子供連れの遊び場をお得に利用できる【富山市年間パスポート】がおすすめ!!

こんにちは!KEI@3歳の男の子子育て中の富山県在住主婦です(^^)。

ママの皆さん、富山市にある博物館系施設で使える「富山市年間パスポート」の存在をご存知ですか?

正式名称は「富山市博物館等共通パスポート」という、長ったらしい名前です(長いので以後「富山市年間パスポート」と表記)。

このブログでもちょいちょい登場しますが、この「富山市年間パスポート」は、めっちゃお得アイテムなのです!!

価格は1500円で、富山市の動物園・博物館などの14施設を、1年間無料で何度でも利用することができるんです(^^)!

「子供が小さいから結局行かなくて損するのでは?」

「元がとれるかな・・・?」

「対象になっている施設に興味がないのだけど?」

と不安に思われるママにも、「富山市年間パスポート」の魅力を知っていただきたいです!

またいつも使っているよとというママ、新たに割引券として使用できる施設が増えているのはご存知でしょうか?

新情報や私が行ったことのある施設についても書いているので、ぜひ読んでみて下さいね。

「富山市年間パスポート」は、富山の子育てにめっちゃ役に立ちますよ!!

「富山市年間パスポート」とは?

「富山市年間パスポート」概要

「富山市年間パスポート」とは、富山市が運営している博物館など14施設で、1年間何度でも無料で利用できるパスポートです(パスポート代は要)。

「富山県の人じゃないと買えないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、富山県民・市民でなくても、誰でも購入可能

ちなみに、3日間限定パスポートもあり、そちらは700円です。

観光客の方には3日間のパスポートがいいと思いますが、県内在住なら、年間パスポートにしたほうがお得だと思います。

ちなみに、パスポートの裏側には利用上の注意が書かれています。

また、中には利用可能な施設が書いてあります。

先ほども書きましたが、値段は1500円

購入した日から、1年間使用することができます。

富山市の施設で、子供の料金がかかることはほとんどないので、「富山市年間パスポート」は付き添いの大人のために購入します。

また、平成29年4月1日から「ギャルリ・ミレー」「森記念秋水美術館」「樂翠亭美術館」が、

平成29年10月1日からは、「富山県美術館」が割引対象に加わりました。

「富山市年間パスポート」が利用できる施設

「富山市年間パスポート」で利用できる施設は、おおむね「完全に無料で入館できる施設」と「割引してもらえる施設」に分類できます。

(1)完全に無料で入館できる施設

1.富山市郷土博物館(特別展開催中は有料)
2.佐藤記念美術館(特別展開催中は有料)
3.富山市ガラス美術館(常設展)
4.富山市科学博物館(入館料+プラネタリウム1回)
5.富山市天文台
6.富山市民俗民芸村
7.富山市ファミリーパーク
8.森家
9.浮田家
10.大山歴史民俗資料館
11.猪谷関所館
12.越中八尾観光会館
13.八尾おわら資料館
14.八尾化石資料館

(2)割引してもらえる施設

1.富山県美術館

通常300円の常設展を、240円で見ることができる。

2.富山県水墨美術館

通常200円の常設展を、160円で見ることができる。

3.高志の国文学館

通常200円の常設展を、160円で見ることができる。

4.ギャルリ・ミレー

通常200円の入館料が100円になる。

5.森記念秋水美術館

通常1000円~の入場料が、約2割引きになる。

6.樂翠亭美術館

通常800円~の入場料が、約2割引きになる。

「富山市年間パスポート」はどこで購入できるの?

