富山子供連れ屋内遊び場【荻浦保育園子育て支援センター】親子でほっこり。

乳幼児子育て中のママ、疲れていませんか?

悩みを相談できるところはありますか?

家の中に子供と二人でいると、どうしてもストレスがたまります。

たとえどんなに子供がかわいくても。

私は現在、2歳の子の母をしています。

今は今で大変ですが、子供が生まれて半年くらいの大変さといったら…軽くトラウマです(ToT)。

家から一歩も出られず、赤ちゃんは泣くばかり。

睡眠も十分にとれないし、体力も精神力もついていけず、緊張感でいっぱいでした(そして被害八つ当たりされる夫)。

あの時に不安を相談できて、子供を遊ばせられる場所があれば、気晴らしで来たのではないかと…振り返ります。

子供が少し大きくなって、やっとお出かけ先を検索する余裕ができたころ、見つけたのが「子育て支援センター」。

新生児のうちから、子供と一緒に出かけることができて、不安を相談できる施設です。

富山市高畠町にある【荻浦保育園子育て支援センター】は、暖かい雰囲気と優しい人柄の保育士さんがいらしゃる施設です。

初めて訪れたとき、先生に育児の悩みを真剣に聞いてもらい、アドバイスをいただき…心から救われました(T-T)。

ママと赤ちゃんが、安心して過ごすことができる場所です。

少し子供と二人だけの生活に疲れたなと思ったら、ぜひ訪れてみてください(^^)。

注:子育て支援センターは全面撮影禁止なので、画像は外観のみとなっております。

「萩浦保育園子育て支援センター」の口コミ体験談

「萩浦保育園子育て支援センター」概要

さて、「萩浦保育園子育て支援センター」は、「萩浦保育園」の敷地内に建てられている、独立した建物です。
保育園の建物内に入るのはちょっと…と思われる方にも抵抗なく入れるかと思います(^O^)。

萩浦保育園入り口の両サイドには、5台ずつ計10台駐車できるスペースがあるのでそちらに駐車。

車通りの少ない道に面しているので、駐車もラクチンでした。

入り口の門扉付近に「子育て支援センター」の案内図がありました(撮影忘れ)。

案内図には、門扉を開けて直進、突き当たりの保育園の建物前を右折、さらにまっすぐいくと建物があるとのこと。

保育園の敷地に入ると、園児たちのワイワイ元気な姿を見ることができました(^O^)。

奥に進むと、落ち着いた雰囲気の建物がありました。

入り口入ってすぐに靴箱があり、大きい子用の靴箱もありましました。

2階建ての1階が「子育て支援センター」で、2階部分は学童保育として使われているそうです(^O^)。

入り口から入ると受付があり、2名の保育士さんが対応くださいました。

「萩浦保育園子育て支援センター」の室内はやや小さめで、走り回るには手狭な印象。

室内は落ち着いた雰囲気で、赤ちゃんがコロコロできる畳の和室や、親子で飲食できる大きな机と小さな椅子があります。

板の間には車やおままごと道具、手作りおもちゃなど魅力的なおもちゃが並んでいました。

ベビーベッド、授乳室、オムツ替えベッド、親用トイレも揃っています。

「萩浦保育園子育て支援センター」の魅力はアットホームさにあります。

保育士さん達は常連の子の名前を覚えておられて、顔を見たらすぐに呼びかけておられました(*´ω`*)。

また来ているお母さん達にも順番に話しかていて、育児の悩みなど聞いていました。

せっかくなので、私も育児の不安を相談をしたのですが、一人の保育士さんが話を聞いてくださり、もう一人の保育士さんがその間息子の遊び相手をしてくれました(無言のコンビプレー!)。

