【オレンジパーク舟橋】舟橋村の成長する公園!?手作り滑り台など遊具が楽しいピクニックに最適な芝生公園!【駐車場情報】【富山子供連れの遊び場】

【お知らせ】「コトコトとやま」のFacebookページができました。
最新の更新情報や、おすすめのおでかけ先が知りたい方はフォローをお願いします(^^)! → https://www.facebook.com/KEIKOTOKOTO/

こんにちは!富山で5歳男児子育て中のKEIです(息子が5月に誕生日を迎えました)

「コロナも一旦落ち着いてきたようで、そろそろお出かけしたい!」という方も多いのではないでしょうか?

とはいっても、子供たちが集まって密集してしまう大きな公園に行くのは少し抵抗がありますよね。

そこでオススメしたいのが、ピクニックと遊具が楽しい舟橋村の公園【オレンジパーク舟橋】です!

「オレンジパーク舟橋」の正式名称は、「京坪川河川公園(きょうつぼがわかせんこうえん)」といいます。

こちらでは、造園業者と地元の子供たちが中心となって公園を設計、作っていくという面白い取り組みがされています。

現在はコロナウイルスの影響で休止中ですが、月に一度子供向けのイベント「月イチ園むすび」が開催されていますよ!

★イベント「月イチえんむすび」の体験談はこちら。

前回はイベントの時に行ったので人でいっぱいでしたが、今回はイベントのない日の「オレンジパーク舟橋」に行ってきました。

日常の「オレンジパーク舟橋」は、周辺の田園風景も相まってのどかでのんびりした雰囲気の公園でしたよ!

公園「オレンジパーク舟橋」について

公園「オレンジパーク舟橋」の場所と注目ポイント~成長する公園~

「オレンジパーク舟橋」は舟橋村の西側の端にあります。

ナビに「オレンジパーク舟橋」と入れても出ないぞ!と思われた方は(私)、「舟橋会館」「舟橋中学校」を目印にして探すのがいいと思います。

めっちゃ広い公園なので、近くに行けばすぐにわかりますよ。

こちらが「オレンジパーク舟橋」の公園マップです。

マップを見たらわかるように、「オレンジパーク舟橋」は細長い敷地を持った公園です。

一番注目してほしいのが、地図で緑色に表示されたエリア。

こちらが、地元の子供たちがアイデアを出し合って、少しずつ遊具が作られていくというエリアです。

公園「オレンジパーク舟橋」は、行くたびに異なる表情が見られる「成長する公園」なのです!

☆「オレンジパーク舟橋」の開発について興味がある方は「舟橋村園むすびプロジェクト」のページをご覧ください

公園「オレンジパーク舟橋」の駐車場とトイレ

公園「オレンジパーク舟橋」の駐車場は、親水広場近くの道路側にあります。

駐車可能台数は、20台くらいでしょうか。

こちらの駐車場には、トイレもあります。

多目的トイレの中には、オムツ替えベッドもありますよ。

公園「オレンジパーク舟橋」に子供と一緒に遊んできた体験談!

散歩が楽しい!公園「オレンジパーク舟橋」の菖蒲園

車を降りて行ってみたのが、道を挟んで向こう側にあるエリア。

道路を渡るときはお気を付けくださいね(ほぼ車通らないけど…)。

道を渡ると、公園の看板がありました。

公園に入ると、子供が喜ぶ木製の橋がありました。

ダッシュして橋を渡りに行く息子。

よく菖蒲園などに渡してある橋だよね~!と思っていたら、本当に菖蒲が咲いていました(6月はじめ)。

まだ数本しか咲いていませんでしたが、6月中旬ごろには見ごろを迎えるのではないでしょうか。

公園「オレンジパーク舟橋」はバリアフリーにもなっていて、車いすやベビーカーで利用することができます。

赤ちゃん連れに嬉しいですね。

菖蒲エリアの横には芝生と東屋があって、ボール遊びをしたりピクニックしたりと遊ぶことができます。

東屋では、地元の奥様が談笑なさっていました(^^)。

公園の周りには、のどかな田んぼの風景が広がっていましたよ。

日本の原風景!ってかんじです(*^^*)。

公園「オレンジパーク舟橋」の広大な芝生広場とコンビネーション遊具

お次は駐車場側に戻って、公園中央部の芝生広場方面に行きました。

公園の見どころをいくつか紹介しましょう!

