富山【珈琲駅ブルートレイン】店内を走る鉄道模型に子供が大喜びする喫茶店!【定休日・営業時間・駐車場】

こんにちは!KEI@3歳の男の子子育て中の富山県在住主婦です(^^)。

「うちの子、電車が大好き!プラレールやBRIOを見ると目がキラキラになる!」

そんな男の子(女の子も?)ママに、オススメしたいお店があります!

【珈琲駅ブルートレイン】は、鉄道マニアから電車好きの小さな子供たちまでが集う趣のある喫茶店。

蒸気機関車の車両をイメージした内装には、大人もワクワクすること間違いなしですよ!

一番の魅力は、オーナーさんが走らせる鉄道模型が、座席の周りを走る所。

電車が走ってきたら、子供たちは釘付けになりますよ!

「珈琲駅ブルートレイン」について

「珈琲駅ブルートレイン」てどんな店?

「珈琲駅ブルートレイン」は、1980年に開店した老舗の喫茶店です。

鉄道マニアの間では有名な喫茶店で、県内外から熱心な鉄道ファンが訪れます。

また、8時間かけて水で抽出する「ウォータードリップ方式」でいれたコーヒーは、雑味がなくすっきりとした味わい。

コーヒー好きの間でも人気のお店なのです。

子供にとっての「珈琲駅ブルートレイン」の魅力はやはり、店内を走る鉄道模型。

マスターが、次々と走らせてくれる様々な電車は、大人もついつい眺めてしまいますよ!

「珈琲駅ブルートレイン」の営業時間・定休日

定休日、営業時間は以下の通りです。

【営業時間】10:00~19:00

【定休日】火曜日

たまに臨時休業していますが・・・その時は諦めましょう☆

「珈琲駅ブルートレイン」の駐車場3カ所

さてさて、「珈琲駅ブルートレイン」の駐車場のことを。

ひょっとしたら「以前から気になっているけど、駐車場が停めにくくて怖い」というママもいるのではないでしょうか?

確かに車通りの多い道沿いなので、緊張しちゃいますよね。

「珈琲駅ブルートレイン」の駐車場は、3カ所あります。

まず、①の駐車場。お店の真ん前に4台分あります。

ここに停められると移動が少なくて便利なのですが、ちょっと狭いんですよね(^^;)。

人通りの少ない時間であれば、歩道を利用してバックで入れられたら出やすいです。

②こちらは前回入った時に気づいた、お店の並びにある駐車場。

こちらの、駐車場番号1と2が「珈琲駅ブルートレイン」の駐車場です。

私はここに入れたことはないのですが、お店の前の駐車場より停めやすいと思います。

一番のオススメはここかな~。

③そして、道を挟んで向かいにも駐車場があります。

一応2台停められるのですが、この道の車通りが多い上、横断歩道が遠いです。

子供を連れて行くなら、お店の前か横の駐車場がおすすめです。

「珈琲駅ブルートレイン」に子供と行った口コミ体験談

「珈琲駅ブルートレイン」の店内

「珈琲駅ブルートレイン」の店内は…まるで外国に来たかのような圧倒的歴史を感じさせる空間。

ちょっと写真を明るくしすぎちゃいましたが、店内は薄暗く大人の雰囲気が漂います。

最近、レトロ調のお店はありますが、やはり本当の老舗は重厚感が違いました。

天井の形からわかるかもしれませんが、このお店自体、蒸気機関車の車両をモチーフにして作られています。

席は蒸気機関車のボックス席。

ちゃんと説明が書いてありました。

「この窓・座席・天井・電灯はSL時代の客車をイメージしたものです」。

席の横にある大きな窓は、蒸気機関車の車窓をイメージしているのですね。

テーマパークみたいで、ウキウキします(^^)!

机に置いてある砂糖入れにも、電車のマークが入っています。

細かいところにも、こだわりが感じられますね。

窓からはこんなふうに、電車が近くを走る姿が見えますよ。

子供、くぎづけでした。

多種多様な鉄道模型が並ぶカウンター。

カウンターに座ると、目の前を鉄道模型が走ります。

また、各地にある市内電車の模型が並んでいました!

鉄道模型のことは詳しくありませんが、今はもう走っていない市内電車の姿を見られるのって、素敵ですよね。

さて、このブログは子連れママ向けということで、必ずトイレの設備チェックを行います。

さすがに、子供向けの設備なんてないだろうと思っていたのですが、別の発見がありました!

トイレはお店の奥にあります。

こちら、カワイイ電車の看板。

カーテンを開けて奥に進むと、和式トイレがありました。

和式は子供には難しいかもなーなどと思っていたら、ある張り紙に気づきました。

「このトイレはSL時代の客車の便所をイメージしたものです」

トイレも客車をイメージしてた!!!

まったく手抜きのない仕事に震えました。

ちなみに、現在トイレトレーニング中の息子がトイレに行きたいと言ったので、人生初の和式トイレにトライさせてみました。

なかなか難しかったけど、練習させられてよかったです!

