G-SYTLXKK1Q5

【大人のほうが重症!】「プール熱(アデノウイルス)」に親も子供も感染した体験談!

(2023年12月20日更新)

【お知らせ】「コトコトとやま」のFacebookページができました。
最新の更新情報や、おすすめのおでかけ先が知りたい方はフォローをお願いします(^^)! → https://www.facebook.com/KEIKOTOKOTO/

こんにちは。富山県で8歳男児子育て中のアラフォー主婦KEIです。

このブログは、子どもとの日々のお出かけ先に悩むママたちに向けて書いています。

さてさてここしばらく私、今流行りの「プール熱(咽頭結膜熱)」に感染しておりました(>-<)。

「プール熱って子供が感染するもんじゃないの?」と言われそうですが…稀に大人にも感染するそうです。

なかなか強烈な体験だったので、こちらに記録しておきますね。

ちなみに、私がはじめに感染→夫・息子へと家庭内感染させてしまいました。

家庭内隔離など対策したつもりだったけど、ダメだったよ…!

ちなみに、アデノウイルスに感染すると38度以上の熱が出ます。

かなりしんどいので、0歳〜幼稚園児子育て中のお母さんは、悪いことはいわないので他の人の手を借りることを考えたほうがよいですよ…(ベビーシッターサービスの連絡先などチェックしておくとよさそう)。

「プール熱」に親も子供も感染した体験談【大人のほうが大変だった】

0日目【発症前日は超元気】

発症前日はフツーに元気に過ごしました。

買い物したり、家事したり、全く問題なく。

ただ、「なんか耳の前の方に固いしこりがあるぞ」ということに気づきました。

しかし痛くも痒くもなかったのでスルー。

夜間、なんか寒いような暑いようなで眠れず(たぶんこの時点で発熱していた)。

1日目【発熱が急すぎる件】

朝、体温を測ると、まさかの39度∑(・□・;)

この無茶な熱上がりっぷり…さてはインフルだな!?

と、そのときは思ったんだけどハズレてました…。

この時点で、自分隔離スタート。

熱の倦怠感がすごくて、寝ていることしかできない。

その日夫は仕事だったため、実家に子供を預かってもらうことにしました。

そのまま内科へ→先生、顔の一部が赤くなっているのを見て、「もしや帯状疱疹?熱あるし、よくわからないなあ(困)」

インフルも検査したけど、出てこず。

とりあえず帯状疱疹対策で、抗アレルギー剤と解熱鎮痛剤を処方されました。

食欲がまったくないので、ドラッグストアでおかゆと栄養ドリンク購入。

おかゆを食べて薬を飲んで寝ました。

が、熱の寒気と倦怠感で眠れない。

夜になると、耳の下あたりがどんどん腫れてきて、顎を動かすと痛い。

私の場合顔面も腫れたので、女子的にメンタルが下がりました(T-T)。

3日目【高熱アンパンマン】

熱は相変わらず38〜39度台。

解熱鎮痛剤を飲むと、一時的に下がって楽になる。

ウイルスを殺菌するには高い体温を維持し続けるのがいいんだろうけど、しんどすぎてそうも言ってられない。

耳の下の腫れがさらに広がり、ポンポンに。

はれている場所が痛い。

左側の耳の下のから腫れが始まったけど、徐々に右にも感染が広がってる。

首の後ろと後頭部の境目にも瘤状の腫れができて、ちょうど枕にあたってこれまた痛い…。

4日目【家庭内感染】

熱は基本38度台で、体がだるくて動けない。

解熱鎮痛剤を飲むけど、薬が切れると急に発熱、寒気がする。

4時間に1度服用できるんだけど、だいたい3時間で効果が切れるんよね…!

顔の腫れは順調に進行している(T0T)。

とりあえず、「まだ熱があるし家事は夫に丸投げして、家で大人しく寝ていよう!」と思ったのです…が、

 

夕方、急展開。

 

夫から「発熱で会社を早退する」と連絡きました。

夫、帰ってきて熱を測ったら37度半ば。

ちょっと遅れて、実母の家に預けていた子供帰宅。

念のために熱を測ると、37.3度

家庭内感染しちゃいました…(実母に病気の子供を預けてしまったことを平謝り)。

5日目【アンパンマンの空気がちょっと抜けてきた】

5日目にして熱が37度台に下がってきました(^o^)。

相変わらず顔はアンパンマン。

左側の腫れは少しゆるんてきたけど、右はまだ。

顔は赤く、ピリピリ痛痒い。

あと首の後ろのコブもまだ痛いけど、少し痛みが落ち着いてきた。

子供はこれといった症状もなく熱も下がったのですが、念のためしばらくは家で過ごしました。

夫はというと、熱が下がらず会社をお休み。

夫、午前しっかり寝て、昼前にお医者へ。

夫がお医者へ行った結果、「プール熱」の診断が出ました。

これまで何の病気かわからなかったけど、ようやく病名がわかりました。

「プール熱(咽頭結膜熱)」は、今インフルエンザとともにちまたで大流行してるんだって。

ただ、この時点で私と同じ病気が判断がつかなかったので、隔離部屋を2部屋に増やして、夫と息子チームも隔離となりました。

ただ、私に比べると夫も息子も熱はそこそこしか上がらず、食欲もあったのでフツーにご飯を食べていました。

明日は私の感染力がなくなる予定の日。

腫れ引いてないけどいいのか??

