富山【天湖森キャンプ場】のコテージで子供と宿泊!遊具広場や釣り・BBQが楽しめるアウトドア初心者向け施設!

【お知らせ】「コトコトとやま」のFacebookページができました。
最新の更新情報や、おすすめのおでかけ先が知りたい方はフォローをお願いします(^^)! → https://www.facebook.com/KEIKOTOKOTO/

こんにちは、富山で4歳男児子育て中のアラフォー主婦KEIです!

突然ですが、子供の心身の発達のために自然体験をさせるといいのをご存知ですか?

なんでも、クリエイティブな発想をもち世の中に技術革新をもたらした偉人達は、幼少の頃自然に親しむことが多かったのだそうです。

…って、最近読んだ本に書いてあったんですよ!

すぐ真に受けるタイプなので、子供に自然体験させないと!と、キャンプ場を検索。

…とはいっても、もともとインドアもやしっ子な私なので、いきなりテントとか無理です。

初心者は無理せず、ほぼビジネスホテル並みに設備が整った「コテージ」に泊まることにしました!

富山の南側にある「天湖森(てんこもり)キャンプ場」は、初心者から上級者までが楽しめるキャンプ場。

池を中心とした豊かな自然環境の中で、散策や釣り、パークゴルフなどアウトドアレジャーを楽しむことができますよ!

遊具広場もあるので、子供を遊ばせるのにも最適です(^^)!!

「天湖森キャンプ場」について

「天湖森キャンプ場」概要

「天湖森キャンプ場」があるのは、富山と岐阜の県境近くにある富山市割山。

富山市中心部からは車で約40分と、気軽に行くことができます。

東京ドーム約3コ分の広大な敷地内には、フリーサイト(テントを使用しての宿泊場)・オートキャンプ場、コテージ・ログハウスなどの宿泊施設に加え、

バーベキュー、釣り、パークゴルフ、テニスなどのレジャーを楽しむ設備も充実しています。

天湖森キャンプ場公式サイトより引用)

「天湖森キャンプ場」の近くには、美人湯で有名な温泉施設「楽今日館(らっきょうかん)」もあるので、温泉でのんびりできるのも嬉しい!

そして初心者に嬉しいのが、敷地内に品揃え豊富な売店があること。

忘れ物や足りないものがあったら、ほぼなんでも現地で購入したりレンタルすることができますよ!

「天湖森キャンプ場」コテージの予約方法

「天湖森キャンプ場」の予約は、半年前からすることができます。

予約受付は、「楽天トラベル」「じゃらん」「Yahoo!」等Web予約する方法と、

キャンプ場に直接電話する方法があります。

私は「じゃらん」で予約したのですが・・・なんと、「天湖森キャンプ場」の公式ウェブサイトに「満室表示でも電話予約分の在庫がある場合がございます」という表記が・・・!

結局web予約の後、バーベキューの相談のために直接電話したので、どうせ電話するならキャンプ場で直接予約される方がいいと思います。

「天湖森キャンプ場」予約・問い合わせ窓口→ 076-485-2777

こちらのページで、予約状況をチェックできますよ!

「天湖森キャンプ場」コテージの利用料金とチェックイン&アウト時間

「天湖森キャンプ場」コテージは、4名までの利用が可能です(5名からは1名追加ごとに550円要)。

料金は平日土日問わず1泊2日、1棟13500円です(専用駐車場1台付)。

旅館を利用することを考えたら、格安ですよ!!

また、チェックインの時間は14:00で、チェックアウトは翌朝10:00です。

・・・が、電話したときに「前の人のチェックアウトが終わり次第、使ってもらっていいですよ」と言われました(^^)。

早めに行って遊びたい人には嬉しいですね!

ちなみにコテージは、日帰り利用も可能。

利用可能な時間は、10:00~16:00(混雑時11:00~17:00)で、6930円です。

「天湖森キャンプ場」のコテージに子連れで宿泊してきた体験談!

「天湖森キャンプ場」のコテージへチェックイン

「天湖森キャンプ場」に着いて、はじめに向かったのが管理棟。

車で入場ゲートから入ると、正面に見えてきます。

結局わが家が到着したのは、公式チェックイン時間の14:00ごろ。

チェックインする人たちの車で、行列になっていました(>-<)。

画像右手が、管理棟の受付です。

受付に行くと「受付申込書」をもらえるので、こちらに書き込みます。

料金を支払い、キャンプ場の利用説明を聞きました。

チェックイン処理が終わったらコテージの鍵と、

シーツの入ったカゴがもらえます(両方とも、チェックアウト時に返却)。

さらに、温泉施設「楽今日館」の割引券ゴミ袋ももらえますよ!

