

ぜひご家族で、「羽根ピースフル公園」のおもしろ設備を満喫してくださいね(^-^)!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 べビーカー~小学生

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「羽根ピースフル公園」施設詳細

施設名 羽根ピースフル公園
所在地 富山県富山市婦中町羽根1000-1
駐車場 40台
電話番号 【公園緑地管理公社】 076-469-5840
開園時間 終日開園
公式サイト 無し
地図

スポンサードリンク






Pagetop