富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • ショッピングセンター

スポンサードリンク




富山子供連れ屋内遊び場【cic富山市子育て支援センター】楽しい遊具多数!

【富山市子育て支援センター】は、私が出産して初めて利用させていただいた思い出深い「子育て支援センター」です。

こちらには、息子生後3ヶ月の時からお世話になっています(^-^)。

当時私は慣れない育児と、外に出られず誰とも話せないストレスで、毎日息がつまる思いをしていました。

誰かにこの苦しさを聞いて欲しい、育児の悩みを相談したい…。

と、必死で検索してみつけたのが、「富山市子育て支援センター」でした。

「富山市子育て支援センター」には、子連れに嬉しい設備・遊具があるのに加え、悩みを聞いてくれる保育士さんがいらっしゃる心強い施設。

毎日の手遊び会も、とっても楽しいですよ(^-^)!

今回も、施設内の写真撮影は控えさせていただきました。

長々と文章のみの箇所がありますが、読んでいただけたら嬉しいです。

【富山市子育て支援センター】口コミ体験談

「富山市子育て支援センター】の駐車場~入場まで【1時間無料券だけど、必ず追加料金が発生!】

「富山市子育て支援センター」は富山駅前にある商業施設「CIC」(シック)の4階にあります。

周辺にはいくつか駐車場があるのですが、「CIC」との連絡通路があるのが、「富山市営桜町駐車場」です。

施設名 富山市営桜町駐車場
所在地 富山市桜町2-2-1
駐車場 280台
駐車料金 最初の1時間320円
30分ごと110円
電話番号 076-433-0004
公式HP https://goo.gl/KBLZ64
地図

CICの裏と、ローソンの入っているビルの間に入っていくと・・・。

「富山市営桜町駐車場」入り口に着きます。

駐車券を受け取って中に入ります。

「富山市営桜町駐車場」に駐車する際に目指したいのが、駐車場の「4階」に停める事。


CICとの連絡通路がある階なので、この階に停められたら一番移動が楽です。

もちろん他の階にもエレベーターも階段もがありますが、それなりに車の多い駐車場なので、子連れであまり移動したくありません。

連絡口に事前精算機もあります。

4階からの連絡通路を通ると、「CIC」の「3階」に着きます。

CIC3階に到着。

3階から、エスカレーターかエレベーターにて4階へ進みます。


子供が喜ぶ、外の見えるエレベーターですよ(^^)。

4Fでエレベーターを降りるとすぐ、ベビーシッターを依頼&請負できるファミリーサポートセンターの窓口があります。

先に進むと、「富山市子育て支援センター」の看板が。

さらに奥に進むと、「富山市子育て支援センター」と「こども図書館」の入り口があります。


「富山市子育て支援センター」の入口に受付があり、そこで名前や住所など記入します。

交通手段を聞かれるのですが、その際「車」と答えると、入場時間を記録されます。

さて、ここから重要なお話。

多くの施設場合、「子育て支援センター」の利用となると、駐車料金が無料になることがあります。

しかしこちらでは、少額ながら必ず料金が発生します。

「富山市子育て支援センター」では、「支援センターを1時間以上利用すると、1時間の無料駐車券」がもらえます。

一方、「子育て支援センター」を1時間「以上」利用しないと、無料駐車券はもらえず、実費となります(駐車料金は最初の1時間320円、30分ごと110円加算)。

1時間たった時点で「子育て支援センター」を出ることになるので、その後からは実費。

「子育て支援センター」から駐車場の移動時間分の料金110円~が必ず発生するというわけです(;o;)。

そんなに高い料金ではないけど、毎回となると若干の気になります(^O^:)。

「富山市子育て支援センター」で2歳の子と遊んできました

館内の受付にはいつも一人の保育士さんがついていらして、にこやかにあいさつして下さいます(^O^)。

入り口付近にはベビーカーを置いておくスペースがあり、徒歩での来館も安心。

靴箱に靴を入れ、流しで手を洗います。

荷物を置く棚もあるので、貴重品のみ携帯すれば身軽に子供と遊ぶことができます。

部屋は大きく二つに分かれており、入り口付近の大きな部屋には、木でできた大型のトラック、大きなボールプール、巨大な空気のタイヤ「サイバーホイール」など、子供が体全体を使って遊べる遊具が満載です。