利用案内と、レンタルの料金が書かれた資料も貸してもらえました。

バーベキュー棟の注意点も、書かれています。

こちらは、設備や道具のレンタル料金表。

地図もついているので、慣れるまでは散策するときに持ち歩くといいですよ(山中でちょっと迷った)。

ちなみに、受付の横には売店があります

ちょっとした食品や、紙の食器、調味料、ラップや箸など、うっかり忘れそうな品物が揃っていますよ!

薪やカセットコンロのガス、折り畳み傘もあります。

ビールやお茶もあるので、飲み物を切らしても大丈夫!

「天湖森キャンプ場」コテージの設備

「天湖森キャンプ場」コテージの外観は・・・三角!!

息子は「さんかくのおうち!」と言って、喜んでいました(^^)。

コテージに宿泊すると専用の駐車スペースが1台もらえるのですが・・・三角の下のスペースに駐車することができます!

荷物を部屋に持ち上げるだけなので、移動がなくてラクチン!

車を1台停めてもスペースに余裕がありましたが、建物下部分を広々と使いたいのであれば、荷物だけ先に下ろして、共通の駐車場に車を停めておくといいです。

他のコテージの皆さま、コテージの下でBBQをしたり、ハンモックでくつろいだりと使いこなしていました・・・!

コテージの居住部分には、階段で上がります。

なかなか急だし高さもあるので、足元よちよちの子を連れて行くなら、落下しないよう気をつけてください。

立派な木の扉。

中は板の間になっています。

はしごの先には、テンションの上がる小さな2階があります。

1人寝られそうなくらいのスペースです。

ちゃんと個別の照明と、電源もある。

息子はハシゴを怖がって、1度しか登りませんでした(^^;)。

布団・座布団は、4人分用意されていました。

管理棟で貸してもらったシーツをつけて使用します。

簡単なキッチンには、冷蔵庫や炊飯器もついています。

IHのコンロもついていますよ。

流し台の下には、フライパンやザル、ボウルなどの調理器具。

お鍋や皿、食器も充実していますよ!

ただ・・・食器は大きいスプーンしかないので注意!

結局後で、売店に割り箸を買いに行きました。

こちらはキレイに掃除されたユニットバス。

まるでビジネスホテルのようです・・・!

ただ、わが家は温泉施設「楽今日館」に行ったので、お風呂は使用していません(「楽今日館」の感想は別記事にて)。

エアコンもあるので、冷暖房で好きな温度に調整できますよ。

下の階にも、電源があります!

掃除道具も置いてあるので、帰りにはお掃除しましょうね。

参考までに、コテージの見取り図です。

天湖森キャンプ場公式サイトより引用)

備品の表ものせておきますね。

天湖森キャンプ場公式サイトより引用)

「天湖森キャンプ場」のアスレチック遊具と散歩道

「天湖森キャンプ場」のアスレチック遊具のある広場

「天湖森キャンプ場」のアスレチック広場は、少し小高い丘の上にあります。

はじめに見えるのは、3階建ての展望台。

なだらかな道になっているので、散歩の一環として登ることができます。

一番高い場所からは、周りの山や池の風景を見渡すことができます。

遠くの街まで見渡せますよ!

広場には、滑り台が楽しめるアスレチック遊具があります。

息子、あまり滑り台で遊ばず、やたらと○×ゲームで遊んでいました(-o-;)。

足がスプリングになっている、揺らして遊べる遊具。

元、ハンドルがあった?ゆらゆら遊具もありますよ。

ザイルクライミングは、小学生に大人気でした。

ターザンロープで遊ぶこともできます。

広場もあるので、ボールで遊んだり走り回ったりもできますよ!

休憩できる東屋もありますし、

トイレもあるので、急に子供がトイレに行きたがっても大丈夫ですよ!

「天湖森キャンプ場」の自然散歩

「天湖森キャンプ場」の魅力は、なんといっても土田池周辺の美しい風景。

かなり広い池なので、水辺を一周するだけでも運動になります。

水辺を歩くと、本当に心が安らぐんですよね~(^^)。

11月のキャンプシーズン真っ盛りの時期に行ったので、オートキャンプ場やフリーサイトもコミコミでした。

散歩コースはなだらかな道ですが、湖に近づいていくとアップダウンのある山道も楽しめます。

池のすぐ近くも歩けますよ。

早朝から釣りをする人が、たくさんいらっしゃいました。

釣り竿もエサも、借りたり買ったりできるので、手ぶらで釣りを楽しめます(誰か釣り教えて)

こちらは天体観測所。

夜には天体観測が楽しめます…が、私が行った日は小雨が降っていてできませんでした(T0T)。

ちなみにわが家は、夕方の3回散歩に行きました。

時間帯によって雰囲気が変わって、楽しかったです(^^)。

「天湖森キャンプ場」での夕飯&朝ごはん

キャンプの醍醐味と言えば、美味しいご飯ですよね!

