富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




富山子供連れ屋内遊び場【氷見市海浜植物園】春~秋・花と海の風景に心癒される!

このところの暑さ、突き抜けていますね(;o;)。

こんなに暑いと、外に出るのがイヤになっていまいますね。

屋内でどこか遊ぶところがないかなー?と探す毎日です。

とはいっても、うちの子はお外が大好き(;o;)。

室内遊びでは運動量が足りなくて、昼寝しないんですよ。

そんな時に便利なのが、【氷見市海浜植物園】。

快適な室内と屋外の展示場が近い場所にあるので、暑くなったらすぐさま涼しい室内に避難できるんです!

無料で入れる「海浜散策園」からの海辺の景色は最高ですよ!

【関連記事】

「氷見市海浜植物園」には、子連れ歓迎のレストラン【シーサイドハウスボルカノ】があります。

デート向けのオシャレなお店でもあるので、ぜひ行ってみてくださいね!

富山子供連れ歓迎のカフェ【ボルカノ】&【氷見市海浜植物園】冬編

「氷見市海浜植物園」口コミ体験談

「氷見市海浜植物園」駐車場

「氷見市海浜植物園」の駐車可能台数は、140台。

広々していて、車運転歴の浅い私でも駐車しやすかったです。

もちろん駐車料金は、無料。

車を降りて、道を一本渡ると「氷見市海浜植物園」の建物があります。

ちょっと変わった、上に箱がのっかったような建物ですね。

上にある展望台のような場所は、レストラン【シーサイドハウスボルカノ】。

お店から海が見えるんですよ~(^^)。

こちらが、「氷見市海浜植物園」の入り口。

冬に訪れたときの写真なので、雪が映っていますね。

「氷見市海浜植物園」入場料

入口付近に、施設の説明が書いてありました。

【「氷見市海浜植物園」の開館時間の通常の開館時間】

「氷見市海浜植物園」の開館時間は季節によって変わります。

・《春~秋》午前9時~午後5時(入館は4時半まで)

・《冬(11月1日~2月末日)》午前9時~午後4時半(入館4時)

【入場料】

「入場料」も通常展示か、企画展示かで値段が変わります。

《通常展示のとき》

・大人200円
・中学生以下は無料
・もちろん未就学児も無料

《企画展示のとき》

・大人500円
・小中学生100円
・小学生未満は無料

さて、通常展示の時の入館料は、200円。

決して、高い金額ではないと思います。

ですが、花がモリモリ咲いている時期も、雪で屋外庭園に一切入れない時期も値段は同じ。

それなら、冬場より春~秋の期間に来たほうがお得ですよ!

ちなみにレストランの記事に冬の様子も載せているので、良かったら比較してみてください(^^;)。

「氷見市海浜植物園」に入館したよ

「氷見市海浜植物園」の受付は、入館してすぐにあります。

まず受付の係員さんに、入館料を支払います。

受付前のスペースには、ベビーカーと車いすが用意されていました。

園内を見学する際、受付に申し出ると貸し出してもらえるそうです。

こちらが、全体マップ。

(公式HPより引用)

館内マップ左上の、楕円形の部分が1階です。

屋根のある温室が楕円形に建てられていて、その中央部が屋外の庭園になっています。

2階はワークショップが行われる部屋で、4階はレストラン。

「氷見市海浜植物園」の主要な見学場所は、楕円形の1階と、マップ右側の建物の外にある「海浜散策園」ということになります。

 

