富山子供連れOKのアジアンスイーツ店「茶藝館 Jasmine」もちもちタピオカと九份芋圓に夢中!!ランチ情報も!

オーバードホールの建物「アーバンプレイス」に久しぶりに入ったら…なんか変わってる!

売店がオシャレになったり、新しいお店ができていたり。

そんなアーバンプレイスに、2019年4月にオープンしたのが、アジアンスイーツが食べられるお店【茶藝館 Jasmine】。

一見、子連れには無縁なお店に見えるのですが、ちゃんと子供向け設備が整ったお店なんですよ。

タピオカ大好きな私にとっては、ホント嬉しいお店ができたな〜(^^)!

「茶藝館 Jasmine」について

「茶藝館 Jasmine」の場所・定休日・営業時間

「茶藝館 Jasmine」の場所は、富山駅北「オーバードホール」のあるビルの1階。

1階にはいくつか飲食店があるのですが、「茶藝館 Jasmine」は建物の奥まった場所にあります。

確か前は「cafe Urban view(カフェアーバンビュー)」という、軽食もできるカフェだったと思います。

たんぽぽコーヒーが飲める店で、妊婦の頃たまに行っていました…(´ω`)。

「茶藝館 Jasmine」になってからは、メニューも内装もアジアな雰囲気に変身していますよ(^^)!

【営業時間】は、11:00 ~ 18:00(L.O.17:00)、

【定休日】は、月曜日です。

「茶藝館 Jasmine」のメニューと注文方法

「茶藝館 Jasmine」はアジアンスイーツをメインにしたお店で、お昼にはランチもできます。

こちらがメニュー。

メニューの初めには、九份芋圓(きゅうふんいもえん)と書いてあります。

九份とは台湾の地名で、芋圓とは里芋から作られるお菓子のこと。

九份芋圓とは、芋圓をはじめ様々な具材が入った「具だくさんおしるこ」のようなスイーツです。

メニューに具材が細かく表記されているので、食べてみたい素材を選んで注文しましょう。

冷たいものか暖かいものかも選べるので、夏は涼しく、冬は温まることができそうですね。

また、こちらも見慣れない表記「伝統豆花(でんとうどうふぁ)」。

まだ食べていないのですが・・・豆腐のスイーツなのかな?

その隣の「台湾 雪花氷」=かき氷も美味しそうですね。

そして、豊富なタピオカドリンクのラインナップ!

店員さんによると、「盆栽ミルクティ」がオススメなのだそうです。

この他にも、台湾茶やパフェ、コーヒーなどのソフトドリンクもいただくことができます。

ところで「茶藝館 Jasmine」の注文方法なのですが、お店に入ってすぐカウンターがあるので、そちらで先に注文・会計します。

座って待っていても注文を取りに来てもらえないので、ご注意くださいね(^^;)。

「茶藝館 Jasmine」で子供とオヤツを食べてきた+ランチ情報

「茶藝館 Jasmine」のお店&設備

「アーバンプレイス」に入って中ほどに、「茶藝館 Jasmine」があります。

店内のところどころに、台湾風の装飾がされています。

あまり「こってりアジア!」な雰囲気じゃなくて、入りやすかったですよ(^^)!

まず、カウンターにて注文。

この日は暑かったので冷たい「芋圓3号」を注文しました。

サイズ感がわからなかったので、息子とシェアすることに。

席はすべてテーブル席です。

子供設備として、子供椅子・取り分け用食器・お店のすぐ横にオムツ替えベッドのあるトイレがあります。

こちらは、店の隣にあるトイレ内オムツ替えベッド。

急なオムツ替えシーンにも対応できますよ!

子供と一緒に「九份芋圓」!

こちらが「九份芋圓3号」です!

内容は、芋圓(白・紫)・小豆・ハトムギ・タピオカ。

別のお皿に、ミルクフレッシュと中国茶が添えられています。

食べてみると、さっぱりと優しい甘み。

そのままでも美味しいけれど、ミルクフレッシュを入れると柔らかいクリームおしるこになります。

芋圓は初めて食べましたが、口当たりがもっちもち!