もちろん焚火をしてBBQ!・・・と言いたいところですが、キャンプ初心者のわが家にそういった技術はありません(T0T)。

BBQ設備を借りることもできましたが、火をつけるのも片づけるのもめんどくさそうなので止めておきました。

私としては「ご飯はキッチンで作ったり、買って行けばいいじゃん」と思っていたのですが、夫がどうしても屋外で調理して食べたいと言い出し・・・。

で、持って行ったのが、カタログギフトでもらったちっこい卓上七輪。

夫、かなり苦労して炭で火を起こしていました(>-<)。

ささっと火をつける技術がほしいなあ・・・。

また、さらに問題が。

七輪を乗せるテーブル&椅子がないし、周りは真っ暗。

急遽、管理棟からテーブルと椅子を別途借りることになりました。

テーブル・椅子×3を借りて、約2000円(うろ覚え)。

明かりはなんとか、懐中電灯×2の置き方を工夫して配置。

ランタン、欲しいなあ・・・。

ごはんは炊かずに、パックご飯を湯煎して食べました。

ほぼ初めてとあって全然手際よくできませんでしたが、息子は夜に外でご飯が食べられて楽しかったようです(^^;)。

食後にはキャンプの醍醐味2、夜散歩。

テントやログハウスに明かりが灯って、キレイでした(^^)。

ちなみに「天湖森キャンプ場」には消灯時間になると、放送が流れて消灯・就寝を促されます。

実はおとなりのコテージが男子大学生のグループで若干うるさかったのですが、放送とともに静かになりました(^^)。

さてさて、翌朝の朝食。

室内のキッチンにて、ホットケーキとソーセージを焼き、持参したピクルスとレトルトのみそ汁を食べました。

朝から火をおこすとか無理・・・(>-<)!

食後は、池の景色が楽しめるベンチでお茶にしましたよ。

息子の水筒にお湯を入れて、コーヒーを入れました(^^)。

「天湖森キャンプ場」をチェックアウト

「天湖森キャンプ場」のチェックアウト時間は10:00。

ギリギリになると混み合うので、わが家は9:30ごろにチェックアウトしました。

チェックアウトの時には、チェックインの時に受け取った、シーツのカゴ、鍵、資料などを管理棟受付に返却。

ゴミは車にのっけて、入場ゲート横のゴミステーションに捨てました。

これにて「天湖森キャンプ場」コテージ宿泊、完了!

「天湖森キャンプ場」でのコテージ泊まとめ

以下、「天湖森キャンプ場」のコテージに泊まって、良かった点と残念だった点です。

【良かった点】
・車が建物の下に停められるので、荷物の移動がラクチン。
・建物の下でBBQができる。
・コテージの形が三角でかわいい。子供が喜ぶ。
・冷暖房完備の建物に滞在できる
・旅館に泊まるより遥かに安上がる
・基本的な備品は揃っているし、忘れ物は売店で買ったりレンタルすることができる
・遊具広場があるし、散歩も楽しい

【残念だった点】

・箸など意外なものがなかったこと
・コテージ下に照明がなかったこと
・テーブルと椅子がなかったこと

・・・はいすいません、単に準備不足だっただけですm(-.-;)m。

そんなわけでキャンプ初心者でも、「天湖森キャンプ場」で楽しく宿泊することができました(^^)。

富山県内には他にもキャンプ場がありますが、慣れるまで何度か「天湖森キャンプ場」で練習してみるのもいいかな~?と思いました。

おそらくここまで読んだ方で、「アウトドアにまったく興味ない!」という方は少ないと思います。

初心者でも安心な「天湖森キャンプ場」で、家族のキャンプデビューをしてみませんか?

自然の中で、子供との楽しい思い出をたくさん作れますよ(^^)!

ワンオペ難易度 ★★★
授乳室 なし(コテージ内でどうぞ)
オムツ替ベッド なし(コテージ内でどうぞ)
オススメ年齢 大人のアウトドア経験値により

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「天湖森キャンプ場」のコテージ施設詳細

施設名 天湖森キャンプ場
住所 富山県富山市割山9-1
営業期間 通年
定休日 なし
コテージ宿泊料金 1棟13500円
駐車場 1台分の専用駐車場有。共通駐車場150台に駐車もできる
駐車料金 無料
電話番号 076-485-2777(8:30~17:30)
公式サイト 天湖森キャンプ場」公式サイト
地図

【お仕事のご依頼・ご相談を承っています】

●取材・執筆の仕事依頼

●ブログ・ライティング講座

●写真・画像の修整・加工のご依頼
HP「コトコト写真加工工房

ご連絡は、問い合わせフォームよりお待ちしています。