受付のある建物が、「メインホール」です。

受付のすぐ横には、おみやげ屋さんがありました。

氷見出身である藤子不二雄A先生の、「忍者ハットリ君」グッズも販売されていました。

空調の効いたホールでは、コーヒー豆に関するセミナーが行われていました。

壁には、「五感のトビラ」という開けて楽しむことができる展示がされていました。

扉を開けると、実物の展示や詳しい解説がされていました。

図書スペースもあり、大人も子供も読書を楽しんでいました。

「氷見市海浜植物園」のトイレは、メインホールの建物内にあります。

トイレ内には、オムツ替えベッドに、

ベビーキープがついています。

女子トイレの手洗い場付近にも、ベビーベッドがありました。

少しの間、赤ちゃんをのせておけるのはありがたいですね。

トイレの先が、温室の入り口になっています。

天井の高い、開放的な空間です。

木の床が歩きやすいのか息子、どんどん先へ進んでいきました。

身長の高い木が多く、温室の天井につきそうになっていました。

温室からはいくつか出入り口があって、屋外の庭園に出ることができます。

庭園はコンクリートの散歩道になっていて、道沿いには浜辺の植物の姿が見られました。

ピンク色の、かわいい花が咲いていましたよ。

散歩コース内にはトンネルがあり、息子が行ったり来たりして遊んでいました。

屋外庭園を散策したら、再び温室の中へ。

今度は細長い温室。

初夏の花が色とりどり、咲きみだれていました。

コロンとした、サボテンコーナーもありましたよ。

「氷見市海浜植物園」の屋外無料エリア「海浜散策園」

屋内見学コースの終わりに、大きなパネルが出ていました。

パネルに「次は海辺の海浜散策園」と、書いてあります。

「氷見市海浜植物園」には建物外に、無料で見られる「海浜散策園」という見学コースがあるのです。

早速行ってみましょう!

入口から出て、駐車場とは逆の方向へ歩きます。

すると車道を渡った先に、なにやら看板が出ています。

近づくと、「海浜散策園」の看板でした。

細い道が続き、海辺の植物の森に入っていきます。

道を歩いていくと、だんだん、音が聞こえてきました。

波の音が!

近づいてみると、めちゃめちゃキレイな海が広がっていました!

風が、気持ちいい~~(^^)!!

足元は、木の板でできた橋。

息子も海の風景に、大興奮。

木の橋の上にはベンチもあるので、ゆっくりと海を眺めることができます。

海、キレイだね~と、息子を振り向くと・・・

砂遊びに夢中だった(-。-)。

海を眺め飽きたら、砂遊びを始めていました・・・。

「海浜散策園」は途中まではコンクリの道なのですが、海辺付近になると砂地になります。

海辺に行こうと思うなら、靴選びにご注意ください。

ともあれ、「氷見市海浜植物園」に来たら、ぜひこの海辺の風景を見ていただきたいです。

日頃の子育ての疲れが吹っ飛びますよ(^^)!

「氷見市海浜植物園」まとめ

「氷見市海浜植物園」の魅力は、ひたすらのんびり植物園内を散歩できるところです。

お客さんの数はさほど多くないので、子供が散歩コースを走り回っても迷惑をかけてしまうことが少ないです。

「氷見市海浜植物園」は、「富山県中央植物園」などと比べると、小さな植物園です。

しかし、天井の高い温室のコースを進み、温室に囲まれた庭園を歩き、海の見える散歩道を歩けば、かなりの満足感!

特に、海を間近にできる魅力的な散歩道を、ぜひ訪れていただきたいです。

いつの季節に行っても、その時々の植物が咲いていて楽しめると思いますが、できれば春~秋の時期に行くことをお勧めします(^-^)!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 ベビーカー~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「氷見市海浜植物園」施設詳細

施設名 氷見市海浜植物園
所在地 富山県氷見市柳田3583
駐車場 140台
駐車料金 無料
電話番号 0766-91-0100
料金 ・大人200円
・中学生以下は無料
【特別企画展開催時】
・大人500円
・小中学生100円
・小学生未満は無料
営業時間 9:00~17:00(入館16:30)。
冬季(11月1日~2月末日)9:00~16:30(入館16:00)
休館日 ・毎週火曜日
・国民の祝日の翌日(土、日、祝日の場合は開園)
・年末年始(12月29日~1月3日)
※ゴールデンウィーク、 夏休み(7月、8月 期間中は開園)
公式HP http://www.himi-kaihin.com/
地図

スポンサードリンク






Pagetop