子供と一緒に富山駅北から【環水公園の遊覧船】&【路面電車ポートラム】での乗り物観光を楽しむ方法!

こんにちは!KEI@3歳の男の子子育て中の富山県在住主婦です(^^)。

「子供にいろんな体験をさせてあげたい!」

そんな風に思うママ、多いと思います(^^)!

子供が落ちついてきて、座っていられる時間が長くなってきたら・・・

お子さんと一緒に、60分の船旅に挑戦してみませんか?

富山の有名観光地「環水公園」から港町「岩瀬」まで、遊覧船(正式な名前「富岩水上ライン」)で船旅が楽しめるんです(^^)!

また、環水公園〜岩瀬の往復の旅では、片道をカッコイイ路面電車「ポートラム(別名ライトレール)」に乗ることもできますよ!

乗り物大好きな子に、めっちゃオススメの観光コースです!

★「富岩水上ライン」の概要については以下記事の方に書いているので、ご参照下さい。
【関連記事】

富山子供連れの遊び場・環水公園の遊覧船で気軽に20分クルージング!体験談【0~3歳児向け】

遊覧船「富岩水上ライン」Aコース(環水公園→岩瀬)について

「富岩水上ライン」Aコースの魅力

さて遊覧船「富岩水上ライン」には、Aコース(環水公園→岩瀬)、Bコース(岩瀬→環水公園)、「周遊コース」(環水公園内1周)など様々な遊覧コースがあります。

今回は一番人気(たぶん)のAコース「環水公園~岩瀬」の旅を紹介したいと思います。

Aコースは片道が60分と、のんびりと船旅を楽しめるコースですよ。

料金は、乗船代+復路のポートラム片道券が含まれて1500円(小学生は半額)。

Aコースの特徴は、「岩瀬閘門」で高さの違う運河を移動する「水のエレベーター」が体験できるところです。

また、オシャレなデザインの遊覧船、「fugan」や「kansui」に乗ることができるのもAコースの魅力ですよ!

(写真は「kansui」)

「富岩水上ライン」Aコースのチケット料金・売場・予約・時刻表

Aコースについての、料金等詳細をまとめておきますね。

【料金】

・大人 1500円(ポートラム片道券付)
・小学生 750円(ポートラム片道券付)
・小学生未満 無料

【チケット売場】

Aコースのチケット売り場は、環水公園の中の乗船場付近にあります。

チケット売場・乗船場の場所き方については、後の体験談にて詳しく書きますね。

【チケットの予約について】

実はここで特に伝えたいのが、乗船チケットがインターネットで予約できることです。

長期休暇などの人気の時期は満席も出るそうなので、「絶対乗りたい!」と思う方は早めに予約しておいたほうが良さそうです。

ちなみに、ネットでできるのは席の確保のみ。

当日、乗船チケット売場での精算・発券となるので、時間に余裕を持って発券手続きをしましょうね。

乗船チケットを予約できる「富岩水上ライン」公式サイトは、こちらのページをご覧ください。

【時刻表】

そして「富岩水上ライン」の時刻表が掲載されているページが、こちらです。

時刻表がたくさんありますが、「環水公園発」という表をチェックしてくださいね。

季節によって魅力的な臨時便が出るので、合わせてご覧ください(^^)。

乗ったことはないのですが、ジャズの演奏を聴きながらクルージングを楽しむことができるオシャレ便があるのだとか・・・。

乗ってみたい~(^^)!

「富岩水上ライン」Aコース【環水公園→岩瀬→富山駅北】体験談

富山駅北口→環水公園への徒歩での行き方

最近、他県の観光客の方々からお問い合わせがくるので、富山駅北口→環水公園まで徒歩で行く方法を案内しておきますね。

新幹線の改札から出て、右手に「富山駅北口」に出る通路があります。

通路を出ると、富山駅北口。

出口を出るとすぐ、ポートラムの乗り場が見えます。

ポートラム乗り場を横目に、正面大通りをひたすら直進します。

白いテントが見えたら左折。

茶色の建物「自遊館」のある広場を直進します。

環水公園に到着!

だいたい大人の足で、10~15分かかります。

環水公園~乗船チケット売場(乗り場へ)への行き方

こちらが、環水公園のマップ。

乗船チケット売場&乗船場は、赤マルを付けた場所です。

現在地は、マップの一番下「富山駅↓」と書かれた場所。

ここから右手に行くと「スターバックス」へ、左手に行くと乗船場に着きます(天門橋を渡ってスタバ→乗船場にも行くこともできます)。

とりあえず、乗船場をめざして左手へ。

道中、環水公園の美しい景観をお楽しみくださいね。

階段を上って、

さらに降りると、乗船場が見えてきます。

乗船チケット売り場&乗船場に到着!

