富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 公園

スポンサードリンク




富山子供連れの遊び場【海王丸パーク】大型アスレチックと帆船乗船に子供大喜び!

男の子に限らず、子供って乗り物大好きですよね(^-^)!

わが家には「働くのりもの」を特集した絵本が、たくさんあります。

その最終ページにあるのが、船。

ヨットや豪華客船など、いろいろな形の船がのっています。

息子は車・電車好きですが、船も大好きなのです(^-^)!

そんな船好き息子を連れて、新湊の【海王丸パーク】に行ってきました。

富山県民ならご存知だと思いますが、「海王丸パーク」には「海の貴婦人」の通称を持つ、「帆船 海王丸」の姿を見ることができます。

「海王丸パーク」では、雄大で美しい「帆船 海王丸」を間近に見て、船内にも入ることができるんです!

また、波をイメージした大型アスレチックに、子供大喜びですよ!

「海王丸パーク」口コミ体験談

「海王丸パーク」の駐車場~公園全景

「海王丸パーク」の駐車可能台数は、広々600台。

平日はもちろん、混み合う土日祝日でも駐車できました。

ただ、花火大会などイベントの時はかなり混み合うので、パークから離れた場所にしか停められない場合もあります。

こちらが「海王丸パーク」のMAP。

駐車場東側に海が広がり、その周辺に公園が広がっています。

では早速、行ってみましょう!

「海王丸パーク」を子連れ散歩

駐車場からは、植え込みが切れた部分からパーク内に入れます。

すぐに、「海の貴婦人」の姿が見えましたよ!

駐車場最寄りの広場には、「三角テント」があり、海風を受けながらくつろぐことができます。

海辺には「恋人の聖地」のモニュメントが。

なんでも「海王丸パーク」は、ラブパワースポットなんだそうです!

初代の「帆船 海王丸」は、1930年2月14日のバレンタインデーに進水されたそう。

バレンタイン→恋人→「恋人の聖地」と言われるようになったのだとか。

その辺の由来は、公式サイトにも詳しく書かれていません。

そんなわけで?、「海王丸パーク」内には「恋人の聖地」にまつわるモニュメントがいくつもあります。

風景もキレイなので、デートにもお勧めしますよ!

モニュメントの近くには、遊覧船の乗船口があります。

こちらでは、「海王丸パーク」の海をスタートして、新湊の川を巡り、また「海王丸パーク」に戻ってくる船の旅を楽しむことができます。

所要時間は50分で、大人1500円、子供(小学生)800円。

詳しくは、「新湊観光船」の公式サイトをご覧ください。

http://shinminatokankousen.jp/cruise-normal.html

「帆船 海王丸」の方に向かう途中に、「日本海交流センター」があります。

青い壁の大きな建物なので、遠くからでもわかります。

こちらが入口。

中には、世界各国の帆船の模型や、海王丸の歴史についてパネルで展示されています。

ここは、エアコンが効いていて快適ですよ~!

帆船の模型、全部同じように見える・・・。

きっと、私の観察力が低いからいけないんですね!

さてさて、この「日本海交流センター」には重要な設備があります。

なんと、この立派なドア。

授乳室なのです!

広い一部屋にソファが設置され、授乳室になっています。

蚊取りグッズまで置いてありました。

これだけ広ければ、上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいても、授乳中部屋で一緒に過ごせます。

オムツ替え用ベッドは、館内のトイレに設置されていました。

「海王丸パーク」で授乳・オムツ替えをしたくなったら、「日本海交流館」へ行ってみてください。

「帆船 海王丸」の中に入ったよ!

さてさて、「日本海交流センター」から海側に振り向くと、もう「帆船 海王丸」が近いです。

せっかく来たので、初めての乗船と行こうと思います!

遠くから見る「帆船 海王丸」も優美でしたが、近くで見ると勇壮な雰囲気があります。

かっこいい!

画像左側の坂が、乗船口です。

写真で見ると急坂に見えますが、実際は子供が歩いて登れるなだらかな坂です。

せっかくなので、記念写真を撮ってもらいました(^^)。

乗船口の左側に、入場券売り場があります。

【帆船 海王丸の入場料】

・大人(高校生以上)400円

・子供(小中学生)200円

・乳幼児は無料!