「珈琲駅ブルートレイン」のメニュー&実食!

素敵すぎる店内を堪能し終わったところで、「珈琲駅ブルートレイン」のメニューを見てみましょう。

年季の入ったメニュー。

メニューの中は時刻表になってますよ!

なんと、この他に子供用メニューも用意されていました!

オレンジのライトレールがいい味出していますね!

せっかくなので、息子用には「バナナジュース」と「3色トースト」を。

大人は「SLブレンド(炭焼珈琲)」と「ミックスサンド」を注文。

店内をぐるぐるまわる列車を眺めている間に、料理が運ばれてきました。

こちら、「バナナジュース 500円」!

立派なガラスのコップに入ってきました。

ガラスのコップを割らないか、若干ヒヤヒヤ。

バナナ大好き息子なので、ジュースを一気飲み!

「500円なんだから、もっと味わって飲んでよ!」という親の心の声はそっとしまっておきました・・・。

「3色トースト 550円」。

ママレード、ブルーベリー、アンズのジャムが乗ったトースト。

ジャムも美味しかったですが、トーストのきめ細やかさとフワフワさに感動しました・・・!

甘党息子と取り合いになったのは、言うまでもありません。

「ミックスサンド 750円」

ハムとトマトのサンドイッチ。

ハムの塩分とパンのバランスが最高!

トマトサンドも、さわやかな酸味が美味しかったです。

ちなみに、かなり前に行った時に撮った「卵サンド 750円」。

甘辛い卵焼きがボリューム満点でした。

女子なら、これ1品でお腹いっぱいになるかもしれません。

そしてそして、メインの「SLブレンド」!

このお店を訪れたのは、暖冬の2月はじめ。

寒いけれど、春の兆しが感じられるそんな日和でした。

そんな春の訪れを待つ日に出された、桜のコーヒーカップ。

センスの良さに痺れるっ(>▽<)!

コーヒーは香り高く、後を引かないきりっとした味わい。

さっぱりした味わいは、渋みのあるコーヒーが苦手な私には嬉しかったです。

さてさて、美食に舌鼓をうつ間も、いろんな列車が車窓を通り抜けて行きます。

貨物列車!テンション上がる!

ミニカーが大量に乗った電車!

車好きでもある息子、無言で凝視。

仕上げは、新幹線「かがやき」!

「かがやき」は他の電車に比べて、スピードが速かったような。

息子、やはり無言で目がキラキラになっていました。

大好きな電車が動いているところが見られて、嬉しかったようです(^^)。

母も、電車と電車を見る息子が見られてうれしかったよ!

まとめ 子連れで「珈琲駅ブルートレイン」を利用する時の注意点

「珈琲駅ブルートレイン」が、大人も子供も楽しめる喫茶店だということ、お分かりいただけましたか?

ぜひみんなも気軽に行ってみてね!

・・・と、本来なら言いたいところなのですが、

結論から書きましょう。

「珈琲駅ブルートレイン」は、子連れ難易度がやや高いお店です。

そのため、お店ではいくつか注意しないといけないことがあります。

(1)コーヒーカップをはじめ、すべての食器は陶器かガラスです。

子供用のプラスチックのカップなどありません。

親は子供が割ってしまわないように、注意する必要があります。

(2)オムツ替え・授乳室・子供用トイレもありません。

最悪、授乳・オムツ替えは車でできるとしても、和式トイレは今どきの子には少し難しいものです。

和式トイレが難しい子は、トイレに行きたくなる前に退店しましょう。

(3)「珈琲駅ブルートレイン」は、「コーヒーを楽しみつつ鉄道を嗜む落ち着いた大人の空間です。

お店を走り回ってしまう子や、大声を出してしまう子にはまだ少し早いかもしれません(もちろん、お店の展示物を歩いて見て回るのはOKですよ!)。

・・・なーんて、あれこれダメと書くと、「この店って子連れ不可なのでは!?」と心配になるかもしれませんね。

でも大丈夫ですよ。

お子様向けメニューが用意されているし、なんといっても、子供が来ると、マスターが「ポケモン」や車が乗った電車や、新幹線を走らせてくれるのです。

言葉はないけれど、子供を歓迎してくれているんだなという気持ちが伝わってきました。

この店で子供を自由に遊ばせてあげることはできませんが、「子連れで大人向けのお店に挑戦するぞ!」くらいの意気込みで行ってみてはどうでしょう?

電車好きの子供なら、連れて行ったらきっと喜びますよ!

マナーを守って、親子ともども素敵な空間を楽しんできて下さいね!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 なし
オムツ替ベッド なし
オススメ年齢 大人しく座っていられる~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「珈琲駅ブルートレイン」施設詳細

施設名 珈琲駅ブルートレイン
所在地 富山県富山市鹿島町1-9-8
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜日
駐車場 8台
駐車料金 無料
電話番号 076-423-3566
公式サイト なし
地図