富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 公園

スポンサードリンク




富山子供連れの屋内遊び場・工場見学 &カフェ【YKKセンターパーク】

黒部に、工場見学とカフェを楽しむことができる施設があるのを、ご存知ですか?

【YKKセンターパーク】は、富山のファスナー&窓メーカー「YKK」さんの技術について学ぶことができる施設なのです(以下敬称略)!

え?小さい子供が工場見学を楽しめるのかって?

はい、展示内容に関してはなんにもわからないと思います(^^;)。

でも、館内は快適な気温で、敷地も広い。

子供のお散歩に最適ですよ!

屋内だけでなく、施設の周りは芝生広場にもなっているので、自然に親しむこともできるんです!

そしてぜひ立ち寄りたいのが、館内にあるオシャレなカフェ。

こだわりのコーヒーや、スムージー、軽食がいただけるんです。

大人は工場見学、子供は迷路のような館内のお散歩を楽しみましょう!

「YKKセンターパーク」口コミ体験談

「YKKセンターパーク」駐車場~入り口へ

「YKKセンターパーク」に行くには、YKKの工場敷地内に入っていかないといけません。

工場のあるエリアの奥の方まで車を進めないといけないので、「部外者がこんなところまで入っていいのー?」と、途中不安になりました(^^;)。

車を進めると開閉式ゲートがあり、関係者はゲートの奥へ、「YKKセンターパーク」に行きたい人は、ゲートを通らず左手に曲がります。

道を進むと、駐車場の表示がありました。

駐車可能台数は、20台。

平日とあって、私の車と、もう一台だけでした。

駐車場周辺は、芝生が美しく整備されていました。

私たちが駐車した後くらいに、団体客が到着。

後についていくことにしました。

見学できる建物は2つあり、こちらの白い建物が「丸屋根展示館1号館」です。

1号館入って左手に、受付があります。

個人で来る場合、事前予約は不要ですが、団体で訪れたいときは予約がいるそうです。

また、個人でも予約をすれば、60分の手作り体験コーナー付きツアーを800円でお願いできるそうです。

子連れでなければ、ぜひお願いしたいところでした(工場見学、好きなんですよ!)。

今回は飛び込み見学ということで、館内を自由に回らせてもらいました。

もちろん、見学は無料ですよ~!

「YKKセンターパーク」に入ってみました

受付にて、「YKKセンターパーク」のマップを入手しました。

手書きイラストのMAPが、とてもかわいいですね(^^)。

館内は見学用の建物2つと、芝生広場、ふるさとの森など、屋外のくつろぎスペースもあります。

「丸屋根展示館1号館」には、ファスナーや窓の作られ方、創業者吉田忠雄の経営理念や思想について紹介されています。

ちなみに、館内は撮影不可。

なんでも、取引企業さんのプライバシーに関わるのでダメなんだそうです。

でも、このかわいい「YKKタウン」だけは、OKしてもらえました。

展示館の真ん中をぶち抜く通路で、両側に色とりどりの建物が建っています。

ところどころ、おもちゃもあります。

なんと!窓わくを組み立てるという、マニアックなおもちゃが!

けっこう難易度高めで、2歳息子には無理でした。

むしろ大人が、挑戦したくなるパズル系おもちゃでした。

そして、ファスナーの仕組みを勉強できるおもちゃもあります。

実は…挑戦したけど難しくてよくわかりませんでした(T-T)。

なんでファスナーって、開閉できるんだろう・・・?

次回訪れる際には、スタッフの人に質問したいです(わかる人がいたら教えてください)。

「YKKタウン」は遊ぶ場所というより、見て雰囲気を楽しむ場所です。

子供がゆっくり遊べる場所かな~と期待したのですが、滞在時間は5分~10分程度でした。

 

展示館入って右手には、YKKの技術をまとめた映像が流れ、その後、見学コースをまわります。

展示館左手には、創業者吉田忠雄氏の歴史コーナー。

両方、息子が小走りに歩くのを追いかけながら、チラ見しました。

ファスナーといっても、ブランドによってデザインが違うんだなー!

とか、

YKKって、ファスナーの他に防護服や、電車の座席、ペット用品まで開発してるだなー!