公開時間は、季節ごとにかなり細かく分けられているので、こちらのページでご確認ください。

http://www.kaiwomaru.jp/kaiwomaru/koukai/koukai-3-2-2/

参考までに、船内のMAPをのせておきます(公式HPより引用)。

こちらが甲板。

マストや救命ボート、船内への入り口が見えます。

なんだか、ロープがいっぱいですね。

操舵室は、甲板より高い位置にあります。

見下ろすと、甲板と海の風景が広がっていました。

操舵室の室内はこんな感じで、操舵ハンドルやレーダー観測器、コンパスなど、機材でいっぱいでした。

船内へ入ってみました。

船内はかなり広いので、印象に残った場所を少しだけ紹介しますね。

図書室兼、作戦会議室。

海王丸の現役時代は、ここに学生さんたちが本を読んだり、先生の話を聞いたりしたんですね。

しっかり閉まりそうな扉と、細い通路。

迷路みたいで楽しかったですが、狭いところが苦手な人はイヤかもしれません。

ガラスに仕切られた謎の部屋。

ひときわゴージャスな部屋は、「船長室」。

船長がお客さんを招待するための部屋なんだそうです。

椅子がいかにもフワフワしていそう(座っちゃダメ)。

船内にもありました「恋人の聖地」!

どうも、網に鍵をつけると・・・いいみたいですね。

フランスの橋に、こんな習慣があったような。

ぜひカップルの皆さんには、果敢に挑戦してほしいです・・・!

再び船外に出ると、子供用のかわいい顔出し看板がありました。

もちろん、息子の顔を入れて写真を撮りましたよ!

息子が船に乗ったことを理解していたかは謎ですが、少なくとも立体迷路として、楽しく走り回っていました。

ただ、船内は段差や高めの階段が頻繁にあるので、足元ヨチヨチな子には向かないかもしれません。

階段を楽しんで上がれるようになったら、挑戦してみてくださいね!

「海王丸パーク」のアスレチック

舟を出て、「日本海交流センター」のさらに北側に進むと、アスレチックがあります。

「海王丸パーク」には、写真に全景が収まらないほど大きなアスレチック、「波のハンモック」があります。

上から見ると、多少広さがわかりますか?

木の板の部分は、若干急斜面もありますが、歩いて渡ることができます。

網目は、太いロープの荒い網の下に、細かく編まれた網があります。

なので、チビッ子でも落下の不安なく挑戦できますよ。

所々に、浮きをイメージしたような白い球形が。

中に入って遊ぶことができます。

アスレチックを登った場所に、休憩用のベンチがありました。

アスレチック内で休憩というのも、面白いですね(^^)。

オヤツをもって、みんなでアスレチックに登りましょう!

滑り台は少し変わった形で、滑る部分にアルミの棒が並んでいました。

お尻も痛くならず、なかなか快適な滑り心地でした。

足元ヨチヨチな子用の、ゆらゆら遊具もいくつかありました。

パンダ、ライオン(メス)、シマウマ。

ザイルクライミングのようなアスレチックもありましたが、足場が網なので難易度低め。

3歳息子でも、上まで登れました(^^)。

アスレチックでたっぷり遊んだら小腹がすいたので、屋台でB級グルメ「シロエビドッグ」をいただきました。

中身は、白エビのから揚げとレタス、マヨネーズ。

白エビのから揚げは、揚げたてでアツアツでした(^^)。

美味しかったけど・・・息子の小さい口ではホットドッグにかぶりつけず。

白エビをつまませて、後は私がいただきました。

「海王丸パーク」まとめ

「海王丸パーク」では、「帆船 海王丸」の優美な姿を間近に見ることができます。

迫力のある船の風景は子供だけでなく、大人の心もワクワクさせてくれますよ。

また、波をテーマにしたロープでできたアスレチックも、子供大喜び!

遊び疲れたら、「海王丸パーク」食べられる富山のグルメも楽しんでくださいね。

ぜひご家族で、「海王丸パーク」での楽しい一日をお過ごしください!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 テクテク~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「海王丸パーク」施設詳細

施設名 海王丸パーク
所在地 富山県射水市海王町8番地
駐車場 600台
駐車料金 無料
電話番号 0766-82-5181
営業時間 ・公園部分は終日開放
・船内見学時間は、以下ページ参照
https://goo.gl/DbCroh
休館日 ・水曜日(祝日の場合翌日が休みに)
・年末年始(12/29~1/3)
・船体整備期間(平成30年11月3日~23日)
公式HP http://www.kaiwomaru.jp/
地図

スポンサードリンク






Pagetop