【閉館しました】【いこいの村 磯波風(いそっぷ)】宿泊体験談!富山市内にある子ども設備が整った宿で氷見の魚を食べてきた!

(2021年9月20日更新)

【いこいの村 磯波風(いそっぷ)】は2021年8月末で閉館しました(T-T)。

富山市内でプチ旅行が楽しめる素敵旅館だったのですが…!

大変お世話になりました…!

【お知らせ】「コトコトとやま」のFacebookページができました。
最新の更新情報や、おすすめのおでかけ先が知りたい方はフォローをお願いします(^^)! → https://www.facebook.com/KEIKOTOKOTO/

こんにちは。富山県で5歳男児子育て中のアラフォー主婦KEIです。
このブログは、子どもとの日々のお出かけ先に悩むママたちに向けて書いています。

「宇奈月・黒部などの温泉街や氷見の民宿に行ってみたいけど、ちょっと遠いんだよね…」

「もっと気楽に温泉宿を楽しみたい!」

そんな、温泉宿は好きだけど観光地まで子連れで移動するのが面倒!というママにオススメの温泉旅館が富山市内にありますよ!

場所は、子どもが大好きなアスレチック&自然探索ができる「いこいの村」の中!

宿泊施設「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」なら、天気の良い日は外で子どもを思いっきり遊ばせて、その後温泉で汗を流すことができますよ(^^)!

★「いこいの村&ねいの里」での遊び方については以下記事をご覧ください。

【いこいの村&ねいの里】アスレチックと自然散歩が楽しめる!【富山子供連れの遊び場】

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」について

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」の場所

いこいの村 磯波風(いそっぷ)」は商業施設「ファボーレ」から車で約15分という、富山市民にとって身近な場所にあります。

359号線を走っていくと「ねいの里」の看板が出ているので、看板に従って山に登っていくと到着します。

街中からほど近いのに、宿の周りは山&森!

いこいの村 磯波風(いそっぷ)」は、まさに穴場の宿泊施設なのです。

宿から歩いてすぐの場所に、子どもが喜ぶアスレチックや自然散策ができるコースがあるので、天気のいい日には子どもをクタクタになるまで遊ばせられますよ!

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」の駐車場

すみません、実は宿に到着したのが夕方でして、写真が暗い・・・(^^;)。

宿のすぐ近くに駐車場があります。

宿の近くの駐車場には30台くらい停められそうでしたが、「いこいの村」全体の駐車場は250台あるそうなので、満車の心配はしなくて大丈夫です。

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」に子どもと一緒に宿泊してきた体験談

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」にチェックイン!〜館内の様子〜

いこいの村 磯波風(いそっぷ)」に到着したのは17時前くらい。

冬は暗くなるのが早いですね~(>-<)。

ちなみにこちらが昼の姿です。

ピカピカではありませんが、ほどよいおもむきを感じさせてくれる建物です。

入ってみると、天井が高くて解放感がありますよ!

こちらがフロント。

しっかりとビニールで覆ってあって、感染対策ぬかりなし!という感じでした。

入館する時には、マスク着用・手指の消毒、検温もされましたよ。

フロントでは、感じの良いスタッフさんに、チェックインアウトの時間・食事の時間・館内の説明などをしていただけました(^^)。

こちらが今回泊まった客室です。

8帖の和室+窓際のくつろぎスペース。

緑の「磯波風座布団」が昭和な雰囲気を醸し出していました。

洗面所もキレイで、使いやすかったですよ。

トイレも新しい洋式トイレでした。

何というか全体的に、「元は古い施設だったんだけど、バッチリ改装しましたよ!」という雰囲気でした。

ちなみにこの部屋には、ユニットバスやドライヤーなどの設備はついていないので、部屋で髪の毛をセットしたい方は、ドライヤーを持参しましょう(大浴場にはある)。

部屋にはいろいろなサイズの浴衣が複数置いてあったので、自分の身長に合ったものを選ぶことができました。

色とりどりのてさげ袋には、タオルと歯ブラシが入っていましたよ。

温泉施設で手提げ袋がもらえると、何かと助かりますね。

子どもの浴衣は少し短かったため(現在息子は110センチくらい)、フロントに電話して1サイズ大きいものを持ってきてもらいました。

子ども用の浴衣は帯がなくて、甚平のように紐で結ぶタイプです。

部屋には子ども用の館内スリッパも用意されていましたよ!

一通り部屋を観察したら、備え付けのお茶セットでお茶をいただきました。

上品な味の落雁も置いてありましたよ!

いこいの村 磯波風(いそっぷ)」の部屋は広々して良かったのですが、唯一気になったのが部屋にタバコの匂いがしたところです。

古い旅館なのでしょうがないとは思いますが・・・。

ただ子どもは嫌がらなかったし、夫に意見を聞いたところ「タバコの匂いなんかする?」と不思議がられました。

私が神経質すぎるのかもしれません・・・。

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」の温泉について

いこいの村 磯波風(いそっぷ)」の温泉の魅力は、小さな子も安心して入れることができる、水深の浅い階段状の温泉がある所です(一番浅い所は15センチ弱なのでハイハイ赤ちゃんも安心)。

いこいの村磯波風の公式webページより引用)

ここなら子どもが水没する可能性はほとんどないので、安心して小さな子と温泉に入ることができますよ!

お湯も熱すぎない所が魅力(温泉は好きだけど熱いのは苦手な私)!

