富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




富山子供連れ遊び場・雨の屋内施設【光陽もなみ保育園子育て支援センター】

赤ちゃんを連れてると、どうしてもお出かけするのが不安で、引きこもっちゃう…(ToT)。

なんてことありませんか?

私は子供が生まれてしばらくは、子供と2人で出かけることがありませんでした。
出先で何かあったら困るので(ToT)。

でも引きこもってばかりだと、疲れちゃうんですよね。

子連れで安心して出かけられる場所はないかな?と探していて、見つけたのが「子育て支援センター」!
子供を遊ばせつつ、子育て相談もできる、ママにありがたい施設なんです。

富山市布瀬にある【光陽もなみ子育て支援センター】は、小さい子とママがほっこり安心して過ごすことができる遊び場です(*´꒳`*)。
二人きりの子育てにすこし疲れたな〜、と思われたら訪れてみてください(^_^)。

「光陽もなみ保育園子育て支援センター」口コミ体験談

「光陽もなみ保育園子育て支援センター」は、富山市布瀬町にあります。
保育園前の道を通ると、かわいらしい黄色の建物が見えすぐにそれとわかります。
公式HPによると、この色は太陽の恵みの色。
「園と家庭と地域が手を取り合う暖かい愛情の中、お日さまに向かってすくすく伸びていく子どもたちをイメージしている」そうです(^^)。

保育園の前を通ったときに若干びっくりした点は、すぐに「子育て支援センター」の文字がみつからなかったこと(*_*)。

ここの建物でいいのか不安になり、電話してみるとすぐに感じのいい職員さんが出られて、やはり保育園の中に子育て支援センターがあるとのことでした(後ほど園内に入ってよく見たら、掲示板に子育て支援センターのイベントカレンダーが貼ってありました)。

保育園に道を挟んで対面にある駐車場に車を停め、交差点近くの横断歩道を渡って園内へ。

入ると先程電話にでられた職員さんが待っていてくださり、靴箱と子育て支援センターの部屋の場所を教えてもらえました。

「光陽もなみ子育て支援センター」は、光陽もなみ保育園の二階にあります。
外からの光が取り入れられた明るい園内は、新しくて木のぬくもりのある建物。
階段で二階まで登る途中、園児達の楽しげな様子も見られました(^O^)。
保育園二階にあるこぢんまりした2部屋が子育て支援センターになっています。
部屋に入ると廊下のような板の間で、板の間をはさんで左側と右側に部屋があります。

入室すると、はじめは登録が必要とのことで用紙に住所氏名連絡先を記入。
またこの時、体温計で体温を測ります。
37.5分以上は入室禁止とのこと。
色布テープにマジックで名札を作って息子の服に貼り付け、洗面所で手を洗ったら入室です(^O^)。

板の間を挟んで左側はやや広いお部屋。
子供が楽しめるオモチャが置いてあり、テント型のボールプールや、おままごとセット、知育オモチャなどが置いてあります。
こちらの部屋には赤ちゃんを寝かせておくベッドや、オムツ替えベッドも用意されています。
この他、子供が舐めてしまったおもちゃを回収する場所があり、洗浄後滅菌する機械も置いてありました。

右側の部屋は授乳室兼、遊び部屋。
右側の部屋の方が小さく、授乳用のピンクのソファが置いてあり、オモチャもいくつか置いてありました。
この日はイベントのため、小さいほうの部屋は使用できませんでした。

部屋の雰囲気は明るくてよかったのですが、いかんせんうちの元気っ子には若干てぜまに感じました。
子育て支援センターの多くに言えますが、ねんねから~ヨチヨチあんよのあたりに来るのが一番落ち着いて利用できるように思います。
こちらは、もう少し子供が小さい時に来たかった施設(T-T)。
この日いらしていたほかの親子を見ても、0~1歳の小さい子が多かったように思います。

とはいっても、しっかり室内遊びを楽しませていただきました(^O^)。
うちの子はBRIOという、木でできた線路セットの組み立てに夢中に。
携帯電話のオモチャや、お友達の遊んでいたおままごとに参加しに行ったりしていました。。

保育士さんはイベントの日とあって、準備で忙しそうにされていました(^O^:)。
育児相談にのってもらいたい場合は、あらかじめ予約したり、イベントの日を避けるのが良さそうですね。

「光陽もなみ保育園子育て支援センター」の特徴

「光陽もなみ保育園子育て支援センター」の特徴を書いて行きたいと思います。

1.検温や手洗い、オモチャの消毒など、衛生管理がしっかり行われている

保育園の施設ということで、検温をしっかり行っておられました。
手洗いもするようにすすめてくださいます。
専用のオモチャ殺菌マシンが大きくて迫力がありました(^^)。

2.授乳室が広い

授乳室に、座り心地の良い良さそうな長いソファが置かれていました。
部屋も広く、兄弟姉妹で来た場合、下の子を授乳しながら上の子を同じ部屋で遊ばせられそうです

3.ねんねやヨチヨチ歩きの子がのんびり過ごせそう

大きな子とぶつかったりする心配が少ないので、ねんねやハイハイの子を安心して遊ばせられます
小さい子向けのオモチャも充実していて、ボールプールも深さのないタイプのものでした。

4.光陽もなみ保育園の園児の様子が見られる

光陽もなみ保育園の子供達が元気に遊ぶ姿を見ることができます。
こちらに入園を考えておられる方は、ぜひ行って様子を見られたらいいと思います(^O^)。

5.楽しいイベント多数開催

平日10:30から手遊びや紙芝居、絵本の読み聞かせなどが行われています。
また保育園の看護師さんによる育児相談会や身体測定、お茶ができる「おひさまカフェ」、カイロプラクティックやベビーマッサージのイベントもあります(予約のものもあるので要確認)。

「光陽もなみ保育園子育て支援センター」まとめ

「光陽もなみ保育園子育て支援センター」は、明るく温かみのある雰囲気の中、ねんね~よちよち歩きの子供たち&ママたちがのんびりと過ごすことができる施設です。
毎日の手遊び会や、季節のイベントなども楽しそう。
私が行ったのは秋のはじめくらいの時期だったのですが、遠足なども企画されて、園外での活動も積極的に行われているようでした。
親子のほっこり時間を楽しみたい方にオススメの施設です(*^^*)。

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ねんね~よちよち歩き

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「光陽もなみ保育園子育て支援センター」施設詳細

施設名 光陽もなみ保育園子育て支援センター
所在地 富山市布瀬町南2-3-6
駐車場 20台以上
駐車料金 無料
電話番号 076-421-4964
開園時間 AM9:00~PM4:00
休園日 土・日曜、祝日、お盆休み、年末年始
料金 無料
公式HP http://toyamajonankai.mutsumi-gr.jp/k-monami/support/
地図

スポンサードリンク






Pagetop