日本のお餅より粘性が低く、硬めで弾力があります。

小豆もハトムギも、黒糖の優しい甘さに包まれてスイスイと口の中に消えて行きました。

こってりした洋菓子もいいけど、さらりとした甘味が食べたい!そんな時におすすめしたいスイーツです!

さて息子はというと、とりわけた小皿から芋圓を取り出しては夢中で食べていました。

最近「もちもち」が好きなんですよねえ・・・。

その理論で、もちもち食感のタピオカも大好きです・・・

が、

なぜかハトムギだけ、避けて食べてるっΣ(・◇・;)!

「ハトムギも食べようよ~!」といっても頑なに拒否されました。

他の具と味は一緒なんだけどなあ・・・。

しょうがないので、ハトムギは私が美味しくいただきました。

「茶藝館 Jasmine」のランチ

ここからは、アジアンフード大好きな私が一人で行ってきたランチレポ。

「茶藝館Jasmine」のランチタイムは、11:00~15:00。

本日のランチは、「海南鶏飯」。

●「海南鶏飯」&デザート&中国茶付き→850円。

●「海南鶏飯」&デザート&中国茶&お持ち帰りコーヒー付→ 950円

●「海南鶏飯」&デザート&中国茶&タピオカミルクティー付→ 1280円

この店に来て、タピオカを注文しないなんてありえないので、タピオカミルクティ付きのセットにしました。

こちらが「海南鶏飯」のランチです!

前方が、鶏肉につける薬味3種。

右手の黄色いのが、ショウガとネギの香りのする薬味。

真ん中がねっとり甘いチリソース。

左が醤油っぽいけど醤油じゃない謎のソースです。

喉の奥になんとなく黒糖っぽい香りが残る、塩味のソース(誰か分析して)。

柔らかく茹でられた(蒸された?)鶏肉は、ヘルシーな見た目ですが、ぱさぱさ感ゼロ。

柔らかく食べやすいです。

パクチーが乗ったお米は、醤油で炊いたお米(タイ米)。

食べ始めはちょうどいい塩味なのですが、食べ進めていくと私には少し塩辛く感じました。

濃い目の味付けが好きな人には、美味しく食べられると思います(夏にもよさそう)。

マンゴープリンはプルプル&クリーミーで、美味しかったです!

さてさて、デザートのタピオカミルクティ。

かなりのボリュームです(^^)!

中にはタピオカもたっぷり入っていました。

「茶藝館 Jasmine」のタピオカは、適度な硬さの芯がある、もちもちの歯ごたえ。

コンビニスイーツに入っている、全部柔らかいものとは一線を画していますよ!

ミルクティも、甘すぎず、甘くなさすぎずの絶妙な味。

タピオカミルクティ好きのあなたに、ぜひオススメしたいです!

さてさて、強いてお店に難癖つけるなら・・・BGMの洋楽がまったくお店の雰囲気に合っていないところでしょうか。

せっかくなので、アジアっぽい音楽にしてくれまいか。

「茶藝館 Jasmine」まとめ

「茶藝館 Jasmine」は珍しい台湾スイーツをいただくことができる、富山では珍しいお店です。

優しい甘さのスイーツは、ママにも子供にもオススメですよ!

ランチは・・・少々大人向けかも知れません(^^;。

ぜひ駅北に遊びに来た折には、「茶藝館 Jasmine」で美味しい台湾スイーツに挑戦してみてくださいね!

「茶藝館 Jasmine」インスタグラム→@chageikanjasmine

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り(店となり)
オススメ年齢 よちよち~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「茶藝館 Jasmine」施設詳細

施設名 茶藝館 Jasmine
所在地 富山市牛島町18-7 アーバンプレイス 1階
駐車場 アーバンプレイス地下駐車場
電話番号 076-443-1040
営業時間 11:00 ~ 18:00 (L.O.17:00)
定休日 月曜
公式HP 茶藝館 Jasmine公式サイト
地図