富山子供連れの遊び場【砺波総合運動公園】子供が喜ぶ遊具口コミ体験談

秋も深まり、行楽シーズンが始まりましたね!

過ごしやすい時期になったし、子供を屋外でたっぷり遊ばせたいところ。

ただ、公園と一口に行っても、どんな遊具があるのか、本当に子供が楽しめるのか不安じゃありませんか?

遠方の公園に行ってみたら、スポーツ施設ばかりで子供が遊べる場所が少なかった!

なんて悲しい出来事もたびたびあります(T-T)。

今回紹介する、南砺市砺波にある「砺波総合運動公園」は、そんな心配無用です!

飛行船を模したダイナミックな見た目のアスレチックは、小さな子でも簡単に遊べる作り。

足元よちよちの子から、元気な小学生まで力いっぱい遊べるんです!

「砺波総合運動公園」を3歳息子と一緒に遊んだ口コミ体験談を紹介しますね。

「砺波総合運動公園」口コミ体験談

「砺波総合運動公園」駐車場・消えたアンパンマンについて

「砺波総合運動公園」は、サッカー場や野球場がある広い公園です。

遊具のある公園は、地図下のピンクに囲んだ「風の丘」という場所。

ちょうどその隣(水色で〇)に駐車場があるので、そちらに停めましょう。

周辺の駐車場は合わせて1000台停められるということですが、この駐車場は約40台ほど停められます。

「砺波総合運動公園」のことを調べていたら、たびたび「アンパンマン」や「アンパンマン公園」という言葉に出会いました。

でも実際に公園に行ってみても、アンパンマンの姿は無し。

昔「砺波総合運動公園」にはアンパンマンの遊具があったそうですが、2013年に撤去されたそうです。

息子はアンパンマンが好きなので、残念でした(T-T)。

「砺波総合運動公園」の遊具広場「風の丘」体験談

駐車場から、遊具広場「風の丘」に向かいます。

道中には、日陰で休めるベンチが複数ありました。

道を抜けると、大きな丸い遊具が見えてきました!

丘全体に遊具が設置されていて、大迫力!

早速、「風の丘」の巨大遊具から体験していきましょう!

この遊具は飛行船の形をしていて、複数の階段と滑り台がついています。

一見、複雑な形をしていますが、アスレチックの難易度が低いところが魅力です。

登り口は、一般的な高さの階段。

階段デビューしている子なら、簡単に登れると思います。

階段を登り切ると板の床に到着。

その先には、虹色の橋がありました。

鉄の棒が横に渡された橋なのですが、棒の間隔が狭いため足の小さい子でも踏み外すことはありません。

下から見ると、こんなかんじ♪

先に進むと、遊具内に面白い場所がありました。

この白い床、スポンジのような感触で歩くとフワフワします。

通常、地面に置かれるふわふわ山が、遊具内の床になっているのです(空気の入ったふわふわドームではありません)!

足元の変な感覚に、子供たちは歩いたりジャンプしたりと楽しんでいました(^^)。

飛行船の先頭部分には、布地の床を渡っていきます。

もう、かなり高い場所なので、ちょっとドキドキ。

「風の丘」で一番長い、ローラー滑り台の乗り口に到着しました。

丘を利用して建てられているので、より高さを感じます・・・!

滞りなく、最後まで滑れました(長い滑り台はたまに途中止まってしまうものがあるんですよね…)。

親子で滑ると親の体重があるぶん、スピードが出るのでスリル満点!

私も息子も何度も滑ってきましたよ(^^)!

せっかくなので、一番上の展望台まで登ってみました。

遊具内を、上へ上と登ります。

こちらは、ハシゴと階段の間のような登り口。

手すりに摑まれるので、息子はひょいひょい進んでいました。

こちらは丸い山に掴まって登ります。

こちらは若干難しかったようで、サポートしました(^^;)。

丸い山がつかまりにくいんですよね。

最後は、はしごで上に登ります。

こちらが遊具の窓から見た外の風景。

一級河川、庄川の河川敷が良く見えます。

・・・窓の幅が、狭すぎる気がしますが?

