富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




富山子供連れの屋内遊び場・遊園地隣、富山湾がテーマの【魚津水族館】

ママのみなさん、水族館はお好きですか?

私は好きです!

薄暗い室内で、青い水槽をのんびり泳ぎ回る魚たちの姿。

時のたつのも忘れて眺めていたくなる、癒しの空間です(^^)。

夏の暑い日に来ると、見た目にも涼しいし、実際に館内も快適な気温。
子供と行けば、快適でちょっと変わったお散歩コースになりますよ!

幻想的な水族館の風景を、お子さんと一緒に楽しみませんか?

隣にある遊園地「ミラージュランド」と合わせていけば、子供が喜ぶ休日の完成です!

【関連施設】遊園地ミラージュランド

富山の遊園地【ミラージュランド】水族館・無料エリアもあるよ!

★記事後半では、「魚津水族館」で体験した、子連れならではの残念体験と対策を書いています。
1~3歳児の子のママは、必見ですよ( ;∀;)!

「魚津水族館」口コミ体験談

「魚津水族館」へ行ってみよう!~駐車場、入り口、料金~

「魚津水族館」に富山市側から車で来る場合、県道1号線を西から来ることになります。

「魚津水族館」は道の右手にあるのですが、すぐに右手には曲がれません。
左手「ミラージュランド」側に一旦曲がり、地下連絡通路で「魚津水族館」の駐車場まで移動します。

「魚津水族館」の駐車場は、遊園地「ミラージュランド」の駐車場と合わせて1500台。
これまで何度か行っていますが、休日は混み合うものの、駐車できなかったということはありません。

車を降りて「魚津水族館」へ。

かわいい魚の柄が目印です。

入口は2階なので、バリアフリーの坂か、階段を登ります。

こちらがチケット売り場。

【入場料金】

一般(高校生以上) →750円
小中学生 →410円
幼児(3歳以上)→100円

年間パスポートもあり、大人だと2060円だそうです。
年間、3回以上行けば元が取れますね(^^)。

魚津市内に住む中学生以下は、無料なのだそうです。
私が魚津市民ならパスポートを買って、子連れで入り浸るのにな・・・。

「魚津水族館」の見どころ

入口は、チケット売り場左手にあります。

中に入ると、空間全体に川の流れるような音が響いています。
こちらは「富山の河川」をテーマにした、水と緑が豊かな展示スペース。

水槽の中には、イワナやヤマメなどの美味しそうな川魚が泳いでいました。
魚の生態の他に、富山の環境についても学ぶことができます。
同じ環境に住むということで、ヘビの展示もされていてビックリしました(^^;)。

こちらは「波の水槽」。

人工的に波が作り出され、波の中を泳ぐ魚の姿を見ることができます。
息子、お魚が泳ぐ様子を間近で鑑賞。

次に、「魚津水族館」の中で一番大きな水槽「富山湾大水槽」。

日本海に住む、大型の魚たちが泳ぐ姿が見られます。
この水槽では、鰤など食卓に上る身近な魚を見ることができます。

トンネルになっていて、様々な角度から魚たちの様子を楽しめます。

幻想的な風景。

癒しのクラゲも、間近で見られますよ。

小さいサメと見つめ合う息子Σ(・□・)。

息子なら乗れそうな、巨大な亀もいました。

興味津々で、なかなか水槽から離れようとしませんでした(^^;)。

こちらは、エステコーナー!?

水槽の中には、人間の古くなった角質を食べてくれる魚がいます(>-<)。
手を入れると、手の角質を食べてくれて、すべすべになるんだそうです。
私は怖かったのでやめておきましたが、夫が水槽に手を入れていました。

くすぐったくて、変な感じだそうです(^^:)。

その横には「ふれあい水槽」。

ヤドカリやヒトデを触ることができます。
息子を抱っこして触らせようとしたのですが、嫌がってダメでした。

アザラシお食事タイムを、間近で鑑賞。

ごはん中に、握手やスマイルなどのかわいい様子を見せてくれました。
アザラシお食事タイムの時は、多くの家族連れが見学スペースに集まります。
小さい子連れの場合は、少し早めに行って、最前列をゲットしたいものですね。

私イチオシの展示は、「バックヤードコーナー」です!

その名の通り、水族館の裏側、飼育員さんがどのような場所で働いているのかを、
見学することができるんです!

見たことのない道具が、たくさん置いてありました。
水に潜る際のスーツなども、展示されていましたよ。
このコーナーは、子供より大人の方が楽しめると思います(^^)。
透明な床下は、水槽になっていて、魚が泳ぎまわっていました。

水族館でのお仕事を垣間見ることができる、楽しい展示です!

「魚津水族館」の子連れに優しい設備

「魚津水族館」には、子連れに優しい設備が充実しています。

「うおすいファミリウム」

「うおすいファミリウム」は、子供が楽しむことができるキッズスペースです。

ぬいぐるみは、さすが水族館!
チンアナゴやサメ、ウツボ?など、海の生き物のぬいぐるみが取り揃えられています。

私たちが行った時は、ハイハイ赤ちゃん連れのお母さんが、こちらで赤ちゃんを遊ばせていました。
平日の「魚津水族館」は人も少なく、赤ちゃんをのんびり遊ばせることができますね。

「うおすいファミリウム」についての説明がありました。

「家族やお友達と楽しく学習したり遊んだり写真を撮ったり。うおすいファミリウムはそんな憩いの場です。」だそうです。

水族館の中に、子供とくつろぐことができるスペースがあるなんて、嬉しいですね。

キッズスペース横には、机と椅子が置いてあります。

こちらには、ぬり絵用紙と色鉛筆が置いてあり、自由に色塗りが楽しめます。

私たちが行った時は、毒のある生物についての展示がされていました。

ニホンマムシに食べられる、顔出し看板w。

撮影ポイントにはカエルの足跡が・・・。

キッズコーナー

展示コース途中にある、「キッズコーナー」。

クッションが敷きつめられているので、赤ちゃんでも安心して遊ばせられます。

そしてなんと!
このコーナーには、海の仲間に変身できる衣装が置いてあるのです!