もちろんミニカーを走らせる机や、木製のおままごとセット、絵本、知育オモチャなど、じっくり遊べるオモチャも充実。

部屋の奥には柵で区切られた乳児用の部屋があります。

こちらの部屋は0~2歳の子が利用します。

部屋の半分ほどの床がふわふわのクッションになっており、ねんねの子やはいはいの子も安心。

ねんねの子には、ふわふわのバスタオルが借りられて、その上に寝かせることができます。

その上にベビージムをセットすれば、簡易ベビーベッドの出来上がり。

乳幼児用の部屋にも、小さい子が入るのにちょうどいい浅いボールプールや、はいはい赤ちゃんが入れる木でできたお城など、楽しめる設備がいっぱいです(^O^)。

息子の最近のブームは、ミニカーコーナー。

2歳なので本来なら乳児用コーナーで遊ぶといいのですが、元気すぎて大きい子部屋の方に進出しております。

ミニカーを持って延々とコースを走らせるか、駐車場に車を整然と並べるかで、1時間中のほとんどをミニカーコーナーで過ごすこともあります。

他に、大きい方のボールプールもお気に入り(^O^)。

ボールプールで遊ぶより、へりの部分をぐるぐる歩いて回るのが好きなようですが…(^O^:)。

「富山市子育て支援センター」の特徴

(1)保育士さんの数が多い

常に3~4人の保育士さんがいらして、子供を見てもらえたり、育児相談をすることができます。

となりの施設がファミリーサポートセンターになっており、常時複数人の保育士さんがいらして、必要に応じて人数が調整されているようです。

(2)開館時間は10:00と遅いが、夕方は18:00まで営業している。土日祝日の営業も魅力!

多くの「子育て支援センター」が平日9:00~16:00の営業なのに対して、こちらは平日・土日祝日10:00~18:00の営業。
遅くまでやっているので、夕飯前に時間を持て余してしまった時も遊びに行くことができます。

(3)イベント多数開催

身体測定会や、健康相談会などがある他、親を対象とした託児付きセミナー「親学講座」や、双子、三つ子限定で遊べる「さくらんぼクラブ」なども開催されています(イベントの日は閉館されることもあるので要確認)。

また毎日午前11時に開催される保育士さん総出演?の楽しい音楽&手遊び会も、すごく盛り上がりますよ(^O^)!

イベント情報は廊下に掲示されています。

(4)食事、おやつ、水分補給をすることができるテーブル&椅子のある部屋がある

電子レンジもあり、ミルクの温めや、離乳食の解凍もできます。

遊び疲れたときのオヤツタイムに便利ですよ。

「富山市子育て支援センター」のまとめ

「富山市子育て支援センター」は乳幼児から、小学生低学年くらいまで楽しく遊べる施設です。

保育士さんの数も多く、兄弟連れで訪れてもサポートしていただけます(^O^)。

とはいっても「富山市子育て支援センター」は、富山駅前の人気施設。

ご利用の際は、以下のことに注意されるといいと思います。

1.イベントの日や「CIC」の休みの時(不定休)には閉館していることがある。

利用の際は公式サイトで確認してから行ったほうがいいです。

2.居心地がいいだけに、土日祝日や雨の日は混み合うことがある。

混雑具合によっては、入れ替え制になることもあるそうです。

3.開館時間内に、掃除の時間が設けられている。

定期的に掃除の時間が設けられ、掃除中は絵本のある飲食スペースにて待機となります。

長々と書いて来ましたが、私としては「とりあえず子供が産まれたら一度は訪れてみては?」と思うオススメの施設です(^O^)!

保育士さんのサポートが得られるので、子守りに慣れないパパさんも安心。

土日になると、パパが子供を見て、その間にママは駅前で買い物を楽しむ、なんてことにも使われるのだそうです。

子育て中の富山ママの皆さん、ぜひとも「富山市子育て支援センター」、試してみて下さい(^O^)!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ねんね~小学校低学年

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「富山市子育て支援センター」施設詳細

施設名 富山市子育て支援センター
所在地 富山市新富町1-2-3 CiCビル4階
駐車場 周辺に複数あり
駐車料金 指定駐車場のみ、子育て支援センター1時間の利用で、
1時間の無料券発行
電話番号  (076)444-1110
開園時間 AM10:00~PM6:00
休園日 CIC休館日、年末年始
料金 無料
公式HP  https://goo.gl/hJkRoP
地図

スポンサードリンク






Pagetop