こちらが乗船チケットです。

ちなみに、チケット売り場の奥の建物は待合室です。

中にベンチがあるので、出航まで時間があまったらこちらで過ごすこともできますよ。

そして乗船チケット売場の目の前が、乗船場です。

ちなみに、環水公園入口から乗船所までは、大人の足で5分強ほどかかります。

子供連れだともっとかかると思うので、時間に余裕を持って行動しましょう(^^;)!

「富岩水上ライン」Aコースを子供と船旅

船に乗ると、初めに子供用ライフジャケットを貸してもらえます。

大人のは座席に置いてあるので、各々着用。

船内は広々していて、両サイドの席には2~3人ずつ座ることができます。

両側に大きな窓があり風景がよく見えます。

座席には簡単なテーブルもあるので、お菓子やお茶、お弁当持参で食べながら風景を楽しむことができますよ(^^)!

船の後ろ部分は、デッキになっています。

まだ寒い時期なので、ビニールがはってありましたが、暖かい時期になれば取り払われるのかもしれません。

船には、ガイドさんが同乗していて、船や川の歴史などをがっつり説明してくれますよ。

息子も、船から見える海の景色や他の船を興味深そうに眺めていました・・・

・・・15分くらいは(-0-;)。

大人は、川辺の景色を楽しんだり、ガイドさんの話を聞いたりと楽しめるのですが・・・。

子供は、わりとすぐ飽きました(-0-;)。

というのも、川辺の景色ってそんなに変化がないんですよね…。

飽きると他の人の席に遊びに行ったり、デッキをチョロチョロ歩き回ったり。

まあ、自由に歩いていいんですけどね(^^;)。

走り回りそうな子には、あらかじめ「船で走っちゃダメ」など注意しておくのもいいかも・・・。

ちなみに息子は、同じく暇になったお兄ちゃんにくっついて遊んでもらっていました。

お兄ちゃん、ありがとう!!

というわけで、なにせ60分なので、子供の暇対策は十分にしていくといいと思います。

時間にもよりますが、がっつり船内でランチ!もいいと思いますよ!

「中島閘門」の「水のエレベーター」体験!

「富岩水上ライン」の途中には、「中島閘門」という場所があります。

ちなみに以下が、水のエレベーターの仕組み。

(1)高い方の川から、船を仕切りのある部屋に入れる

(2)部屋の水を抜いて水位を下げる

(3)低い川に移動する

というステップなんだそうです。

窓の先に見えるのが、部屋の入り口です。

部屋の前後を、頑丈そうな門で閉められます。

水が少なくなるまでの間、閉じ込められた状態で5~10分ほど?待機します。

船に乗ったまま高低差を移動するなんて、興味深い体験ですよ!

待ってるだけなので、若干ヒマですが。

「中島閘門」待機中は、他のお客さんも暇なので船内を歩き回っていました。

息子は、船の操縦席に興味津々でしたよ(^^)!

操縦席をじっくり観察していました。

無事、「中島閘門」を抜けると、通行証明カードがもらえます。

説明書きの単語がマニアックすぎて、よくわからんちゃ・・・。

岩瀬に入港~「カナル会館」を楽しむ

水のエレベーター通過後、引き続き船に乗って終点「岩瀬」に到着。

ちなみに、岩瀬発の「Bコース」の場合はこちらから乗船します。

岩瀬の乗船場付近には、小舟がたくさん並んでいました。

いかにも港町!という雰囲気です。

この周辺は水辺散歩が楽しい場所なのですが、水辺に柵がないので小さい子が川に落ちないように気を付けてくださいね。

船を降りてすぐの場所に、「カナル会館」という建物があります。

こちらは建物正面から撮った写真です。

「カナル会館」には、お土産売り場や、飲食店、ベンチ、トイレがあるので、路面電車ポートラムに乗るまでの時間を思い思いに過ごすことができます(^^)。

こちらはお土産コーナー。

富山土産や、岩瀬土産、軽食や民芸品を買うことができます。

私のオススメは、高級煎餅のわれせん!

お土産にすると喜ばれる「有磯煎餅」のわれせんが、200円台で買うことができるのです(割れてないギフト品だと1500~2500円くらいする)!

これは、たくさん買って配りたいレベル!

