【コロナ自粛のストレスが辛い親子必見!】子ども食堂・学習支援・悩み相談が融合したイベント【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】の体験談!

<★5月20日更新>まとめに、この活動が行われるまでの経緯を紹介しました。

★開催時間が11:30~13:00 →11:30~12:30に変更されました

2020年5月11日~29日の間、富山県内各地の保育園・こども園前で、【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】が行われます!!

その内容は、「子ども食堂」「学習プリントの配布と添削」「文通での悩み相談」「オンラインでのコミュニケーション」「マスクの無料配布」などさまざま!

しかも子ども食堂以外は、すべて無料で利用できるそうです!

子ども食堂やプリントの配布も嬉しいけれどなんといっても、長引く自粛生活の悩みを子ども自身が相談できるのが嬉しいですね!

悩みを聞いてくれるのは、富山短期大学幼児教育学科に通う学生さん。

子どもが富山短期大学の学生さんと交流できる、貴重な機会になりそうです!

開催地・料金は曜日で変わるので、以下に詳細を紹介しますね!

【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】ではどんなサービスが受けられるの?

子ども食堂(子どもの食事支援)

食事内容

カツサンドや焼きそばパンなど

料金

5/11~5/15  子ども:無料 大人300円
5/18~5/29  子ども:100円 大人300円

食事数

子ども大人合わせて40食。

学習支援

食事を購入した子どもが「学習プリント」を希望し、翌週に持参したら〇つけをしてもらえる。

文通で支援

富山短期大学の学生と、子どもが文通することができます。

悩み相談や、将来の相談などができるそうですよ(^^)。

子どもにとっても、学生さんにとってもお互いコミュニケーションをとる貴重な機会になりそうです。

オンラインでコミュニケーション

web環境があるなら、オンラインでコミュニケーションを取ることもできます。

こちらも学生さんと子どもが通話。

他の子と交流できない時期、短大のお兄さんお姉さんとコミュニケーションをとれるのは嬉しいですね。

【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】を利用する方法

【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】を利用するには、予約が必要です。

(1)以下QRコードを読み込み(LINEかinstagram)、登録します。

(2)「リボン from とやま」さんから連絡が来るので、名前・食事の個数・受け取り時間を伝えます。

(3)当日、受け取りに行きます。

ちなみに、子ども食堂の食事や学習プリントの受け渡しは、「ドライブスルー」「自転車スル―」「ウオークスルー」で行えます。

感染対策もばっちりですね(^^)!

【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】の開催日時・場所・時間

【子ども子育て応援マルシェ】は、曜日によって開催場所が変わります。

場所をしっかりチェックして行きましょうね(^^)!

開催期間

2020年5月11日~29日

開催時間

11:30~13:0012:30に変更されました

開催場所(地図あり)

●月曜日(5月11,18,25日)
ささくら保育園駐車場
(富山県富山市婦中町笹倉106-1)

●火曜日(5月12,19,26日)
わかば保育園駐車場
(富山県富山市堀川町455)

●水曜日(5月13,20,27日)
石金こども園駐車場
(富山県富山市石金3-2-37)

●木曜(5月14,21,28日)
わかくさ保育園駐車場
(富山市町村166の4番地)

●金曜日(5月15,22,29日)
はりはら保育園駐車場
(富山県富山市針原中町847-1)

【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】に行ってきた体験談!

★こちらの章は、2020年5月11日に追記しています。

「子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま」の子ども食堂でパンを購入!

「子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま」の初日、開催とほぼ同時に行ってきました(^^)!

5月11日月曜日の開催場所は、「ささくら保育所」。

保育所方面に行くと…数台ですが、車が行列していました。

待つこと5~10分ほど。

予約の名前を伝えると、お食事セットを用意してもらえました。

学生さん、マスクと手袋で完全防備でしたよ(^^)!

学生さん、ありがとうございます!

ちなみに、わが家は子供1名→無料、大人1名ぶんで300円支払いました。

袋の中身は、焼きそばパン・プチパン(甘めの小さいパン5コ入)・焼きドーナッツ。

こちらのパンは、社会福祉施設セーナー苑さんのパンです。

どのパンもフワフワで、懐かしい感じの味わいでした(^^)。

パン好き息子も大喜びで「美味しい!」と言っていましたよ!