他にもこの遊具には、乗り口や滑り台が複数あります。

赤い階段と、そのすぐ横に赤い滑り台。

この滑り台は、見た目の割にはゆっくり滑り降りられて快適でした。

穏やかな遊具が好みの子におすすめです。

登り口は階段の他に、ロープの網を登るものや、

よじ登るものなど、多彩です。

少々難しいと思われる場所も有りましたが、3歳息子はほとんどのアスレチックを進むことができました(^^)。

飛行船の遊具の隣には、長い滑り台があります。

こちらも階段で簡単に登ることができますよ。

2本の長い滑り台が、降り口で合流しています。

・・・別に合流しなくてもいいような?

実際にはぶつからないのですが、同時期に誰かが滑り降りてくると少々びっくりします。

遊具で遊び疲れたら、丘の上の休憩所で休憩しましょう。

お花のような形?のベンチがいくつも用意されています。

ここからの眺めも最高ですよ!

横には、何かを使って滑るような坂がありましたが・・・用途がわかりません。

注意書きに、「ローラースケート・スケボー禁止」って書いてあったし・・・。

トイレは公園内にあります。

多目的トイレの中に、オムツ替えベッドがありました。

使いやすく掃除されていましたよ(^^)。

遊具広場隣の「富山県西部体育センター」には子連れに便利な設備が充実している

突然雨が降ってきた!

寒く&暑くなってきた!

赤ちゃんに授乳したい!

なんて緊急事態に頼れるのが、遊具広場隣にある「富山県西部体育センター」。

「富山県西部体育センター」には、子連れに便利な設備が充実しているんです。

場所はこちら。

こちらが「富山県西部体育センター」入口です。

入って右手に温水プール、奥に体育センターがあります。

室内は快適な気温に保たれていますよ(^^)。

体育センター入ってすぐに、ソファのある休憩スペースがあります。

赤ちゃん連れでくつろぐ家族の姿もありました(^^)。

その近くには自動販売機コーナー。

水分補給にご利用くださいね。

100円で、美味しいコーヒーを飲むこともできます。

こちらがコーヒーマシン。

注!「必ずコップを入れてから」100円を入れましょう!

コップを入れ忘れると、コーヒーが機械に流れて行っちゃいますよ(他の店でやったことがある)!!

また、このソファーコーナーの隣には「幼児室」なる部屋があります。

足元がクッションスになっていて、子供を遊ばせることができます。

・・・しかし、部屋が暗いし、どなたか真剣に柔軟体操をしている・・・。

ちょっと入りにくかったです(^^;)。

また、「富山県西部体育センター」には授乳室もあります。

急に赤ちゃんがお腹を空かせてしまったときに、助かりますね。

授乳室は、1階と2階の2部屋あります。

利用の際は、各階の受付に申し出ましょう。

「砺波総合運動公園」まとめ

「砺波総合運動公園」は、丘を利用した高さのある遊具が魅力です!

アスレチックは、小さな子も楽しめる難易度なので、歩き始めたばかりのヨチヨチの子も多く遊びに来ていました。

もちろん、小学生くらいの子も元気に走り回っていましたよ!

家族連れが大半なので、滑り台を逆走してくるようなマナーの悪い子にも遭遇しませんでした。

赤ちゃんのお世話が心配でお出かけしにくいな~と思っているママも、隣の「富山県西部体育センター」を利用すれば安心ですよ。

ぜひ次の休日には砺波に足をのばして、「砺波総合運動公園」で子供と力いっぱい遊んできてください!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 有り(富山県西部体育センター内)
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 よちよち歩き~小学生

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「砺波総合運動公園」施設詳細

施設名 砺波総合運動公園
所在地 富山県砺波市柳瀬241
駐車場 1000台
駐車料金 無料
電話番号 0763-33-6889(総合運動公園管理事務所 )
開園時間 終日開園
定休日 無し
公式HP 砺波総合運動公園公式サイト
地図