まずは、レジャーシートをひいてのピクニックに最適な広い芝生広場!

芝生広場の中には、すこし山になっている場所もあり、歩き回るのが楽しいです。

適度にうねった小道は、自転車の練習にもいいですよ!

こちらはせせらぎの音が爽やかな、親水広場。

流れは早いので、水遊びは難しそうです。

石の階段になっているので、段に腰掛けてランチ休憩というのもよさそうですよ!

イベントの時に使われるステージ。

イベント「月イチ園むすび」では、音響設備も入ってかなり大掛かりなイベントが行われていました(^^)。

そして、芝生広場の奥にはコンビネーション遊具があります。

息子は、左側のくるくる回るタイプの滑り台が気に入っていました。

わりとシンプルなタイプの遊具なので、2~3回滑ったら飽きて自転車に戻りましたが・・・(^^;)。

子供たちが設計する公園「オレンジパーク舟橋」の成長する遊具広場が楽しい!

さてさて一番の見どころ、地元の子どもたちと造園業者さんが作る遊具広場です!

息子のお気に入りは、水が出せる手押しポンプ。

やっぱり子供は、動きがあるのものが楽しいみたいです(^^)。

出した水が川になって流れて行くのも達成感がある様子。

かなりの時間1人で水を出していたのですが、途中から疲れたらしく「お母さんやって!」と交代させられました(本人は水の流れを観察)。

遊んだあと、コロナ時期なので公園の設備を触ったら手を洗わないと!と思っていたら、近くの水場に石鹸が付けられていました。

消毒液を忘れて来ていたので、大変助かりました(^^)!!

こちらの手作りの小屋では、少し変わった滑り台で遊ぶことができます。

壁の一面は足場がついていて、ボルダリング場になっています。

こちらの細い丸太を組んだ斜面が、登り口&入口。

5歳息子、ロープは使えませんが木に手をかけてするすると登っていきました。

こちらが一風変わった、丸太の滑り台。

滑る場所が丸太になっているなんて、独創的ですよね!

楽しそう!と思ったのですが息子は、なかなか上手に滑れなくて早々にリタイア。

上手に滑るためには、両手で手すりを持って体を支える必要がありそうです。

小学生くらいになったら、しっかり楽しめるかな~(^^;)。

こちらは丸太の上をぴょんぴょん渡る遊具。

簡単に渡れるところと、間隔が広めで手ごたえのある場所がありました。

そして、去年行った時にはなかったものが建っていましたよ!

布の屋根&人工芝でできたのんびりできるスペースです(誤って全体像の写真を消してしまった)!

子供たちが遊んでいる間に、親がここで休んだり、親子での休憩・ピクニックにも良さそうな場所。

遊べるし休めるし、至れりつくせりですね~(^^)!

公園「オレンジパーク舟橋」で子供と遊んできた体験談まとめ

公園「オレンジパーク舟橋」の魅力は、のんびりした環境の中で独創的な遊具を楽しめるところです。

イベントの時は人がいっぱいでしたが、平日の日中は静かでさほど人も多くないので、マイペースに遊ぶことができますよ。

私のオススメは、ひととおり遊具で遊んだらピクニックを楽しむことです。

のどかな田んぼの風景や、豊かな川の流れを感じながら食べるオヤツやランチは最高ですよ!

ぜひ休みの日には、「オレンジパーク舟橋」に行ってのどかな景観を楽しんできてくださいね(^^)!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ヨチヨチ~小学生

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

公園「オレンジパーク舟橋」施設詳細

施設名 オレンジパーク舟橋
住所  中新川郡舟橋村東芦原11-19
駐車場 約20台
定休日 無休
電話番号 076-464-1121
公式サイト 舟橋村園むすびプロジェクト」公式サイト
地図

【お仕事のご依頼・ご相談を承っています】

●取材・執筆の仕事依頼

●ブログ・ライティング講座

●写真・画像の修整・加工のご依頼
HP「コトコト写真加工工房

ご連絡は、問い合わせフォームよりお待ちしています。

PAGE TOP