【2018となみチューリップフェア】美しい花と楽しい遊具。ママも子供も楽しめる!

お子さん、植物は好きですか?

うちの子はわりかし、道端のタンポポや草をみつけては立ち止まって、触ったり観察したりしています。

お花が好きなんだなと思い、ゴールデンウィークは富山県の花「チューリップ」が咲き誇るイベント、【2018となみチューリップフェア】に行くことにしました。

広い公園に色とりどりのチューリップが咲き乱れる、花好きならぜひとも行きたい癒し系イベントです。

「2018となみチューリップフェア」口コミ体験談

「2018となみチューリップフェア」の駐車場~入場料金

駐車場については、少々説明が難しいです(>-<)。

なんと、「2018となみチューリップフェア」期間中は、会場である「チューリップ公園」の駐車場に駐車できないんです!

「チューリップ公園」の駐車場は、テーブル・椅子が設置されて、休憩スペースになっています。

また、イベント開催時期はあちこちで道路を封鎖していて、会場に近づくまでにやはり戸惑いました。

公式HPにも駐車場に関しては、詳しく書かれておらず、現地でなんとかみつけないといけません(>-<)。

では、どこに駐車するかというと、会場周辺の指定駐車場に停めます。

わが家は「東門」付近の駐車場に停めました(狙ったわけではなく、「駐車場」と旗が立っていてた)。

指定駐車場の利用料金はどの駐車場でも同じで、普通車なら利用料金は500円です。

何時間でも停めることができますよ。

ちなみに、わが家が会場に行ったのはオープン直後の8:30ごろ。

駐車場はすでに8割がた埋まっていて、その後も次々と車が入ってきていました。

おそらくあと数十分で満車になっていたと思います。

「2018となみチューリップフェア」の開園時間は早いので、近くの駐車場を確保したい方は、早めに行ったほうがいいかもしれません。

駐車場からは、花壇の続く道を5分ほど歩いたら会場に到着しました。

こちらが「2018となみチューリップフェア」の東口。

料金は、高校生以上が1000円、小中学生が300円です。

夫と私と息子で行ったので、大人2名で2000円でした。

「2018となみチューリップフェア」の見どころ

「2018となみチューリップフェア」の見どころは、もちろん色とりどりのチューリップたち。

チューリップをより魅力的に見せるために、様々な展示がしてあります。

花の間を走り回る息子。

花は・・・あまり見てないみたいです…(ガーン)(T-T)。

【見どころ1】チューリップタワー

チューリップフェアの、シンボル的な場所です。

高さのあるチューリップの形をした塔。

写真スポットを求めて、行列ができていました。

待つのがめんどうだったため、外観のみ鑑賞しました。

上から花壇を見ると、花壇が模様になっているそうですよ。

【見どころ2】花の大谷

両側が高い雪の壁で囲まれた道「雪の大谷」を、花で表現した花壇。

こちらは行列が短かったため、見に行きました。

高い壁から押し寄せるような白いチューリップは、迫力がありました(^^)。

こちらもみなさん、写真撮影に夢中でしたよ。

【見どころ3】チューリップ四季彩館

中には、珍しいチューリップが展示されています。

球根の予約販売も、行われていました。

館内に、家が建っていて中に入ると・・・

マスコットキャラクターの「チューリくん」と「リップちゃん」がくつろいでいました。

お土産物の販売、カフェもあるので、帰りに寄りたい場所です。

カフェ「かくれ屋」のカウンター。

先にお金を払って、商品を受け取るタイプです。

チューリップソフトや、日本酒ケーキなど、販売されています。

こちら、チューリップソフト。

一口食べると、花の香りが口の中に広がります。

ソフトクリームは、甘さ控えめで食べやすかったです(^^)。

花の香+食品が好きな人にはオススメ。

苦手な人は、素直にバニラを食べましょうね。

【見どころ4】大花壇

奥行きも横幅もあるチューリップの花壇。

花壇の間の通路をあるくと、まさに色の洪水という雰囲気。

こちらも人気撮影スポットで、海外の観光客の姿が多かったです。

【見どころ5】B級グルメ

「チューリップラーメン」「チューリップオムライス」など、会場限定のグルメを食べることができます。

チューリップラーメンは、麺がピンクらしい・・・。

興味はありましたが、お昼には早かったのでやめておきました。

【見どころ6】毎日内容が変わるステージ

私たちが行った日には、自衛隊によるブラスバンド演奏が行われていました。

お客さんも多く、盛り上がっていましたよ。

ステージ付近には「チューリくん」と「リップちゃん」の姿が。

せっかくなので、写真を撮ってもらいました。

もちろん、子供は怖がってなきましたよ!

