富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




【富山県美術館】2~3歳子供向けイベント「ひよこツアー」体験談

まだまだ子供に美術鑑賞は早かった…(>-<)!

以前、子連れで美術鑑賞を試みたのですが…見事玉砕。

作品に触りたいと暴れる息子を抱えて、展示コースをダッシュで通り抜けるという悲しみを味わった私です(T_T)。

子供と美術鑑賞なんて、親も子も楽しめないよね?
子供が作品を触ったり、壊したりしたら困るし…。

不安でためらってしまうママも多いのではないでしょうか?

なんと、今回紹介する富山県美術館主催の「ひよこツアー」は、はじめから2~3歳児が対象という珍しい企画。
多少のおイタは勘弁してもらえるのでは( ̄▽ ̄)?
というたくらみのもと、すぐに参加を申込みました( ^ω^ )。

富山県美術館の記事はこちら
https://kotokototoyama.info/kouen/toyamakenbizyutukan/

富山県美術館「ひよこツアー」 口コミ体験談

富山県美術館「ひよこツアー」の申し込み方法

私が初めに「ひよこツアー」開催の情報を知ったのは、富山県美術館のFacebookです。

富山県美術館Facebook
https://www.facebook.com/tad.toyama/

リンクが貼られて、「ひよこツアー」詳細ページに飛びました。
http://tad-toyama.jp/exhibition-event/3658

発表された翌日くらいに、電話で申し込み。
名前、連絡先、子供の年齢などを聞かれ、当日の集合時間・場所などを教わりました。
また、2回開催されるので、どちらの日がいいかも聞かれました。

初日は「カラー紙テープであそぼう」、2日目は「パンこねんどであそぼう」。
家でやるには難しそうな、パン粉粘土の日をを選びました。

おそらく一週間前後で、満員御礼のお知らせがFacebookに出ていました。
間に合ってよかった!

富山県美術館「ひよこツアー」受付

当日は美術館3階にある「アトリエ」に集合。
はりきって行ったら20分前くらいに着いてしまい、先に受付をして、時間まで美術館の無料エリアを散歩しました。

受付付近を見ると、かなりの人数の学芸員さん&ボランティアスタッフの皆さんがいらっしゃいました。
「力入ってるな~」と、思ったのですが、後でこの人数の意味がわかりました。

富山県美術館「ひよこツアー」は三部構成

「ひよこツアー」は三部構成で行われました。

(1)えをみるれんしゅう
(2)えをみにいこう
(3)パンこねんどであそぼう

(1)「えをみるれんしゅう」

「えをみるれんしゅう」では、学芸員さんによるクスッと笑える演劇(!)で、美術鑑賞のルールを教えてもらいました(^_^)!

子供に扮する学芸員さんが、展覧会場で作品に触ろうとするところを、ほかの学芸員さんが注意!
「おーっと!なんでこれがダメなんでしょうかー!?」と、クイズ形式で展開されました。

かしこまって「今から、してはいけないことを説明します」と言われたら、聞き流してしまいそうですが、演劇形式だったので、楽しく聞くことができました。

ちなみに注意点はこんな感じでした。

・作品はみんなの宝物だから大切にしよう
・絵を触ってはダメ
・展覧会場で走ってはダメ
・展覧会場で大声を出してはダメ
・展示作品の台も触っちゃダメ …などなど。

とはいっても、子供は聞いているやら聞いていないやら(^◇^;)。
むしろ私の方が、美術鑑賞の暗黙の了解的なルールを再認識させてもらえて、勉強になりました。
将来子供にも伝えようと思います。寸劇で。

(2)「えをみるれんしゅう」

実際にその時展示されていた「子どものためのコレクション展」を、みんなで鑑賞しました。

先ほど少し書きましたが、「ひよこツアー」には10人以上?かなりの数のスタッフさんがついていました(ツアー参加者は親子10組)。
すごい数だなーと、思っていたら…意味がわかりました。

入場と同時に会場にダッシュする子供たち(^◇^;)!
作品に触ろうとすることろを…スタッフのみなさんがさっ!と間に入ったり、「触っちゃダメよ~(^◇^;)」と、ガード!
ママ一人で子供を止めようとすると大変なので、これがメチャ助かりました(^◇^;)!
スタッフの皆さん、ありがとうございました!

もちろん「この像の人は何してるんだろうね~?」「この絵、不思議なところがあるんだけどわかる?」などと、美術鑑賞のポイントも教えていただけました^_^。

子供のための展覧会だから、主力の作品はないかなー?
と思っていたら、ロートレック、マグリット、エルンストなど有名どころの作品もちゃんと置いてありました。
子供に、本物に触れさせる貴重なチャンスでした(触ってませんよ)!

…これらの名品を、床に寝転がるアングルから鑑賞?する息子…(T_T)。
ちゃんと立って見てね…。

(2.5)休憩タイム

作品鑑賞が終わると、15分ほど休憩タイム。
学芸員さんからのOKが出たので、水分補給をしました(本来館内は飲食不可)。
オムツ替えやトイレも、この時間に。
小さい子もいるので、こまめに休憩がもらえるのはありがたいです!

(3)「パンこねんどであそぼう」

ラストは、色とりどりのパン粉粘土でコネコネ遊び( ^ω^ )!

2017年春に美術館で「パン人間」という、パンを顔にくっつけた人達が美術館を歩き回るパフォーマンスが行われました。
そのときに使ったパンを、冷凍させておいて、今回粘土にしたとのことです。
パンを解凍して、細かくし、こねて粘土状にするのはかなり苦労されたとのこと。

息子は色とりどりの粘土をコネコネして感触を楽しんだり、ちぎって細切れにしたりと楽しんでいました。
最後は私がダンゴを作って、息子が皿に並べるという作業分担ができあがり、なんとなく作品が出来上がりました( ^ω^ )。

富山県美術館「ひよこツアー」まとめ

富山県美術館での「ひよこツアー」は、親子で楽しむことのできる貴重な鑑賞会でした(^_^)!
子供連れで美術鑑賞となると、どうしても気が重くなるので、本当に嬉しかったです。

学芸員さんに聞いてみたら「ひよこツアー」は毎年開催予定とのこと。
来年息子はまだ3歳。
タイミングがあったら、ぜひまた参加したいです( ^ω^ )!

富山県美術館「ひよこツアー」詳細

●場所 富山県美術館
●日時 不定期(所要時間、休憩含め90分程度) ☆2018年は2月8日、9日に開催
●定員 10組(2回開催)
●費用 コレクション展を見るための保護者用チケット要(一人300円)。

●粘土で服が汚れることがあります。汚れてもいい服で参加しましょう。

●問い合わせ&申し込み
富山県美術館 076-431-2711

「富山県美術館」施設詳細

施設名 富山県美術館
所在地 富山市木場町3-20
駐車場 103台(うち身障者・妊産婦専用3台)
駐車料金 最初の1時間320円、以降30分毎110円
美術館・環水公園利用の場合2時間無料
電話番号 076-431-2711
営業時間 美術館 AM9:30~PM6:00
(入館は17:30まで)
屋上庭園 AM8:00~PM10:00
(入館は21:30まで)
定休日 毎週水曜日(祝日除く)
祝日の翌日・年末年始
★屋上庭園は12/1~3/15まで休園
料金 無料スペース有り
公式HP http://tad-toyama.jp/
地図

スポンサードリンク






Pagetop