富山で子供とお出かけ遊び場体験ブログ~雨の日の室内施設や公園・観光情報~コトコトとやま


  • 屋内施設

スポンサードリンク




富山子供連れの屋内遊び場【天然温泉海王】夜の縁日のみたいな銭湯!

温泉施設に行っても、子供がすぐに飽きてゆっくりできなかった。

すぐに帰りたがって、料金を支払うのがもったいなかった。

そんな悲しい経験をされたママはいませんか?

もちろん、私のことですが・・・(T0T)。

そんなママたちの悲しみを解決する(かもしれない)スーパー銭湯が、射水市新湊にあるんです!

【天然温泉海王】は、新港の道の駅のすぐ近く。

パッと見、普通のスーパー銭湯なのですが、入ってみると…夜の縁日のようなワイワイした空間が広がっているのです∑(゚Д゚)!

また強烈に漂う昭和感は、昭和を生きてきた世代がノスタルジーを感じること間違いなし(平成ママは新鮮にとらえてくれると嬉しい…)。

正直、「天然温泉海王」の施設から、お客さんにくつろいでもらおうという気持ちが感じられませんw。

むしろ大人から子供まで、がっつり楽しんでって!

そんな気持ちが伝わってくる、愉快な銭湯なんです(^_^)!

ともあれ、私が衝撃を受けた「天然温泉海王」の様子を見てみて下さいな~∑(゚Д゚)!

「天然温泉海王」口コミ体験談

「天然温泉海王」駐車場〜外観

「天然温泉海王」の駐車場可能台数は、90台。

行った時は土曜日のお昼前でしたが、問題なく駐車できました(^^)。

さて入館~!

と行こうと思ったら、駐車場に足湯がありました!

この足湯、なんと無料で入らせてもらえるんですよ!

太っ腹ですね!

足湯大好き息子は、サンダルを脱いで早速入っていました。

3歳息子でも、ちゃんと足がお湯に届きましたよ。

公式サイトによると、店内で売っている豆乳ソフトを片手に足湯に浸かるのが気持ちいいそうです(^^)!

「天然温泉海王」入り口〜チェックイン

さてさて、あらためて入口へ。

足ふきマットが・・・タコ柄!

そして顔を上げると、

下足箱の上に、ウルトラマンヘッドが並んでいます!

館内は、手書きのコメントやキン肉マングッズ、ポカリがぶら下がっていたり、富山県出身力士「朝乃山」を応援したり、いろいろ忙しい様子!

ともあれ、下足箱に靴を入れて、自販機で入場券を購入します。

「天然温泉海王」は、入場時間によってお値段が変わります。

私たちはお昼頃に来たので、「通常営業」時間。

大人650円+幼児(3歳~小学生未満)100円でした(タオル持参)。

以下、時間別入場料金を書いておきますね。

【通常営業(9:00~22:59)】

・大人 650円
・小学生 300円
・幼児 100円

【朝風呂(5:00~8:59)】

・大人 500円
・小学生 300円
・幼児 100円

【深夜風呂(23:00~23:45)】

・大人 500円
・小学生 300円
・幼児 100円

タオルやかみそり、石鹸やシャンプーリンスも販売されている他、女性に嬉しい化粧水・乳液・クレンジングも購入できます。

おまけに80円でオムツも買えますよ!

小さい子連れでも、準備無しで行くことができますね(^^)!

購入した券を持って受付に行くと・・・中もカオスな空間Σ(・□・)。

入場券と下足箱の鍵を受付のスタッフさんに渡すと、浴場で使う脱衣ロッカーのカギを渡されました。

それにしても、内装が独創的。

オレンジ色の暗めの照明が、夜の縁日のような雰囲気を作り出していました(^^)。

「天然温泉海王」に入ってみた

こちらは、「天然温泉海王」の公式サイトに掲載されていた全体MAPです。

男女のお風呂に、休憩所2部屋、マッサージ所、食事処、漫画コーナーなど、構成は一般的なスーパー銭湯とさほど変わりません。

ただ、お気づきでしょうか。

「タコの露天風呂」の存在に・・・Σ(・△・)!

気になりますよね!?

ここが気になって、今回訪れたと言っても過言ではありません。

タコ目指して、いざ館内散策~!