「2018となみチューリップフェア」の遊具広場

大人はチューリップの華やかな様子にウキウキすると思いますが・・・。

子供は案外、花に興味がなかったりするんですよね(T-T)。

息子は、チューリップにはほとんど興味がなかったようで、会場を走ったり、階段に上りたがったりのほうに夢中でした。

そんな息子が飛びついたのが、チューリップ公園内にある遊具。

正直チューリップ公園て、チューリップしかないんじゃないの?と思っていました。

でもいざ行ってみると、子供が喜ぶ遊具のある広場が2つもあるんです(^^)!

遊具広場の場所は、下記MAPをご覧ください。

(MAPは会場内の地図に加筆したものです)

【遊具広場1】チューリップ四季彩館の近くにある遊具広場

チューリップのデザインが取り入れられた、低めの滑り台。

こちらは、高さのある滑り台です。

初めは親と一緒じゃないといやがりましたが、慣れたら一人で滑っていました。

ミニゲームのできる遊具や、ゆらゆら遊具もありました。

【遊具広場2】小さいな滑り台と、ブランコなどの遊具がならぶ広場。

小さい滑り台や、ブランコなどが置いてありました。

ブランコも人気がありましたよ(^^)。

この近くには、蒸気機関車の展示もしてありました。

【番外 有料遊具】東門付近の広場にて、有料遊具がありました。

残念ながら、10時前は準備中でした。

ちょっと遊びたかったけど…5分300円は、ちょっと高いかな~!

「2018となみチューリップフェア」の子連れに優しい施設

「2018となみチューリップフェア」には、3カ所に授乳室・オムツ替えベッドがあります。

下記地図にしるしのついている、「砺波市文化会館」「砺波市美術館」「チューリップ四季彩館」の3カ所です。

こちらがチューリップ四季彩館の、授乳室&オムツ替えベッドルームの入り口。

キレイに整えられた、授乳室。

こちらは、同じ室内にあるオムツ替えベッドです。

授乳室・オムツ替えベッドのある「砺波市美術館」。

無料で入場できます。

トイレにはオムツ替えベッドがついています。

授乳室は受付に申し出ると、案内してもらえるそうです。

また、合掌造りの「旧中嶋家」が無料休憩スペースになっていました。

囲炉裏を囲んで、お茶をいただくことができます。

休憩する人で、ごった返していますが、靴を脱いで畳の部屋で休憩できるのが嬉しかったです。

息子は囲炉裏の火を、興味深そうに観察していました。

おいしそうなお餅の販売も行われていました。

1つ100円でお買い得!

「旧中嶋家」のような休憩所の他に、会場内あちこりにベンチがあり、子供が疲れたらすぐに休ませることができて便利でした。

「2018となみチューリップフェア」まとめ

わが家が「2018となみチューリップフェア」の会場に着いたのは、開園直後の8:40ごろ。

オープン直後とあって、はじめはスイスイ歩けていました。

しかし、10時も近づくころにはコミコミで、「チューリップタワー」や「花の大谷」には行列が。

人が増えると、息子も歩きにくくて、ちょっと不安そうにしていました。

人も多いし、会場も広いので、人混みにビックリする子や、歩きなれてない子には少し負担かもしれません。

とはいっても、色鮮やかなチューリップの花畑は、本当にキレイでした!

生命力あふれる美しい光景に、パワーをもらえますよ!

うちの子のように、チューリップに興味ない子はタイクツがるかもしれませんが、遊具で遊ばせたり、グルメを楽しんだりして、大人の癒しタイムに付き合ってもらいましょう!

鮮やかな思い出の写真が撮れることは、間違いないですよ(^^)!

ワンオペ難易度 ★★★
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 テクテク~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「2018となみチューリップフェア」詳細

イベント名 2018となみチューリップフェア
所在地 富山県砺波市花園町1-32
駐車場 約3,700台
電話番号 076-333-7716
開園時間 AM8:30~PM5:30
開催期間 2018年4月20日~5月5日
公式HP http://fair.tulipfair.or.jp/
地図