富山子供連れの遊び場【東福寺野自然公園】豊富なアスレチックに子供が歓喜!

次の休みの行先をお悩み中のママ、ちょっとだけ街を離れて遠出してみませんか?

とはいっても、県外に行こう!というわけではありません。

富山県内の少しだけ人里から離れた場所に、気軽な小旅行気分を味わえる公園があるんです!

富山県滑川市の自然豊かな山奥に、【東福寺自然公園】はあります。

広い敷地には、子供たちに人気のトランポリン遊具「ふわふわドーム」があるし、山の斜面を利用したロング滑り台、アスレチックも充実してるんです!

美しく整えられた公園は景観もよく、大人も子供も自然を楽しむことができますよ(^^)。

「東福寺野自然公園」口コミ体験談

「東福寺野自然公園」の駐車場~入場

私が「東福寺野自然公園」を最後に訪れたのは、小学校の遠足の時。

約30年ぶりくらいでしょうか…。

まったく記憶がなかったので、車に乗りながらこんなに山の中だっけ!?と驚きました。

「東福寺野自然公園」の敷地に入っていくと、駐車場が見えてきます。

駐車料金は無料で、時間制限もありません。

私が行った時期は開園時間から間もない9:30ごろでしたが、すでに第一駐車場の半分は埋まっていました。

後ほど入った遊具広場利用者の数と比べると・・・明らかに車が多い。

どうもほとんどが、パークゴルフを楽しむ人たちの車なようです。

「東福寺野自然公園」は、パークゴルファーたちの人気スポットでもあるみたいですよ。

第1駐車場の奥にあるのが、公園の入り口。

受付がレトロな雰囲気の駅舎になっていて、ワクワクします(^^)。

赤くて丸いポスト、街中ではほとんど目にしなくなったなあ。

内装も駅にそっくりです。

この駅舎内に受付があり、入場料を支払います。

【入場料】
・幼児    無料
・小・中学生 150円
・大人    220円。

我が家の場合は、夫と私の料金を合わせて440円を支払いました。

「東福寺野自然公園」の設備

「東福寺野自然公園」には、大人から子供まで楽しめるいろいろな施設があります。

下の画像が、園内のMAPです。


(画像は公式HPより引用)

駅舎を出て敷地内に入ると、右手にトイレがあります。

多目的トイレ内には、オムツ替えベッドや、子供用トイレもありました。

トイレトレーニング中の子も安心ですね。

入場してすぐ右手に見える建物が、時計台。

時報や、「東福寺野自然公園」の解説をアナウンスしてくれます。

その奥が遊戯広場。

遊具を見た瞬間、息子ダッシュ!

遊具広場横には親水池もあります。

水はほとんどありませんでしたが・・・。。

「親水」と書いてある位だから、夏場は水遊びができるのかもしれません。

あちこちにベンチが用意されているので、ピクニックも楽しめますよ。

園内を早く移動したい方には、周遊トラクターがあります。

けっこう乗ってる人がいました。

おそらく少し離れたところにある、パークゴルフ場に向かうのだと思います。

池のほとりでバーベキューが楽しめる、バーベキュー広場。

屋根があるので、雨の日でもバーベキューが楽しめます。

私たちが着いた時間にはまだ営業していませんでしたが、「望海亭」という食堂もあるようです。

こちらは、宿泊できる「SLハウス」。

SLをイメージした、個性的な宿泊施設です。

一両目は、本物のSL。

D51蒸気機関車というそうです。

二両目からが、宿泊施設です。

☆「SLハウス」に宿泊しました。

気になる方は、以下の記事を読んでみてくださいね。

【関連記事】富山子供連れで宿泊できる穴場施設【東福寺野自然公園・SLハウス】

入口の駅舎・バーベキュー施設の池のほとりに、自販機もあります。

飲み物を忘れたときなどに、公園内で購入できます。

「東福寺野自然公園」の遊具

駅舎を出てすぐに、白いふわふわドームが見えてきます。

このふわふわドームは、3つの山からできている大型のタイプ。

大人でも山に登るのに一苦労です。

ふわふわの沈み方も大きく、乗っているだけでも体力を消耗します。

子供を遊び疲れさせるにはぴったり!