息子に亀の格好をさせようとしましたが、嫌がって逃げられました(T-T)。

着てくれれば、かわいい写真が取れること間違いなしです!
ちなみに、亀の他に、カニやタコの衣装、アザラシのぬいぐるみもありました。

レストラン「スワン」

歩き疲れたら、食事やお茶をするのもいいですね。

こちらは、昭和のおもむき漂う(ほめています)レストラン「スワン」。

メニュー表や、食品サンプルも素敵でワクワクします。

子供椅子もあるし、お子様ランチ・お子様ラーメンなどのキッズメニューもあります。

入口のカウンターで注文、席に着くと店員さんが購入した食券を持って行って、注文完了。

座って待っていると、お料理を持ってきてもらえました。
この日は、アイスミルク(420円)を注文。

気軽なお食事処かと思ったら、意外と1000円を超えるメニューもあるんですね。

ドリンクをつけたら、なかなかのお値段。
観光地だから仕方ないですね・・・。

お土産「真珠コーナー」

こちらはレトロ感あふれる、土産物屋さん。

「地元だし別にお土産を買わなくても…」という声が聞こえてきますが、
意外と子供が喜ぶオモチャが扱われているんですよ!
うちの息子は数年前、こちらで購入した走るミニカーでいまだに遊んでいます。

女の子には、魚津市のゆるキャラ「ミラたん」のぬいぐるみなどどうでしょう?

蜃気楼をイメージしたキャラクターなのですが・・・かわいいですよ(^^)!

お土産探しに疲れたら、お店の隣には広い無料休憩所があります。

休憩所前の自販機でジュースを購入して、のんびり過ごすこともできますよ。

授乳室、オムツ替えベッド、貸し出しベビーカー

「魚津水族館」3階には授乳室と、オムツ替えベッドがあります。

落ち着いた雰囲気の、畳の授乳室。

ベビーベッドもありますが、畳の上でもオムツが替えられそうですね。

こちらは二階のオムツ替えベッド。

また、入口ではベビーカーの貸し出しもやっています。

子供が館内で歩かなくなった!というときにお借りしたい。

先着順で、予約は受けていないそうです。

「魚津水族館」での残念体験と対処法

実は私、2度ほど「魚津水族館」で苦い経験をしています( ;∀;)。

水族館のせいではないんです!
子供が小さいうちは、誰にでも起こりそうなことなので、
以下そのときの状況と、対策について書きたいと思います。

事件1 子供が魚に興味を示さず、館内をダッシュ

1度目は、もっとも息子の落ち着きがなかった時期、2歳半あたりのこと。
水槽をまったく見ずに、水族館の通路をダッシュ!

滞在時間10分ほどで出口についてしまいました( ;∀;)。
引き返そうにも嫌がって、帰るしかなくなるという悲しい思いをしました。

750円×2が・・・(T-T)。

【対策】

水族館の鑑賞は、まだ少し早かったいみたい・・・。
そんなときはあきらめて、「キッズコーナー」や「うおすいファミリウム」などに誘い込んで、遊んでいきましょう。

事件2 子供が薄暗い部屋を怖がり、入室拒否

2度目は、つい最近。
息子2歳8ヶ月のころ。

3歳を前にして、息子の心に「恐怖する」というか感覚が芽生えてきました。

あれほど大好きだったワンコと少し距離を開けるようになったり(でも好き)、プラネタリウムを怖がったり。

恐怖心が芽生えた結果…薄暗い水槽エリアを怖がるようになってしまったのです( ;∀;)。

入り口までニコニコしていた息子が、急に暗い水槽エリアに来たら無表情で立ち止まり、
戻ろう戻ろうと手をひっぱります。
大丈夫だよと、なだめても暴れて入ろうとしません。

ま、またダメなんかなー( ;∀;)?

と思いつつ、息子と行く行かないでもめていると、水族館の職員さんが声をかけて下さました。

なんでも、明るい部屋のみを歩くことができるコースがあるそうです!

このコースとは、本来のコースを逆走するもの。
出口付近のアザラシ水槽からスタートし、階段を登って、明るい場所のみチラ見することができました。
「明るいコーナーから、暗いコーナーをチラ見」、を繰り返すことで、全体の7割くらいは見られたと思います。

【対策】

暗いエリアはあきらめましょう。
職員さんにお願いして、明るい展示ルートを進ませてもらいましょう。

「魚津水族館」まとめ

「魚津水族館」は、子供に新鮮な体験をさせてあげられる嬉しい施設です。
まるで富山の海の中を歩いているような、大きな水槽。
かわいいアシカや、クラゲとの出会い。
疲れたら、充実のキッズスペースで休憩できます。

子供の性格や年齢によって、ゆっくり見られない時もあるかもしれません。
でもがっかりしないで、その子の興味に合わせて「魚津水族館」を楽しんで下さいね!

ワンオペ難易度 ★★☆
授乳室 有り
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ベビーカー~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「魚津水族館」施設詳細

施設名 魚津水族館
所在地 富山県魚津市三ケ1390
駐車場 1500台
電話番号 0765-24-4100
開館時間 AM9:00~PM5:00
休館日 年末年始(12月29日~1月1日)
公式HP http://www.uozu-aquarium.jp/
地図

スポンサードリンク






Pagetop