「子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま」で無料の手作りマスク&お手紙セットをもらったよ!

さてさて食事を配布する車の横には、無料マスクの車が。

わが家はドライブスルー利用でしたが、歩いてきているご家族の姿もありました。

いただいたのが、ブルーのミッフィーちゃんマスク(^^)!

かわいいし、しっかりした縫い目でした。

さすが、幼児教育学科!!裁縫能力ゼロの私にはただただ尊敬しかありません。

お手紙も添えられていましたよ!

学生さん、重ね重ねありがとうございます(T0T)!

布マスク、買うと意外と高いんですよね・・・!

ありがたく使わせていただきます(>▽<)!

そして、学生さんと文通できるお手紙セットもゲット!

これに手紙を書いて、来週また持っていけば、お返事がもらえますよ(^^)!

息子、まだひらがなが大分怪しいのですが・・・がんばって書かせてみたいと思います(汗)。

「子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま」で無料の学習プリントがもらえました

さらに車をすすめると、学習プリント配布コーナーへ。

事前に子どもの年齢を伝えてあったので、息子の年齢に会った学習プリントがもらえました。

スーツのお兄さん、ありがとうございます!

・・・と思ったら、富山短期大学講師の明柴先生だった・・・Σ(・◇・)!

先生、ありがとうございます!

こちらが、いただいた4歳児用学習プリントセット。

「ばさっ」って言いそうなくらいの枚数が、ホッチキスで止めてあります(汗)。

来週までに仕上げて持っていくと、学生さんに添削してもらえるそうですよ(^^)!

そして、虐待防止のオレンジリボンもいただきました。

ストレスがたまると、つい子どもにきつく当たってしまうもの。

「虐待かな?」「虐待してしまいそうだな」と思ったら、迷わず専門機関に相談しましょう!

相談窓口があるということを知っているだけでも、安心につながると思います。

こういうイベントに参加して、息抜きするのも大切ですね(^^)!

まとめ:【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】に行ってみよう!

このイベントの主催は「富山短期大学明柴研究所(幼児教育学科)」で、共催が「社会福祉法人ささづ苑(高齢者向施設)」「社会福祉法人セーナー苑(障碍者向施設)」とのことで、3つの組織が絡んだ企画です。

どうして別々の組織が連携してイベントを行うことになったのか気になり、質問してみましたよ!

——ささづ苑吉野様より———————————————————————————-

2つの社会福祉法人(ささづ苑&セーナー苑)は昨年より、「子供支援」「障碍者の自立支援」をテーマに活動してきました。

日々活動する中、新型コロナウイルスが流行し、なんと両方の法人から1名ずつ感染者が出てしまいました。

二次感染は防げたものの、地域の人々に多大な不安と心配をかけてしまったことを残念に思い、「私たちは今後もがんばっていきます!」と示すため、地域貢献活動始めることになりました。

(2020.5.20 北日本新聞朝刊より引用)

富山短大の明柴先生とは、去年防災マップ作成に協力をしてもらった経緯があります。

そこで 明柴先生にも声をおかえし、学生の皆さんも携わる活動ができないか提案をしました。

今回の活動では、以下のように分担しております。

●富山短期大学→ 文通・オンライン・マスク配布・駄菓子配布
●ささづ苑→  学習支援・・配布と添削(様々な会社より使用しても良いと許可を得て配布させてもらっています)
●セ―ナ―苑→ 食支援
—————————————————————————

私たち子を持つ親にとってはただただありがたいイベントですが、活動の裏に様々なドラマがあったんだなあと興味深く聞かせていただきました。

冨山短期大学・ささづ苑・セーナー苑の皆さま、ありがとうございます(^^)!

まだ行ってない方はぜひ、最寄りの保育園・子ども園で開催される日をチェックして、【子ども子育て応援マルシェ リボン from とやま】へ行ってみて下さいね!

開催初期から比べると、お食事メニューが増えているようですよ!