温泉の入り口に向かう通路には、いろいろなものが展示・販売されてました。

ちょっとつまめる、お餅やお菓子。

各地のご当地サイダーも売られていました。

こちらは無料休憩所1。

もう一部屋、休憩所があります。

みなさん、畳の部屋でのんびりとお昼寝していました。

有料の個室もあって、10帖間を1時間2000円で12名まで利用できるそうです(要予約・入館料別)。

小さい子を連れているときは、個室があると便利ですね。

また「天然温泉海王」には、「かいもみ」というマッサージ屋さんがあります。

「かいもみ」では、マッサージ師さんの熟練の手技を受けることができますよ!

でも安くあげたいな~という人は、マッサージチェア(有料)を利用することもできます。

温泉に入った後にこれに乗ったら、爆睡確定ですね。

「天然温泉海王」の温泉

展示物が多くて見落としそうになりましたが、女湯の入り口を発見しました!

さすがにここからは写真を撮れないので、文章のみで解説しますね。

【脱衣所のこと】

脱衣所にて、入口でもらった鍵のロッカーを利用します。

脱衣所は広く、外の縁日のような雰囲気は皆無w。

フツーの落ち着く銭湯です(ホッ)。

脱衣所には、小さい子連れに嬉しい設備がありました(^^)。

まず、オムツ替え用のベッド&オムツゴミ箱。

オムツを持ち帰らなくていいの、嬉しいですね。

そして、赤ちゃんを中に入れておける、カラフルな柵!

柵の中に赤ちゃんを入れておけば、ママが着替えている間、ハイハイ赤ちゃんが逃亡!

なんていう心配がいりません。

これは使えそうですよ!

また、無料の水飲み場もあるので、気軽に水分補給させられるのも嬉しいです。

【温泉のこと】

温泉の種類はこんなかんじでした。

・(屋内)熱めの大きいお風呂
・(屋内)ぬるめのジャグジー
・(屋内)寝湯
・(屋内)サウナ
・(屋内)水風呂

・(屋外)露天風呂
・(屋外)タコ露天風呂

公式サイトによると、「天然温泉海王」の温泉は、水もお湯も足していない源泉100%。

「北陸の泉質がいい温泉ランキング」、5年連続1位なんだそうです!

お肌がすべすべになりそうですね!

温泉施設の中は、バリアフリーが徹底されていて、手すりがしっかり取り付けられています。

赤ちゃん連れから高齢者まで、安全に利用できるよう配慮されていました。

さて。

こちらが「タコの露天風呂」の画像です!

公式サイトより画像をお借りしました。

ほんとに露天風呂の中に、「すみこ」と「ぽんちゃん」がおりましたよ・・・Σ(・▽・)。

秀逸なネーミングですね。

タコ露天風呂のお湯は、大人のひざ下くらいの深さで、小さい子が遊びながら入ることができる温泉です。

タコ滑り台が置いてある付近が一番浅く、滑り台から離れて奥に進むと、だんだん深くなります(といっても40センチくらい)。

深い場所に行けば、子供が滑り台で遊んでいる間、大人はしっかり温泉に浸かることができますよ。

すみことぽんちゃん…いえ、タコ滑り台は、昇り降りできる階段と、滑り台が2つあります。

ただ、滑り台が少々曲者で、かなりの急坂。

むしろ若干、落ちるかんじです(-0-;)。

距離は短いのですが、ちょっと怖いです。

小学生くらいの子供も遊んでいましたが、あまり滑り降りていませんえした。

むしろ、タコ昇を降りしたり、トンネルをくぐったりして楽しんでいましたよ(^^)。

息子も一度滑り降りていましたが難しかったようで、滑り台にくっついていたマグネットを並べて遊んでいました(^^)。

ところで・・・ママの皆様に朗報がありますよ!

子供たちが遊んでいる間を、有意義に過ごしたいですよね?

なんと「天然温泉海王」には、このタコ露天風呂限定で利用できる、無料の泥パックが置いてあるんです!

泥パックは、タコの露天風呂の隣にある大人用露天風呂でも、屋内風呂でも使用禁止。

タコ露天風呂に浸かるもののみが利用できる特権なのです!

子供を遊ばせている間に、ママは泥パックで美しくなっちゃいましょう(>▽<)!

