【氷見番屋街】買い物・グルメ・足湯が楽しめる楽しい富山の観光名所に子どもと行ってきた体験談!【駐車場・アクセス・営業時間】

(2020年12月更新)

こんにちは!富山で5歳男児子育て中のアラフォー主婦KEIです!

県内外から多くの観光客があつまる道の駅、【氷見番屋街】。

家族で訪れたことのあるママも多いのではないでしょうか?

【氷見番屋街】の魅力と言えば、氷見漁港で獲れた新鮮な魚を味わったり、氷見みやげを買ったりできるところですよね。

敷地内には足湯もあって、買い物疲れを癒すことができるのも魅力です。

周辺には海辺に面した芝生広場「比美之江公園」や遊具広場もあるので、買い物に飽きた子どもを外遊びさせられる所もオススメですよ!

【比美乃江公園(1)】「氷見番屋街」駐車場前にある穴場的遊具広場!観光ついでに子どもを遊ばせよう!【富山連れの遊び場】

「氷見番屋街」について

「氷見番屋街」の営業時間・定休日など詳細

「氷見番屋街」の営業時間・定休日などは以下です。

【営業時間】

●鮮魚・土産物販売  8:30~18:00(鮮魚は売り切れ次第終了)
●フードコート 8:30~19:00
●飲食店 11:00~19:00
●回転寿司 10:00~21:00

【定休日】1月1日

「氷見番屋街」へのアクセス~氷見駅から怪物くんバスに乗ろう!~

自家用車以外で「氷見番屋街」に行く方法としてオススメなのが、「氷見駅」からバスに乗る方法です。

氷見駅からは「氷見番屋街」に行く「市街周遊バス」が走っていますよ!

市街周遊バスの柄はなんと、富山県は氷見市出身の藤子不二雄B先生作「怪物くん」

「怪物くん」ファンならば、ぜひ乗ってみたいですね!

氷見駅から「氷見番屋街」は約12分で到着、料金はどこで降りても100円(子ども50円)。

1時間に1本なので、時間を確認して乗ってくださいね。

時刻表・路線などは、以下サイトにてご確認ください。

氷見市街地周遊バスの路線図・時刻表などはこちら【加越能バス公式サイト】

「氷見番屋街」の駐車場

「氷見番屋街」の駐車場は、普通車220台が停められるそうです。

道の駅にしては十分な広さ!と言いたいところですが、土日祝日などは満車に近くなることもあります。

ただこれまで数回行っていますが、本当に入れない(>-<)!ということはありませんでした。

誘導員さんも立っているので、空いているスペースに案内してもらいましょう!

「氷見番屋街」に子どもと行ってきた体験談

「氷見番屋街」の見取り図

下が「氷見番屋街」の見取り図です。

広い敷地には、鮮魚店や干物・飲食店やお寿司屋さんなど、様々なお店が並んでいますよ!

駐車場に近い前方の建物は「西の番屋」、フードコートなどがある後方の建物は「西の番屋」、地図右側みやげもの屋さんがあるエリアは「南の番屋」と名づけられています。

「氷見番屋街」で鮮魚や加工食品など買い物を楽しむ!

「氷見番屋街」は天井の高い、まだまだ真新しい建物です。

とにかくお店がたくさんあるので、右を見ようか左を見ようか迷ってしまいますよ!

鮮魚エリアでは氷見名物の「鰤」や、ベニズワイガニ・バイ貝などの美味しそうな魚介類が販売されています(毎日内容は変わります)。

また氷見名物と言えば、魚の加工食品。

お酒のつまみにぴったりな、干物やオイル漬けなどが並んでいましたよ!

富山県定番、白エビ煎餅などのお土産も販売されています。

「ハットリ君」や「怪物くん」・「プロゴルファー猿」など、藤子不二雄B先生のグッズコーナーもありました。

獅子丸タオルやハットリ君バッグ、ほしいかも・・・。

富山~北陸のお酒を扱ったお店もありますよ!

お酒好きの方は、その場でクロネコさんに送ってもらうこともできますよ!

みやげものコーナーに「ブリアイス」なる衝撃のアイスクリームが販売されていました・・・!

味のラインナップも「ネギ塩」「照り焼き」「西京味噌」など、なにかがおかしい。

一口試食させてもらえたのですが・・・確かに口の中に魚の身が残りました・・・(汗)。

話のネタに、買ってみてはどうでしょうか。

あくまでも話のネタに

気を取り直して、こちら私が一番気に入っているお店「みのりの番屋」

地元の農産物が販売されているコーナーです!

氷見産の野菜や加工食品が多数販売されていますよ(これは春ごろの写真)!

味噌や要冷蔵のジュース・手作りのお菓子なども購入できます。

「みのりの番屋」の建物は「氷見番屋街」の奥の方にあるので、ぜひチェックしてみて下さいね!

「氷見番屋街」では気軽に氷見グルメが楽しめる!

「氷見番屋街」といえば、氷見グルメも楽しみですね!

海鮮丼や回転ずしをご紹介・・・!と行きたいところですが、親子連れで行くなら、子どもが騒いでも大丈夫なフードコートをおすすめします!

「氷見番屋街」のフードコートでは、気軽に氷見グルメを味わうことができますよ!