「富山市年間パスポート」は、無料になる14施設と県内のいくつかの施設で購入することができます。

14施設以外で購入できる場所が以下です。

・富山市役所(文化国際課)
・富山国際会議場
・ANAクラウンプラザホテル富山
・富山エクセルホテル東急
・富山第一ホテル
・富山マンテンホテル
・ホテルルートイン富山インター
・ホテルルートイン富山駅前

ホテルが多いのは、観光客にも利用してほしいという考えなのでしょうね。

窓口で申込用紙に住所氏名などを記入し、料金を支払うと購入できます。

「富山市年間パスポート」を買わなくてもいい人

ちなみに、「富山市年間パスポート」を買う必要のない人がいます。

その条件は、

(1)「孫とお出かけ中のおじいちゃん・おばあちゃん」であること

(2)富山市・砺波市・小矢部市・南砺市・射水市・高岡市・氷見市、滑川市、舟橋村、上市町、立山町、魚津市に住所があること

2つの条件に該当する人は、各市が主催する「孫とおでかけ支援事業」の対象者になります。

「孫とおでかけ支援事業」とは、高齢者の外出の機会を増やし、世代間の交流を目指す」もの。

この対象者は孫と施設を訪れた場合、無料で入館できます。

「富山市年間パスポート」の施設も対象に含まれているので、「対象施設に行くときは孫と行くことが多い」というおじいちゃんおばあちゃんは、購入する必要がありません。

「孫とおでかけ支援事業」の詳細は市の公式サイトをチェックしてみてくださいね!

私が年間パスポートをオススメする理由

さて、私がママ達に「富山市年間パスポート」の購入を強くおすすめする理由は3つあります

「年間パス」おすすめポイント①簡単に元が取れる

「富山市年間パスポート」は1500円。

単品ではさほど安くありません。

ですが、子連れに人気の施設、「富山市ファミリーパーク(動物園)」と「富山市科学博物館」で使用できるのは大きな魅力です。

どちらも正規の入場料は500円。

・富山市ファミリーパーク(動物園):500円 → 0円
・富山市科学博物館:500円 → 0円

どちらかの施設に行ったその日に「富山市年間パスポート」を購入、1年以内に2回、どちらかの施設に行けば元が取れます(^^)。

「年間パス」おすすめポイント②短時間で帰ることになっても精神的ダメージが少ない

「有料施設に行ってすぐに子供の機嫌が悪くなって、帰らないといけなくなった」

そんなことありませんか?

うちは、プラネタリウムを見に来たのに暗闇を怖がって泣き叫び、強制終了になってことがあります・・・。

また、うっかりオムツを忘れて出かけたら出先で大きいほうを・・・(T-T)。

なんてこともありますよね・・・。

子供との外出は強制終了がつきもの。

「富山市年間パスポート」を用意しておけば、例え入って10分で帰ることになっても「金返せ~(T0T)」というガッカリ感が少なくて済みます。

「年間パス」おすすめポイント③施設を気軽かつ頻繁に訪れることができる

「富山市年間パスポート」を買ってほしい一番の理由が、これなのです。

富山県は夏暑く冬は積雪という、年間通して外遊びできる期間が短い地域。

気軽に無料で出かけられる屋内施設があることは、超重要

私など、子供が科学に全く興味がない1~2歳あたりから、「富山市科学博物館」を夏の涼しいお散歩コースにしていました。

冬に「民俗民芸村」の中にある「売薬資料館」に、暖かいからという理由だけで入ってみたり。

「富山市年間パスポート」は、対象に全く興味がなくても快適なお散歩コースを大幅に増やしてくれます。

気軽なお散歩先として複数回利用することで、がっちり元を取れますよ(^^)!

「富山市年間パスポート」が使えるオススメ施設

「富山市年間パスポート」を使えば、市内14カ所の施設を訪れることができます。

とはいっても、子連れで行って楽しめる場所とそうでない場所があります。

少々厳しめに書いているところもありますが、あくまでも「子連れにはオススメではない」ということです。

以下、オススメ度別に紹介していきますね!

オススメ度★★★。ぜひ通ってほしい施設!

富山市科学博物館

「富山市科学博物館」はオールシーズン、どんな天気でも利用できる施設!

自然科学に興味があってもなくても、広々した施設内を散歩できるのが魅力です。

子供が暗闇を怖がらなければ、プラネタリウム鑑賞も楽しめますよ。

授乳室・オムツ替えベッド・休憩室があるのも嬉しい。

【関連記事】富山子供連れの屋内遊び場【富山市科学博物館】精巧な恐竜ロボがある!