「天然温泉海王」の食事処

さて、ぽかぽかにあったまったら、お腹もすいてきました。

温泉を出て通路突き当りに、お食事処があります。

まわりがごちゃごちゃで、一瞬食堂だとわからなかったわ・・・。

入ってすぐ右手には、漫画コーナー。

『進撃の巨人』『ちはやふる』『宇宙兄弟』など、話題の作品が揃っていましたよ(^^)。

食事処の部屋は、こんなかんじです。

左奥が食券受付。

部屋の奥にはプロジェクターで、テレビ番組が映し出されていました。

プロジェクター付近には、低いテーブルと座布団の席があります。

その他は高テーブルと椅子の席。

壁には大きく、メニュー表がはられていました。

「でかっポテト」1030円が気になりましたが、戦力不足で断念。

食券は自動販売機で買います。

食券を買ったら、食堂の窓口へ持っていきましょう。

店員さんに食券を渡したら、番号札がもらえます。

料理が出来上がったら、店員さんが席まで運んでくれるので、番号を呼ばれたら元気よく返事しましょう(^^)!

子供が小さいうちは、料理を取りに行くのも大変なので、料理を席まで持ってきてくれるの嬉しいですね。

子供椅子もかなりの数、用意されていました。

プロジェクターが気になる息子。

食べ終わったら画像左側にある棚に、食器を戻します。

テーブル席。

席同士がけっこう近いです。

ちなみに食事処も、ごちゃごちゃした雰囲気ではありますが、どこも清潔に掃除されているので気持ちよく利用できますよ(^^)。

さて、番号が呼ばれて、食事が運ばれてきました。

こちら「お子様ランチ」550円です!

【お子様ランチ内容】

・カレーライス(懐かしい味)
・ポテト
・ナゲット
・ゼリー×2
・オレンジジュース
・おもちゃ

ちゃんと子供用食器もついていましたよ(^^)。

「天然温泉海王」の食事処には、3種類のお子様メニューがあります。

食の細い子は、「お子様ラーメン」や「お子様うどん・そば 」がいいかもしれませんね。

どのお子様セットにも、おもちゃがついています。

おもちゃは、カゴの中から好きなものをひとつ選びます。

ちなみに私は「つけめん」700円にしました(^^)。

それにしても・・・食堂にもいろいろな品が飾られている。

歴代仮面ライダーのマスクや、ウルトラマンのフィギュア。

巨大な「釣りキチ三平」、サムライブルーの旗。

お店の経営者の趣味なのでしょうか?

これだけの物量を集めるだけでも、大変そうです!

また食堂のテーブルには、月ごとのイベント情報が置いてありました。

ポイント何○倍の日や、梨(幸水)風呂、焼きカレー祭り、自衛隊とのコラボ(?)など、イベントの種類もさまざまです。

「キューピー湯」は、キューピーちゃんが浮かんでいるのでしょうか・・・?

イベントの日を狙って行くのも、楽しそうですね!

帰りは、玄関にてアンパンマンがお見送りしてくれました(^^)。

「天然温泉海王」まとめ

いかがだったでしょうか?

実は私、アラフォーにして最近スーパー銭湯デビューいたしました。

そんなわけで、あまりスーパー銭湯について語ることはできません。

ですが、「天然温泉海王」の個性的な雰囲気には、衝撃を受けましたΣ(・□・)!

息子は見るもの見るものが不思議だったようで、展示されているものを観察するのに忙しそうでした(^^)。

正直、「温泉施設はのんびりゆったり過ごすものよ!」と思っている方には、あまりお勧めできません。

でも「なんか楽しそう!」と思われる方は、ぜひこのカオスな「天然温泉海王」をお試しください!

特に昭和のレトロ玩具が好きな大人には、たまらないと思いますよ~!

ワンオペ難易度 ★☆☆
授乳室 無し
オムツ替ベッド 有り
オススメ年齢 赤ちゃん~大人

(注:ワンオペ難易度とは…ママやパパが、一人で子供を連れていくときの難しさを表しています【主観です!】。主に広すぎて移動が大変な時に、難易度が上がります。
★☆☆→一人でOK
★★☆→ちょっと辛いけどなんとかなります
★★★→厳しいので家族で行きましょう

「天然温泉海王」施設詳細

施設名 天然温泉海王
所在地 富山県射水市(旧新湊)鏡宮361
駐車場 90台
駐車料金 無料
電話番号 0766-82-7777
入館料金 【大人(中学生以上)】
・早朝風呂(5:00~8:59) 500円
・通常営業(9:00~22:59)  650円
・深夜風呂(23:00~23:45) 500円【小人(小学生以上)】
・300円(どの時間でも一律)【幼児(3歳以上)】
・100円(どの時間でも一律)
開館時間 朝5:00~深夜0:00
休館日 ・月曜日 (月曜日が祝日の場合は営業、火曜日代休)
・元旦(大晦日31日は22時閉店)
公式HP http://www.onsen-kaiou.jp/
地図

スポンサードリンク






Pagetop