とか、

新しい発見がいっぱいでした(^^)。

知っているようで全然知らない地元企業のことが少しわかって、勉強になりました。

・・・もっとも、チラ見で理解するには若干難しい内容だったように思います(^^;)。

 

ほぼダッシュで1号館を見終え、2号館へ。

2号館へは、屋根付きの廊下で移動します。

2号館には、YKKという会社の歴史が展示されていました。

こちらも迷路ような展示館で、息子はひたすら散歩。

合金に関するアニメーションが流れていたのですが、なぜかそれに注目していました。

将来、理系の道に進んでもらえたらいいなあ~と妄想する、文系母でした。

「YKKセンターパーク」のカフェ

広い館内の散歩も楽しいのですが、なんといってもオススメしたいのがカフェです。

先ほどの「YKKタウン」に看板が出ていて、気になっていました。

なんでも「YKKブラジル農園直送、自家焙煎コーヒー豆」のコーヒーがいただけるとのこと!

「工場見学施設にあるカフェなんてフードコートみたいな雰囲気じゃないの?」と、思われそうです。

でも入ってみると、とても明るくてオシャレな空間が広がっていました!

落ち着いた雰囲気の店内には、大きな窓が開いていて、外の自然光が十分に取り込まれていました(きっとYKKの窓なのでしょう!)。

テラス席もあり、芝生公園の緑を楽しむことができます。

あいにくこの日は小雨が降っていたので、外に出られませんでした(T-T)。

晴れの日には、芝生公園を散歩することもできるそうです。

こちらがメニュー表。

飲み物に軽食、ランチもいただけます。

カウンターにて、おすすめのコーヒーと、子供用にフルーツのスムージーを注文。

飲み物ができるまでの間、店内を見学しました。

まず、お土産屋さん。

珍しい限定グッズが販売されていました。

まずは、「YKKセンターパークどら焼き」!

パッケージにファスナーのデザインが取り入れられ、「YKKセンターパーク」の焼き印が押されています。

まさにここでしか買えない限定品!

180円も、お手頃に感じられます(買わなかったけど)!

そして、YKKブラジル農園直送、自家焙煎コーヒー豆!

コーヒーにこだわりのある方への、お土産に良さそうですね。

こちらには、ファスナーのデザインは取り入れられていないのか・・・。

ファスナーでできた小物入れ「ちゃっくん」。

これ、全部ファスナーを開けると、一本の布?になってしまいます。

目もついていて、かわ・・・いくはない。

「ちゃっくん」は、ファスナーであることが重要なのであって、特にかわいさを求められていないのだろう・・・。

カフェには、雑誌やYKKに関する本も置かれていました。

いろいろ勉強できそうですが、注目は右下のぬのえほん!

かなりふっくらしています。

開けてみると、ファスナーを用いた布絵本でした!

ファスナーを開けたり閉めたりするので、少々難易度高め。

でも息子、開け閉めして布絵本を楽しんでいました。

ちゃんと裏には「YKK」マークもついていましたよ。

そうこうしているうちに、飲み物が出てきました。

コーヒーには、カラメルの焼き菓子「Lotus」がついてきました。

これ、コーヒーに合うんですよね。

スムージーは一切、砂糖が使われておらず、果物の甘みだけで作られています。

息子、太いストローに挑戦するも出てこず(^^;)。

水用の紙コップをもらって、コップで飲ませました。

氷が冷たかったので、半分は私がいただきました。

自然なフルーツの甘さと酸味が際立ち、スルスルと飲むことができました。

「YKKセンターパーク」まとめ

「YKKセンターパーク」は、迷路のような散歩道と、美味しいお茶をいただける素敵施設です。

とはいっても、工場見学にあまり興味のない人にとっては、数十分で見終わってしまうかもしれません。

息子はもちろん、実を言うと私にとってもなかなか難しい内容でした(^^;)。

結局ファスナーの構造、よくわからなかったし・・・(T-T)。

「YKKセンターパーク」は黒部観光のメインにするよりは、観光コースの一部として立ち寄るイメージで利用したらいいのではと思います。

大人の知識欲を満たし、子供のお散歩コースにもなる「YKKセンターパーク」。
オシャレで美味しいカフェと一緒に、ぜひ行ってみてくださいね!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ベビーカー~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「YKKセンターパーク」施設詳細

施設名 YKKセンターパーク
所在地 富山県黒部市吉田200
駐車場 20台
駐車料金 無料
電話番号 0765-54-8181
営業時間 AM9:00~PM4:30
休館日 月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始、特定日
※特定日、年末年始は全施設休園。
料金 無料
公式HP http://www.ykkcenterpark.jp/
地図

スポンサードリンク






Pagetop