【比美乃江公園(1)】「氷見番屋街」駐車場前にある穴場的遊具広場!観光ついでに子どもを遊ばせよう!【富山連れの遊び場】

こんにちは、富山で5歳男児子育て中のKEIです。

ママの皆さま、氷見の新鮮な魚料理を食べたり名物を購入できる道の駅、「氷見番屋街」を訪れたことありますか?

「氷見番屋街」には、数多くのお土産屋さんや飲食店が立ち並び、散歩するだけでも楽しいですよね!

ただ富山市在住の私にとって、氷見は片道1時間以上。

小さい子を1時間車に乗せて、買い物と食事で終わり!というのは、なんだか申しわけない気持になってしまうんですよね…(^^;)。

「車の時間が長いし、子どもを元気に遊ばせてあげたいな・・・」

そんなふうに思った時、子どもをアスレチック遊具で遊ばせてあげられる広場が「氷見番屋街」の近くにあるんです!

【比美乃江公園】は、「氷見番屋街」の真横にある海側に長く広がる公園です。

氷見の雄大な海の景色を望むことができる展望台が有名ですね。

しかし今回紹介するのは「比美乃江公園」といっても海側でなく、氷見の街側にあるアスレチック遊具広場です(【比美乃江公園(2)】では海側の公園を紹介します)。

「氷見番屋街」で駐車する場合、場所によっては見落としてしまうので注意して行ってみて下さいね!

他県からの子連れ観光客さんが、体をほぐすのにもオススメですよ!

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」について

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」の場所

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」の場所は、「氷見番屋街」の正面駐車場を挟んで街側にあります。

グーグルマップにも公園らしい表示がありません・・・。

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」の駐車場

おそらく多くの人は「氷見番屋街」の駐車場に車を停めて、「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」を利用すると思いますが、

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」の真横に、広場用の駐車場があります。

20~30台ほど停められそうでしたよ!

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」に行ってきた!

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」は、広い敷地にアスレチックが点在しています。

対象年齢は3歳~6歳だそうです。

雄大な「比美乃江大橋」をバックに、ブルーの色が鮮やかな滑り台があります。

まっすぐのチューブ型滑り台と、緩めの滑り台が1本ずつあります。

階段で登れるので、ヨチヨチの子でも安心して遊ばせられますよ。

こちらはボルダリングやネットを使っての、横移動が楽しめるアスレチック。

つかまり系の動作があまり好きでない息子は、スル―しました・・・。

この遊具は、小学生くらいの子に人気でしたよ。

ジャングルジムにうんていもあります(やはりつかまり系につきスル―)!

こちらはアルミの滑り台。

こちらの素材の方が、子供好みのスピードが出るんですよね(静電気も起こらないし)。

シンプルな滑り台ですが、うちの子はこの滑り台を延々滑っておりました。

ソーシャルディスタンスを意識した?ゆらゆら遊具もありましたよ!

海際だからでしょうか、イルカやシャチのゆらゆら遊具です。

東屋もあるので「氷見番屋街」でお惣菜を買って、外で食べることもできますよ!

水場もあるので、すぐに手を洗うことができます。

トイレはなさそうだったので、「氷見番屋街」のをお借りしましょう(「氷見番屋街」にはオムツ替えベッドのあるトイレもありますよ)。

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」まとめ

ロングドライブ&人のごった返す商業施設での買い物は、子どもにとっては必ずしも楽しいコースではありません。

動けない・人ごみに注意して歩くストレスを、公園遊びで解消してあげられたらいいですね。

「氷見番屋街」でグルメや買い物を楽しみ、子どもは「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」で思いっきり遊ばせてあげましょう(^^)。

運転で体が固まり気味の親御さんも、体を動かして旅の疲れをリフレッシュしてくださいね!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 なし
オムツ替ベッド あり(氷見番屋街に)
オススメ年齢 3歳~小学校3年生くらい

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「比美乃江公園 アスレチック遊具広場」施設詳細

施設名 比美乃江公園 アスレチック遊具広場
所在地 富山県氷見市北大町
営業時間 終日
駐車場 約30台(氷見番屋街には220台)
駐車料金 無料
電話番号 0766-72-3400
公式サイト 比美乃江公園公式webサイト
地図
PAGE TOP