富山市ファミリーパーク

富山の家族連れなら大抵1度は訪れる、見どころいっぱいの楽しい動物園。

動物とふれあえる「子ども動物園」は子供に大人気!

県の鳥で、天然記念物のライチョウに会えるのも魅力。

【関連記事】

富山子供連れの遊び場動物園【富山市ファミリーパーク】無料エリア編

富山子供連れ遊び場動物園【富山市ファミリーパーク】有料エリア編

オススメ度★★☆。ややオススメ施設。

富山市民俗民芸村

富山の古い建物が立ち並ぶ、テーマパークのような施設。

合掌造りの家、売薬資料館や、陶器、土人形の見学などもできる。

1館1館で料金が発生するので「富山市年間パスポート」を持っていると便利。

ただ、園内にそこそこ車通りのある道路が走っているため、子連れのときは注意が必要です。

また村全体が山の斜面に作られており、建物内も段差が激しいのでヨチヨチの子にはオススメできません。

佐藤記念美術館

日本の美術作品の展示に加え、2階には茶道具・茶室を見ることができる。

しっかりと作品がケースに入れられているので、作品に触りそうになる子供でも安心して連れて行けます。

外に美しい日本庭園があるので合わせて散歩できるのも魅力。

完全大人向けの美術館のため、子供が楽しめるかどうかは微妙。

【関連記事】富山子供連れの遊び場【富山城址公園】美しい日本庭園でほっと一息

ガラス美術館

通称「富山キラリ」は、一度は行っておきたいオシャレな美術館。

中にある「富山市立図書館」には、キッズスペースや絵本・紙芝居のコーナーもあります。

ただ、ガラス美術館の常設展示はガラス作品なので、作品を触りに行ってしまう子を連れて行くのはオススメできません。

森家

森家は明治11年ごろに建てられた、北前船廻船問屋。

当時の大富豪の家で、めちゃくちゃ広い畳の間に歴史資料や美術品などが飾られている。

子供が楽しめる内容ではないけれど、昔ならではの急な階段があり、アスレチック大好きなうちの子は喜んでいました。

逆に、ヨチヨチさんだと危険なので、1階のみの見学がいいと思います。

越中八尾観光会館

(画像は公式サイトより引用)

八尾の豪華な曳山(現在も使用されている)を一堂に見ることができる、曳山マニアにはたまらない施設。

館内も広く、子供が散歩するのにもおすすめ。

八尾の養蚕の歴史なども知ることができる。

もちろん、子供が楽しめる展示ではありません。

オススメ度★☆☆。あまり子供向けではない施設

八尾おわら資料館

(画像は公式サイトより引用)

「おわら風の盆」に特化した、マニア度の高い施設。

こぢんまりした資料館で、「おわら風の盆」の映像や資料を楽しめます。

小さい展示館なので、あまり散歩になりませんでした。

富山市郷土博物館

「富山城址公園」の中にある、お城の形をした施設。

展示室内は暗く、文字資料多めの歴史マニア向けの資料館。

展望台もあるけれど、大人でも苦しい階段数なので子供が楽しめるポイントがありません。

以上、他の場所はまだ行ったことがないので、コメントできません。

これから行くことがったら、感想を追加していきますね(^^)。

「富山市年間パスポート」まとめ

富山県在住ママなら「富山市年間パスポート」の存在は知っていると思いますが、ひょっとして知らない人もいるかもと思って改めてまとめてみました。

子連れのお出かけは毎日のことなので、なるべく出費を抑えたいもの。

もし現在「富山市年間パスポート」を持っていないなら、ぜひ購入して、施設をお散歩コースの一つとして利用してほしいです。

お出かけ先の選択肢が広がると、気持ちが楽になりますよ!

「富山市年間パスポート」で、子供と一緒にあちこち出掛けてみてくださいね(^^)!