ほどほどの温度なので、のんびりと温泉を楽しむことができます。

温泉の種類は大きな階段のある浴槽と、茶色く濁った薬湯を楽しむことができます。

露天風呂がないのはちょっと残念。

脱衣所にはベビーベッドと、高出力のドライヤーがあります。

私が行った時は他のお客さんにほぼ会わなくて、「ドライヤー行列ができて困る!」ということはありませんでした。

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」の夕食

感染対策からなのか、夕食は個室でいただくことができました。

夕食会場の座敷には、ソーシャルディスタンスに配慮した様子でテーブルが配置されていましたよ。

家族だけだから、そんなに気にしてないんだけど・・・(^^;)。

床の間には、素敵な書と壺が飾ってありましたよ。

ほどなくして、子ども用の食事が到着!

お子様御膳の内容がとにかく種類豊富&華やかで、びっくりでした!

【お子様御膳内容】

・ハンバーグ
・エビフライ
・ポテト
・オムレツ
・ソーセージ
・とりから
・オレンジ
・ゼリー
・ご飯(ふりかけ)
・ジュース
・フルーツ

ハンバーグを皮切りに、モリモリ食べていましたよ!

ただ5歳児には量が多くて、1/3くらいはお残し。

お父さんに食べてもらっていました(^^;)。

こちらが大人の夕食。

「磯吹風」の系列店が氷見にあるため?毎日氷見からキトキトの魚が届けられているのだそうです。

さすがにお刺身や蟹など、新鮮で美味しかったです!

殻に入ったウニ、はじめて見ました!

上品に盛り付けられた富山名物「鰤大根」も、魚の旨みが大根にしっかり染みていて美味でした!

こんがりと焼き揚げられた焼き鰤は、香りも味も良かったです。

すっきりした茶そばも箸休めに良かったですよ!

座席の空き具合はこんな感じで、かなり広めにとってあります。

感染対策、本当にしっかりやっているな~!と感心しました。

ドリンクの注文も、電話にて行うのでスタッフさんの安全も守られていて好感がもてました!

「いこいの村 磯吹風(いそっぷ)」の朝食

朝食の会場は、食堂「レストラン桜」。

朝食の時間は7:30~8:30と若干早めです。

かなりの人数が入れる、広々した食堂ですよ!

朝食はすでに並べてあって、白ご飯とみそ汁が後で追加されました。

こちらが子ども用朝食。

ソーセージやコロッケなど、またしても子どもが好きなものが詰め込まれていました。

こちらは大人用ご飯。

ご飯のおとも満載で、白ご飯がすごい勢いで減っていきました。

小さな鍋はアツアツの湯豆腐が入っていましたよ。

体が温まる~~!

ちなみに「レストラン桜」は、ランチのみの利用ができます。

2020年12月現在、期間限定の超お得な500円ランチがやっていましたよ!

ハンバーグ定食が500円て、おかしくない?

チェックアウト~その後もゆっくりできる!

いこいの村 磯波風(いそっぷ)」のチェックアウト時間は9:30と、やはり少々早めです。

「もう少しゆっくりしたいんだけど…」と思うママ、ご安心ください。

部屋は退出しないといけませんが、「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」には日帰り温泉のお客さんも利用する休憩所が開放されています。

広々とした座敷で、お茶を飲んだりおしゃべりしたりとゆっくりすることができますよ!

ロビーでも座ってお茶ができるので、慌てて出発する必要はありません。

近くにはお茶やアイスの自動販売機コーナーもありますよ!

「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」に子どもと一緒に宿泊してきた体験談まとめ

実を言うと「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」に行こうと思ったのは、いつもお世話になっている母に親孝行したいと考えたからでした。

母と息子と3人で気軽に温泉旅行に行くのに、移動時間が負担にならなくて良いなと思ったんです。

結局母は当日風邪をひいてしまって、代打で夫が行くことになったのですが…(^^;)。

今の時期、感染の心配はどこにでもありますが、こんな時期だからこそ家族や友人とのつながりを大切にしたいと考えています。

いこいの村 磯波風(いそっぷ)」は、本当に気楽に行くことができる旅行先です。

ぜひ大切な人と訪れて、のんびりと時間を過ごしてくださいね!

★「いこいの村 磯波風(いそっぷ)」を詳しく知りたいという方はじゃらんのページを見てみてね!

☆泊まるほどじゃないかなー?と思う方は、日帰り湯もやっているのでいってみてくださいね!

【いこいの村 磯波風(いそっぷ)】富山市にある日帰り風呂とお子様ランチが楽しめる子供歓迎の温泉施設に行ってきた体験談!

 

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 なし
オムツ替ベッド あり
オススメ年齢 赤ちゃん~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「いこいの村 磯波風」施設詳細

施設名 いこいの村 磯波風
所在地 富山県富山市婦中町細谷1-2
駐車場 250台
駐車料金 無料
電話番号 0120-151-417
公式サイト いこいの村磯波風」公式サイト
地図

外でたっぷり遊んだら、お家時間も充実させませんか?

>>わが家がお世話になっている「こどもちゃれんじ」体験談はこちら!

【お仕事のご依頼・ご相談を承っています】

●取材・執筆の仕事依頼

●ブログ・ライティング講座

●写真・画像の修整・加工のご依頼
HP「コトコト写真加工工房

ご連絡は、問い合わせフォームよりお待ちしています。

PAGE TOP