富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




富山子供連れ歓迎のカフェレストラン【ボルカノ】&冬の【氷見市海浜植物園】

何この店、ムダにオシャレ…∑(゜Д゜)!

その店に入った時の、第1印象です。

だって1階は「氷見市海浜植物園」で、そんなに人が集まる人気スポットってわけじゃないんですよ(超失礼)!

それが、エレベーターに乗ってみたら…まるで別世界のような洗練されたレストラン。

はっきり言って、最高のデートスポットです!

独身の友達がいたら、初デートのランチはここにしなさい!って勧めたいくらいです。

そんなオシャレな店、【シーサイドハウス ボルカノ】(以下「ボルカノ」と表記します)。

ハイセンスなお店でありながら、お子様ランチも置いている、子連れ歓迎の店でもあるのです!

オシャレなお店に飢えている、アナタ!ぜひ行ってみてください!

料理も美味しいので、強めに推しときますよー!!

また、私が「ボルカノ」を訪れたのは、雪の積もった冬の日。

冬の「氷見市海浜植物園」の様子も、少し触れておこうと思います。

【関連記事】「氷見市海浜植物園」の詳細&春~秋の様子はこちらをお読みください。

https://kotokototoyama.info/okunai/himisikaihinsyokubutuen/

「ボルカノ」口コミ体験談

「ボルカノ」のある「氷見市海浜植物園」&駐車場

「ボルカノ」は、「氷見市海浜植物園」の4階にあります。

「氷見市海浜植物園」の駐車場には、140台停められます。

こちらが、冬の駐車場風景。

・・・白線が見えない!

なので、テキトーに停めましょう(^^;)。

冬の時期とあって、車はほとんど停まっていませんでした。

はい、こんな冬になぜ「氷見海浜植物園」を訪れたかというと・・・テレビ番組の特集で、めっちゃおいしそうなガレット(クレープのおかず版)が出ていたのです。

ちょうど「氷見海浜植物園」にも行きたかったし、ガレットも食べたいしで、雪の降り積もる日に行くことになりました。

その結果はのちほど、レポートしますね・・・(・へ・;)。

さてさて、雪の中の「氷見市海浜植物園」へ。

この日はなかなかの悪天候で、地面にも建物にもしっかり雪が積もっていました。

こちらが正面入り口。

建物のエントランスに、「ボルカノ」に直行できるエレベーターがあります。

「氷見市海浜植物園」の入館料を払わずに、レストランのみ利用することができますよ。

「ボルカノ」に入店!

エレベーターを降りると、そこはオシャレカフェだった!

白壁に木目を生かした茶色のテーブルが、洗練された雰囲気を醸し出しています。

大きなガラス窓も、外の光が差し込んで気持ちがいい(^^)。

雪がしんしんと積もった森の様子を、見ることができました。

雪の降らない地域の観光客に、喜ばれそうですね。

ちなみに、春の風景がコチラ。

美しい青空と森の緑の先に、海が見えます。

まさに絶景(^^)!

お店の内装も素敵で、所々に植物が取り入れられています。

ナチュラルな雰囲気が、ほっとさせてくれます。

お店に入ったところには、大きなひざ掛けがかかっていました。

足元の冷えへの、心づかいが嬉しいですね。

とはいっても、店内は十分暖かかったので使いませんでした。

子供椅子も複数あるので、気兼ねなく借りることができます。

こちらが「ボルカノ」のメニュー。

要所要所に、地元氷見産の食材が取り入れられています。

注目は、黒板一番下のお子様ランチ。

メインメニューにミニアイス、ドリンクがついて600円!

メインをミートソースパスタと、キーマカレーから選ぶことができます。

キーマカレーは、乳、卵、小麦不使用とのこと。

アレルギーっ子でも食べられますね(^^)。

「ボルカノ」で子連れランチ

わが家は、景色のいい角のテーブル席に座らせていただきました。

待っていたら、ほどなくして子供用食器と子供用のジュースが運ばれてきました。

子供用食器はプラスチック製のフォークとスプーン。

食べるものがなかったら立って歩き回ろうとする息子なので、早めにジュースを持ってきてもらえて助かりました。

そうこうしているうちに、「お子様キーマカレー」到着!