おかげで悩みをしっかりと相談できて、不安が和らぎました(T ^ T)。

うちの息子はと言うと、車のオモチャを延々と板の間で走らせたり、職員さんが自作された木のオモチャでずっと遊んでいました。

また塗り絵コーナーでは、息子も見よう見まねでクレヨンでグリグリ線を引いていました。

…ただ、ジャイアン気質の息子がクレヨンを独り占めして他の子とケンカになり、あえなく退散することに(T ^ T)。

また今度、ゆっくりと遊びに行きたいです。

「萩浦保育園子育て支援センター」の特徴

「萩浦保育園子育て支援センター」の公式HPには以下のように施設を紹介しておられます。

—————————————————
「あっぷる」は、好きな時間に好きなだけ親子で利用できる「子育て応援サロン」。平日の午後4時まで解放され、飲食もOKです。

子育て中のお母さんやご家族が不安や悩みを抱え込まないよう、みんなでワイワイ集まって情報交換をしたり息抜きをしたり・・・。

園内の催し物や季節ごとの行事にもご参加ください。園児たちと一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
—————————————————
(公式サイトhttp://www.toyamaymca.org/ho/より引用)

子どもが楽しむだけでなく、家族のお悩みについても書いてあります。

やはり親のお悩み相談に力をいれておられるのだな、という印象を受けました(^^)。

◆「萩浦保育園子育て支援センター」の特徴的な点をいくつか紹介します。

(1)保育士さんが親身に相談にのってくれる

保育士さんがしっかりと相談を受け付けてくれます。

「子育て支援センター」によっては、保育士さんが忙しそうで、相談しにくい場所があります。

でも「萩浦保育園子育て支援センター」では、相談を申し出るとすぐに対応してくださいました。

実際にセンター行かなくても、電話、メール、訪問相談なども無料で受けられるそうです(月~金の9時から16時)。

「お出かけするのもしんどい」なんて時に、頼れそうですね!

(2)保育園内の子育て支援センターでありながら、建物が独立している

保育園内の子育て支援センターは、「保育園の一室」であることが多いのです。

「保育園の建物に入っていくのに勇気がいる」という人ママ、意外と多いのではないでしょうか?

その点「萩浦保育園子育て支援センター」では、保育園の敷地に入るものの、直接「子育て支援センター」の建物に入ることができるので安心です。

(3)イベントが楽しそう

「萩浦保育園子育て支援センター」には「あっぷる日記」というブログがあり、その中で月ごとのイベント開催カレンダーを見ることができます。

「アップル日記」http://applekids.exblog.jp/

こちらは「子育て支援センター」内に張り出されていた予定表。

カレンダーを見ると…ほぼ全日イベントが開催されていますΣ(・△・)!

月曜と木曜9時~12時に開催されている「あっぷるカフェ」では、100円でコーヒーなどの飲み物がいただけるとのこと。

子供が小さくて、カフェなんてとても行けないママの息抜きにも良さそうです…(*´ω`*)!

この他に、赤ちゃんの健康管理教室や、お話し会、ふれあい遊びなど、さまざまなイベントが開催されています。

(4)飲食スペースがある

室内には、子供が座りやすそうな低いテーブルと椅子のセットがあります。

お昼ごはんはもちろん、おやつを気軽にあげられるのも助かります(^^)。

(5)荻浦保育園の園児の様子が見られる

保育園併設の「子育て支援センター」の魅力は、園児たちの様子を見ることができるところだと思います。

もし入園を検討している保育園に「子育て支援センター」がある場合は、建物の様子や、子供たちの様子など直接確認できるので、行ってみることをおすすめします。

それにしても荻浦保育園の園児たちは元気いっぱい!でした(^^)。

「萩浦保育園子育て支援センター」まとめ

「萩浦保育園子育て支援センター」は、育児に疲れたママがほっこり息抜きしたい!というときにぜひ行ってもらいたい癒し系施設です(*´ω`*)。

おそらく「子育て支援センター」を利用するくらいの小さい子を持つママって、ほぼ100%育児に悩んでいると思うのです。

そんなママたちの駆け込み寺として、「萩浦保育園子育て支援センター」はオススメですよ!

季節のイベントやベビーマッサージ、園庭を使った外遊びも行われているそうなので、親子ともども楽しみに行きたいですね(^^)!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ねんね~2歳くらい

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「萩浦保育園子育て支援センター」施設詳細

施設名 荻浦保育園子育て支援センター
所在地 富山市高畠町2-3-23
駐車場 10台
駐車料金 無料
電話番号 076-481-7282
開園時間 AM9:00~PM4:00
休館日 土・日曜、祝日、お盆休み、年末年始
料金 無料
公式HP http://www.toyamaymca.org/ho/
地図