家でマスクをつけていたけど、皮膚が敏感になっていてマスクが当たると痛い(T0T)。

【プール熱とはどんな病気?】

さてここで、プール熱(咽頭結膜熱)について【Medical Note】さんのサイトを参考に、どんな原因・症状なのかまとめておきます。

【原因】

 

咽頭結膜熱は、約70種類発見されているアデノウイルスのうち、3型、4型、7型などに感染することによって発症します。

 

アデノウイルスは主に飛沫感染と接触感染を引き起こすことが分かっています。

Medical Note公式サイトより引用)

プール熱(咽頭結膜熱)は「アデノウイルス」に感染することで発症するんだって。

【症状】

 

咽頭結膜熱は、原因となるアデノウイルスに感染してから5~7日ほどの潜伏期間を経て、38~39℃の発熱のどの痛み結膜炎を発症するのが特徴です。

 

通常、結膜炎は感染が生じた片方の目のみに発症しますが、1~2日ほどでもう片方の目にもウイルスがうつって症状が現れます。

 

この病気は結膜炎による目の充血、目の痛み、涙、まぶしさ、眼脂(目ヤニ)などの症状が強く現れ、瞼のむくみなどもひどくなりますが、3~5日ほどで自然に回復していきます。

 

そのほか、症状がある期間には頭痛食欲不振だるさ首のリンパ節の腫れと痛みなどの症状を伴うことも少なくありません。

 

通常は目の機能などに後遺症を残すこともなく、何らかの合併症を併発することはありませんが、新生児は重症化しやすいとされています。

Medical Note公式サイトより引用)

わが家では「結膜炎」の症状は見られませんでした。でも、発熱、頭痛、首のリンパ節の腫れなど多数該当する症状がでましたよ。

【治療】

 

アデノウイルスに対する抗ウイルス薬は開発されていないのが現状です。

 

そのため、咽頭結膜熱を根本的に治す方法は現在のところありません。

 

治療は、発熱に対する解熱剤、のどの痛みに対する鎮痛剤、目の渇きに対する目薬などそれぞれの症状を改善するための対症療法が主体となります。

 

咽頭結膜熱は重症化することは少ないですが、乳幼児などではのどの痛みが強いために十分な哺乳ができずに脱水に至るケースもあります。

 

そのような場合には点滴治療が必要になることも少なくありません。

Medical Note公式サイトより引用)

治療薬はないので、ひたすら薬を飲んで耐えるしかない病気なようです…。乳幼児の脱水には要注意!

【予防】

 

咽頭結膜熱の原因となるアデノウイルスは、飛沫感染接触感染によって感染が拡がります。

 

飛沫感染とは、ウイルスが含まれる感染者の咳やくしゃみのしぶきを近くの人が吸い込んでしまうことによって感染する経路のことです。

 

一方、接触感染とは、感染者が排泄したウイルスが付着したものに触れ、その手で鼻や口を触ることによって感染する経路のことです。

 

飛沫感染を防ぐには、感染者との密接な接触を避けてマスクを着用することが大切です。

 

一方、接触感染は手洗いや手指消毒を徹底すること、タオルや寝具、食器の共用を避けること、ウイルスが付着している可能性がある部位を消毒することが大切です。

 

消毒にはアルコールが効きにくいため、漂白剤などに含まれる次亜塩素酸を使用することがすすめられます。

Medical Note公式サイトより引用)

家庭内だと、飛沫感染も接触感染もおこりがちですね…。できる限り気を付けましょう(ダメだったけど)。

6日目【セルフ監禁最終日】

平熱に下がったけど、倦怠感と頭痛は続行。

もちろん顔の腫れと赤みも引かない(とほほ)。

だいぶん腫れは引いてきたけど、痛みの後遺症で、ピリピリする痒みがまだ残っている。

夫も子どもも、熱が下がったので出勤&登校。

生活が通常モードに戻りつつあるな…と思ったのですが、夫、その夜37.7度+頭痛に

7日目【夫、再び寝込む】

顔の腫れはまだ残っているけど、夫のほうが重症になりお世話係交代。

夫、頭痛と発熱。

熱はたいしたことないけど、頭痛が治らないそうな。

病院から処方された薬を飲んでお昼まで寝たら、頭痛が良くなったそう。

8日目【いつもの生活に戻った…と思ったら】

私の顔の腫れが、ほぼ治った。

夫も症状がなくなったので出社。

ほぼ、生活が平常に戻ったと、ほっと胸をなでおろした…と思ったら、

私の熱が下がったあたりから、少しずつ喉に風邪症状が現れてきました。

喉がかすれて話しにくい。

9日目【声が出ない】

喉が順調に?悪化。

完全に声が出ない。

もっとも、体は比較的楽なので家事はできる。

11日目【声の涸れから咳へ移行(T0T)】

喉のかれが少し収まった…と思ったら今度は咳が出てきた。

喘息のような咳が出て、止まらなくなって困る。

12日目【咳の症状続行】←イマココ

病院で、咳止め・風邪薬を処方してもらう。

薬を飲んでいるけど…イマイチ効果が見られない。

夜に咳が続いて、睡眠不足。

とりあえず処方されたぶんを飲みきったら、またお医者へ行ってきます(>-<)。

「プール熱」に親も子供も感染した体験談まとめ

「年をとったら風邪が治りにくい」とはよく聞く言葉ですが、一つの風邪を2週間もひっぱるのは初めてです(>-<)。

私にあらわれた症状で、特にしんどかったのは、

・39 度近くの発熱×3日
・顔や後頭部の腫れ
・熱がひいてからの咳

以上3つでした(咳に関しては今も出てる)。

特に大人の39度は、本気で行動不能になります。

プール熱に大人が感染するのは珍しいそうですが、今、インフルエンザと一緒に流行っているそうですよ。

くれぐれも皆様におかれましては、体調にはお気をつけくださいね。

 

PAGE TOP