割れてても味は変わらず美味しいですよ~(タイミングが悪いと売ってないことも・・・T0T)♪

また、ベンチコーナーで一休みすることができます。

ベンチコーナーの隣では、魅惑の多色ソフトクリームが販売されていますよ。

ソフトクリームの選択肢がすごい!

息子がソフトクリームコーナーから動かなくなったので、買う羽目になりました・・・。

ブルーベリーヨーグルトのソフトクリーム、美味しかったです!

他にも抹茶やら杏仁豆腐やら、目移りする品ぞろえでした。

一息ついたら、2階に展示コーナーがあるそうなので、行ってみることにしました。

なにやら、廊下周辺に様々な作品が並んでいます。

なにやら岩瀬っぽい作品が並んでいますが、特に見なくてもいいかな

ただ、2階に上がってよかった点がありました(^^)。

2階に、キレイで明るいトイレを発見!

実は「カナル会館」1階のトイレは外にあって、冬場は寒いのです。

「外のトイレはちょっと・・・」と思われる方は、2階に上がってみてくださいね。

ちなみにオムツ替えベッド等、ベビーケア設備はありませんでした(T-T)。

カナル会館について詳しく知りたい方は以下ページをご覧くださいね。→岩瀬カナル会館公式サイト

ところで「岩瀬には観光するところがないの?」と思われるかもしれません。

もちろんありますよ!

ただ、「カナル会館」からは若干距離があるので、子連れだとなかなか大変です。

岩瀬観光に関しては、またの機会に書かせていただきますね。

路面電車ポートラムで「岩瀬浜~富山駅北」へ

「カナル会館」でお買い物を楽しんだら、帰路につきましょう。

地図を表記する必要もないくらい近いのですが、一応「カナル会館」からポートラム「岩瀬浜」駅までの道のりです。

「カナル会館」正面出口(船から降りて入ったのは裏口)から建物を出て、駐車場をつっきって直進します。

階段のある東屋を曲がって、細い道に入ります。

これはポートラム駅側から撮った通路の写真です。

「カナル会館」から「岩瀬浜」駅までは、大人の足で5分程度。

駅近くにはトイレもあるので、子供の急なトイレにも対応できますよ!

こちらが岩瀬浜駅&ポートラムです。

ポートラムは15分ごとに発着しているので、好きな時間に乗ることができるのが魅力です(^^)。

★ポートラム「岩瀬浜」駅からの時刻表はコチラ(2019年4月)。

終点の「富山駅北」までの乗車時間は、約25分です。

車両の中には大きな窓があり、風景がよく見えます。

料金は大人200円、小学生100円、小学生未満は無料です。

料金は、電車を降りるときに払います。

もっとも、運転手さんに乗船チケットを見せれば全員無料ですが。

ポートラムは前後に運転席があるので、使われていないほうの運転席をがっつり見ることができますよ!

ポートラムは振動が少く、音も静かな路面電車です。

快適な車内で、街中の風景をお楽しみくださいね(^^)!

さてポートラムの終点は、「富山駅北」駅。

「富山駅北」からは、新幹線や在来線にすぐ乗ることができるので、観光客や公共交通機関利用者には、とっても便利ですよ!

もっとも、車で来た場合は環水公園の駐車場までもどらないといけないので、ちょっと面倒ですけど・・・(^^;)。

「富岩水上ライン」で船&ポートラムの旅まとめ

富山駅北を出発して、環水公園で乗船、岩瀬からポートラムにのって駅に帰ってくるという小旅行を楽しんできました。

船と路面電車に乗ることができて、乗り物大好き息子はかなり満足した様子(^^)!

ただ注意点としては、船旅60分の子供暇対策はしっかりやっておいた方が良さそうです。

特に、美味しいおやつや軽食をもっていって、船内の時間を楽しむのはオススメですよ(^^)。

親も、美味しいものを食べながらのんびりできますし!

休日でもあちこち引っ張りまわされて、なかなか休めない子連れお出かけ。

上手に乗り物を利用して、親は体力温存しましょうね(^^;)!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 船内には無し。公園内には有り
オススメ年齢 0歳~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「富岩水上ライン」Aコース詳細

コース名 「富岩水上ライン」Aコース
乗り場 環水公園内「富岩水上ライン」乗り場
料金 大人1500円、小学生750円、小学生未満無料
電話番号  076-482-4116(受付時間9:00~17:00)
定休日 なし
公式サイト 「富岩水上ライン」公式サイト
地図