子供用なのに、お皿もオシャレ~!

味見させてもらいましたが、本当に全然辛くなかったです。

甘口カレーに、お肉や野菜がたっぷり入っていて、バランスがよさそう!

具が細かいので、食べさせやすさも良かったです。

カレー大好きな息子、自分でバクバク食べていました(^^)。

 

こちらは、別日に注文した「お子様ミートソースパスタ」。

薄味のトマトパスタで、あっさりとした味わいでした。

お肉にニンジン、マッシュルームと、具だくさんでしたよ!

こちらも自然な味付けで、子供に食べさせやすかったです。

汁気の多いパスタなので、白い服は控えたほうがいいかもしれません。

 

参考までに、大人ゴハンも紹介します(^^)!

パスタランチ「氷見産ながらもとタコ、長いものトロトロシャキシャキ和風醤油パスタ」。

「ながらも」とは、海藻のこと。

もずくのような、チュルチュルした口当たりが特徴です。

山芋と相まって、ヌルヌル好きにはたまらないパスタですよ!

 

パスタランチ「やりいか、ホタテ、明太子の豆乳クリームパスタ」。

こってりめのクリームソースに、塩味の効いた明太子ソース。

ヤリイカのプリプリした食感も、食べごたえがありました。

 

ガレットランチ「イケダウィンナー、オニオンフォンデュ、グリュイエルチーズ、卵のフォンデュ」。

サクサクに焼かれた香ばしいクレープ生地に、塩味の効いたウインナーが乗っていました。

トロトロに盛り付けられたチーズと、こってりした卵が混ざって・・・重厚感のある幸せな味(*^^*)。

富山でこんなに美味しいガレットが食べられる店があったなんて、知らなかったな~♪

ところが。

ゆっくりガレット味わおうと思ったら、天敵出現。

ガレットを欲しがった息子に、生卵がついていない場所を与えたところ、めちゃめちゃ気に入って…

最終的には、ほとんど食べられてしまいました・・・!

スナック菓子みたいな感覚だもんね(T-T)。

次回は、卵をしっかり焼いてもらって、一緒に食べたいと思います(^^)。

ランチの後、冬の「氷見市海浜植物園」へ

美味しいランチの後は、冬の「氷見市海浜植物園」を訪ねました。

温室の中は暖かく、大きな木々が茂っていました。

細長いの温室「グラスチューブ」。

冬なので、植物もおとなしい感じです(^^;)。

問題は、屋外庭園。

まあこの通り、一歩も出られません(>-<)。

外に出れば素敵な雪景色が拝めるかもしれませんが・・・富山県民的には何も嬉しくないですね☆

この他、建物外に「海浜散策園」という見学コースもあるのですが、もちろんそちらも積雪で入れません。

「氷見市海浜植物園」の入場料は、春も冬も同じ200円です。

屋外庭園の見学ができない冬は、損した気持ちになるので・・・行くなら「ボルカノ」に直行されることをおすすめします。

「氷見市海浜植物園」内「ボルカノ」まとめ

オシャレな雰囲気のレストランに行きたくても、子連れだとどうしても気を使いますよね。

でも、1階が公共施設である「ボルカノ」には、安心して子連れで食事に行くことができます。

お子様ランチをはじめ、子供向けの設備が充実しているのも嬉しいポイント。

大人も子供も美味しいご飯が食べられる「ボルカノ」で、洗練された空間を楽しんでくださいね。

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ベビーカー~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「氷見市海浜植物園」内「ボルカノ」施設詳細

施設名 シーサイドハウス ボルカノ
所在地 富山県氷見市柳田3583氷見市海浜植物園4階
駐車場 140台
駐車料金 無料
電話番号 0766-91-0770
営業時間 11:00~17:00(ラストオーダー 16:30)
休館日 ・火曜日
・年末年始(12月29日~1月4日)
※臨時休業有り
公式HP http://www.himi-kaihin.com/volcano/
地図

スポンサードリンク






Pagetop