・・・ですが、一緒に乗ったら大人の体力も吸い取られるのでご注意(>-<)!

遊具広場には、楽しいアスレチックがあります。

もうじき3歳の息子は、若干危なっかしい場所もあったものの、スイスイ登り降りしていました。

滑り台Aは、なだらかなので息子一人でも滑ることができました。

滑り台Bは、なかなか急斜面(>-<)。

子供が小さい場合は、親が一緒に滑ってあげましょう。

ちなみに、夫はスピードのコントロールを誤って、腰を強打しておりました。

みなさまもお気をつけて・・・!

こちらが、子供が大好きなローラー滑り台!!

斜面を利用した作りで、長さが魅力です。

横から見るとこんなかんじ。

これまで見たローラー滑り台の中でも、ダントツに長いです。

乗り口にはお尻にしく、発砲スチロールの板が置いてあります。

これをお尻にしいて滑るので、滑り台との摩擦で熱くなったり、服が汚れたりという事態を防ぐことができます。

ありがたい!

他のローラー滑り台にも、この板を置いてくれたらいいのにな・・・。

滑り台乗り口には、滑り台を滑る際の注意点も書かれていました。

案の定、息子はローラー滑り台がメチャメチャ気に入って、終わりの見えない戦いが始まりました(>-<)。

夫と私と交代で、数十回は滑ったかと思います・・・。

…いえ、滑るのはいいんですよ。

わりと楽しいし。

でも、滑り終わったら、下から斜面を登らないといけないんです(>-<;)。

くれぐれも歩きやすい靴で行きましょう。

滑り台の下は土なので、汚れてもいい靴をおすすめします。

木造の遊具もあります。

こちらは難易度が高かったため、あまり遊ばずに終わりました。

小中学生くらいなら、楽しめるかな~?

かわいい動物のゆらゆら遊具もあります。

息子、リス→ウサギ→トラと、順番に乗り心地を試していました。

どれも同じ…といいたいところですが、ゆらゆらすると

リスとトラの後頭部が息子のオデコにヒット!

ちょっと痛そうにしていました(^^;)。

その点、ウサギは耳の間にスペースがあいているので大丈夫でしたよ!

ちびっこは、ウサギに乗ることをおすすめします。

「東福寺野自然公園」まとめ

「東福寺野自然公園」に行く前は正直、「有料の公園だなんて、お金がもったいないな~(>-<;)」と、不安に思っていました。

ですが実際に行ってみると、広い公園内は美しく整えられていて、気持ちよく過ごすことができました。

あの広大な面積の公園を掃除し、管理する費用だと思えば入場料も妥当だと思います。

また、山奥・有料という条件のためか、利用者数も少なかったように思います。

夏休みや連休などの時期は混むとは思いますが、「コミコミな公園はキツイな~」と感じる方にもおすすめですよ。

「東福寺野自然公園」は、大人も子供も自然を満喫できる施設です。

あちこちにベンチも用意されているので、ランチを持ってピクニックもいいですね。

山道を歩いて季節の花を楽しんだり、トランポリンや滑り台に乗って、クタクタになるまで遊んじゃいましょう!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 テクテク~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「東福寺野自然公園」施設詳細

施設名 東福寺野自然公園
所在地 富山県滑川市東福寺野41
駐車場 200台
電話番号 076-474-1141
開園時間 AM9:00~PM5:00
7月下旬~8月下旬迄、金・土PM6:00時閉園
休館日 12月16日~3月14日(天候により変更有り)
公式HP http://bunspo-namerikawa.jp/nature
地図