フードコートでは、「氷見うどん」「氷見カレー」「氷見ラーメン」「氷見コッペ」「氷見牛まん」「氷見牛コロッケ」「氷見牛メンチ」が食べられる他、「富山ブラックソフトクリーム」などのスイーツも食べられます。

座席はかなり広いのですが、ランチタイムだとコミコミになっていることも多いです(春ごろ撮影の写真。現在は感染対策で各席にアクリルの板が取り付けられています)。

子供椅子もあるので、小さい子連れでも安心ですよ。

オープンテラス席もあるので、食べたいものを買って外で飲食することもできます。

私はおやつタイムに遊びに行ったので、フレッシュジュースを購入しました。

右手が「小松菜ジュース」

・・・最近、野菜不足だったもので。

「青汁みたいな味だったらどうしよう?」と思ったのですが、リンゴやレモンも入っていて、すっきりと飲みやすい味でした(よかった)。

右手の焼き菓子は「みのりの番屋」で購入。

「みのりの番屋」のお菓子はどれも甘さ控えめで、美味しいんですよ!

「氷見番屋街」に行くと毎回、何かしら買っています。

このチョコケーキもあっさりめの味わいで、さっぱりした小松菜ジュースとぴったりでした!

こちらはフードコートではないのですが、どうしても海産物が食べなくなったので入った「浜焼き屋台 かぶすや」

「ちょっとだけ魚が食べたい!」という時に重宝します。

お店の簡素な造りが、漁師さんの食堂をイメージさせますね!

「本日のかぶす汁(400円)」には、海老・カニ・魚がごろごろ入っていました。

魚介の出汁が出たお味噌汁って、本当に美味しいですよね!

寒い時期なら体がぽかぽかに温まりますよ!

ホタテ好きにはたまらない「ホタテバターホイル焼き(500円)」

バターとホタテなんて、どうやっても美味しくなるやつです。

ホタテがめっちゃ大きくて「これ、500円でいいんですか!?」って思いましたよ!

「かぶす汁」も「ホタテのバター焼き」もしっかり火が通っているので、小さな子にも食べさせられます(^^)!

「氷見番屋街」の足湯で海を見ながら温まろう!

「氷見番屋街」のもうひとつの楽しみといえば、「足湯」です。

建物外、小高い丘の上に「足湯」と書かれた小さな小屋が建っています。

こちらが足湯の入り口。

入り口横に、消毒用スプレーが置いてありました。

足湯の営業時間は、8:30~17:30。

現在は感染対策で、マスクの着用・手指の消毒・大きな声で話さない・間隔をあけて座るという対策がとられています。

間を開けて座るように、座ってはいけない場所にしるしが付けられていました。

こちらの足湯は「氷見総湯温泉」と言われ、神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・慢性皮膚病・疲労回復に効果があると言われています。

窓が開けられていて、風通しがよかったです。

冬はお湯に入れない足より上が寒くなりそうなので、防寒対策をしていきましょう!

窓からは「比美之江公園」の芝生と海、そして青空が見えました。

ちなみに、足湯の建物の横に公衆トイレがあるのですが、

こちらには子ども用便器があります。

小さい子を連れて行くときに便利ですよ!

「氷見番屋街」の新しい動き(2020年11月)

こちらは2020年11月の写真なのですが、「氷見番屋街」からいくつかテナントが抜けて、新たなお店と飲食スペースが作られていました。

どんな新しいお店が入るのか、楽しみですね!

また、赤ちゃんが遊べそうなキッズスペースも作られていましたよ。

授乳室がない点など、イマイチ赤ちゃん向け設備が弱かった「氷見番屋街」ですが、これからチビッ子連れにも優しい施設になっていったらいいですね!

もうひとつ気になったのが「氷見番屋街」の駐車場にあった、このカワイイ乗り物。

「ヒミカ」という低速運転ができるこの車は、3時間1000円で借りられるとのこと。

この個性的な車に乗って氷見観光すれば、街中で注目されること間違いなしですよ(別に注目されたくない)!

「氷見番屋街」に子どもと行ってきた体験談まとめ!

「氷見番屋街」に行って、グルメや買い物、足湯を楽しんできました。

美味しいものを買って食べて足湯で温まってと、なんだか充実した時間でしたよ!

ただ子どもはランチやオヤツの時は大人しくしているのですが、食べ終わるとすぐに飽きちゃうんですよね(T-T)。

大人が「もうちょっと買い物したいな!」と思っても、おかまいなしで「もう帰る~」と言ってきます。

なんとか近くにある公園や足湯をからめつつ、子連れでの買い物を楽しんでくださいね(^^;)!

ワンオペ難易度 ★★☆(休日は人が多い)
授乳室 なし
オムツ替ベッド あり
オススメ年齢 ベビーカー~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「氷見番屋街」施設詳細

 

施設名 氷見番屋街
所在地 富山県氷見市北大町25-5
営業時間 ●鮮魚・土産物販売  8:30~18:00(鮮魚は売り切れ次第終了)
●フードコート 8:30~19:00
●飲食店 11:00~19:00
●回転寿司 10:00~21:00
定休日 1月1日
駐車場 220台
電話番号 0766-72-3400
公式サイト 氷見番屋街公式ページ
地図
PAGE TOP